黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第2部

    白猫夢・帝憶抄 3

     ←白猫夢・帝憶抄 2 →白猫夢・帝憶抄 4
    麒麟を巡る話、第76話。
    野宿の夜。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     いくら急ぎの旅とは言え、夜になっては馬車を満足に走らせることはできない。道の見通しが悪く、路面状況も非常に分かり辛いし、何より馬が怖がるためである。
     かと言って、宿を取って休むことも勿論できない。一般的な西方風の服装をしたアルトとフィッボ、ノヴァはともかく、いかにも軍人風のロガン卿とサンデルに加え、異国の剣士である秋也と言う奇妙な面子では、いくらなんでも目に付き過ぎるからだ。
     消去法的に一行は、野宿と言う休息方法を採ることになった。

    「すう……、すう……」
    「ぐう、ぐう……」
    「んごご……、んがっ……」
     幸いにして、馬車は大人6人がゆったり足を伸ばして寝転べることができるくらいには広い。秋也を一人、寝ずの番に立て、残りは馬車の中で寝息を立てている。
    「ふあ、……ああ」
     秋也は欠伸を噛み殺しながら、焚火替わりの「火術灯」――これも言わずと知れた、トポリーノ野外雑貨の人気商品である――をぼんやり眺めていた。
    (こうして落ち着いて考えてみると、とんでもないコトになってるんだよなぁ。一国の主を連れて、その国に追われる身になってるって……。
     成り行きでここまで、コトが大きくなるなんて)
     秋也は改めて、白猫に対する訝しい思いを抱いた。
    (白猫……、アイツは一体何なんだろう。どうしてもオレには、何か良からぬコトのために、アイツにいいようにされてるような気しかしないんだよな。
     そりゃ確かに未来は見えるんだろうさ。誰も予想してないような、こんな事態にオレをひょいと巻き込ませられるんだから。だからアイツの力は確かだ。ソレは、納得できる。
     納得できないのは、その意図だ。どうしてオレなんだ? なんでオレをこんなコトに巻き込ませたんだ? ソレが分からない。
     アイツは一体オレを、どうしたいんだろうか)
     そんなことを考えているうち、目の前に置いていた「火術灯」の光がぼや……、と薄くなる。
    「あれっ? ……おっかしいな」
     灯が弱くなった原因を調べようと、秋也は手袋をはめ、それを手に取る。
    「んー……? 燃料はまだ入ってるよな? 空気穴も塞がってないし。となると……」
     ぱか、と灯りの蓋を開け、中の様子を確かめる。
    「うーん……」
     しかし特におかしいと思うような点もなく、秋也はうなるしかない。
     と、秋也の背後からひょい、と手が伸びる。
    「ああ、なるほど」
    「フィッボさん?」
     秋也の背後に、いつの間にかフィッボが立っていた。
    (あれ……、いつ起きたんだろ?)
     秋也も――免許皆伝に成り立てとは言え――ひとかどの剣士であるし、気配の読み方もそれなりに知っている。
     ところがこの兎獣人の気配を、秋也は少しも察知することができなかった。
    「ほら、ここ。魔法陣の基板が入ってるが、割れてしまっている。寿命だな」
    「え、……じゃあもう壊れちゃったってコトっスか」
    「ああ。元々が軍の備品だから、荒い使い方をしていたのだろうね。……いや、でも」
     フィッボは基板を取り出し、目を凝らして調べる。
    「直せるんですか?」
    「応急処置くらいならできなくもなさそうだ。ちょっと、馬車の中の灯りを取ってくる」
     そう言うとフィッボは、ポンと飛び跳ねた。
    「……っ!」
     俊敏な秋也やアルトでも、はしごを使わなければ登れない程度には大きな馬車である。
     ところがフィッボは、音もなくその大きな馬車の中に飛び込み、そして静かに地面へ降り立ち、秋也のところへ戻ってきた。
    「随分……、身軽なんですね」
    「ああ。私は少しばかり、他人より身体能力が高いから。
     早めに直してしまおう。これが無いと、皆が凍えてしまうからな」
     そう言ってフィッボは秋也の横に腰を下ろし、灯りを修理し始めた。
    「最前線にいた時は、こうやって何度も基板を修繕したものさ。戦い始めた頃は、補給もままならない状況が度々あったからね」
    「そっか……、昔はフィッボさん、戦ってたんですよね」
    「ああ。今はもう、武器を手に取るのも嫌になってしまったが」
    「どうしてです? 何かあった、とか?」
     そう聞いた時、秋也は内心、しまったと思った。フィッボの顔が、ひどく曇ってしまったからだ。
    「あ、えと……、その、……言いたくなければ、今の、無しで」
    「いや、話しておこう。君に依頼した内容にも、関わってくることだし」
     フィッボはそう返し、基板をいじりながら、昔の話をしてくれた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・帝憶抄 2】へ
    • 【白猫夢・帝憶抄 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ハイスペックおっさんです。

    NoTitle 

    このおっさん・・・できるっ!v-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・帝憶抄 2】へ
    • 【白猫夢・帝憶抄 4】へ