黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第2部

    白猫夢・飾帝抄 5

     ←白猫夢・飾帝抄 4 →クルマのドット絵 その52
    麒麟を巡る話、第69話。
    箱入り娘の口説き方。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     後にロガン卿から聞いた話だが、ノヴァは大分、人見知りする性格とのことだった。
     実際、秋也たちと共に食事を取ることになった、この時の彼女は、食事を始めてからずっとうつむいていた。
    「あの……?」
     ずっと顔を合わせない彼女に不安を感じ、秋也が声をかけた。
    「ひゃ、……はい! な、な、何でしょうかっ」
    「何か、……その、気に障ったのかな」
    「えっ?」
     ようやく顔を挙げた彼女に、秋也はこう尋ねる。
    「オレたちの方、全然見てくれないなと思って。何かしたかな、って」
    「い、いえ、そんなこと。あの、えっと、……あまり、わたし、その、家の人以外と、話をしないのです。その、あまり家からも、出ませんし」
    「そりゃ、勿体無いことだ」
     と、アルトが口を開く。
    「こんな可憐な方が、多感な時期に、まるで籠の中のカナリアの如く、家の中でじっとされているとは。まさか、お父上から外に出るなと言い付けられているとか?」
    「いえ、そんなことは、全然……。ただわたしが、人付き合いをしない、と言うか、その、慣れない、だけで」
    「ほうほう」
     するとアルトは、ひょいとノヴァの側に寄り、甘い笑顔を作って見せる。
    「重ね重ね勿体無いことだ。折角、青春を謳歌する自由のある今、己の心をぐいぐいと広げることのできる、二度と訪れぬこの時期に、黙々と家で過ごしてその機会を逃すなど!
     そう、昔の偉人も仰っているでしょう、『人の出会いは不可思議で心躍るもの』と。人と人が出会い、心通わせること。それはどれほど奇跡に満ち、そして美しいことであるか!」
     歯の浮くような台詞を並べ立て出したアルトに、秋也は唖然とする。
    (こいつ……、そうだろうなとは薄々思ってたけど、軟派だなぁ)
    「え、あ、……そう、ですね、はい」
     対するノヴァも、まったくこの方面の経験が無いのだろう。何ら訝しく思うことなく、それどころか顔を紅潮させ、感動しているように見える。
     その間にもアルトは、美辞麗句を並べ立ててノヴァを口説く。
    「どうでしょう、お嬢さん。物は試しです。一度我々と一緒に、外へ遊びに出てみる、と言うのは如何でしょうか? きっと素敵な思い出になるはずです」
    「え、でも、……ええと」
     多少逡巡した様子を見せたものの、アルトの言葉に相当、刺激を受けたらしい。
    「……では、少し、だけ」
     その言葉を引き出させたアルトに、秋也はただただ感心するばかりだった。
    (こいつ、詐欺師もできるんじゃねーか?)

     秋也とアルトはノヴァを伴って、もう一度外出した。
     しかしその途中から、秋也はそれとなく、アルトが彼女と二人きりになりたいと思っていることを察し、適当に口実を作って離れた。
    (……いいのかなぁ。まあ、そりゃ、誰も『ロガン卿の娘を口説くな』なんて言っちゃいないけどさ。
     でも明日、オレたちは陛下を連れて逃げるんだぞ? そんな時に、後ろ髪引かれるようなコト、していいのかって思うんだけどなぁ……)
     そんなことをぼんやり考えながら、秋也はロガン卿の屋敷に戻った。



     秋也が戻ってから2時間ほど遅れて、アルトたちも戻ってきた。
    「……」
     ノヴァを見てみると、彼女は顔を真っ赤にし、ぼんやりとだが、しかし喜んでいるような表情を浮かべている。相当、アルトとのデートに感動したようだった。
     半ば浮いているかのような足取りで彼女が離れたところで、秋也は小声でアルトに詰問した。
    「おい、アルト」
    「ん?」
    「いいのかよ、こんな時に」
    「こんな時だからだよ」
     アルトはさして乱れてもいない襟を、勿体ぶった仕草で直して見せながら、くるりと背を向けてその場から立ち去ろうとする。

     その間際――。
    「……本当に……には感謝しなきゃな……」
    「え?」
     アルトが何かをつぶやいたのが聞こえ、秋也は聞き返す。
    「何か言ったか?」
    「……何でもない」
     アルトは秋也に背を向けたまま手を振って、廊下の奥へと消えた。

    白猫夢・飾帝抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・飾帝抄 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その52】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    事後じゃないと思いたいですが、かなり怪しすぎますね。
    まさか、……ですね。

    NoTitle 

    事後かっv-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・飾帝抄 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その52】へ