黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第2部

    白猫夢・帝憶抄 5

     ←業務連絡;毎年恒例の所信表明 →白猫夢・帝憶抄 6
    麒麟を巡る話、第78話。
    鉄の悪魔、六度目の降臨。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     フィリップは傷だらけのまま、基地の外に放り出された。
     正確に言えば、粗忽な兵士たちが気絶した彼を死んだものと勘違いし、ゴミと一緒に山へ捨てたのである。
    「ひゅー、ひゅ、っー……」
     放り出されてから数時間後、どうにか息を吹き返したものの、そのまま放置されれば死ぬのは明らかだった。
     しかしフィリップには、既に指一本動かすだけの気力も、体力も残っていない。
    (こんな……、こんな死に方……!)
     奇跡的に戻った意識が、刻一刻と薄まっていく。
    (僕の人生って……、一体……、なん……だったん……だ……)
     腫れ上がった目から、血と一緒に涙が流れてくる。
     フィリップは今度こそ、死を覚悟した。

     その時だった。
    「お前はここで死ぬべき器ではない」
     瀕死の彼に、話しかける者がいる。
    「ひゅーっ……」
     言葉を返そうとしたが、どうやら肺かのどに穴が開いているらしい。声はただの風音となって、口から出てきた。
     それでも、そのフードを深く被った男は、フィリップの意思を察したようだった。
    「私は御子に仕える命を受けた者。そう、お前こそが次代の御子となるべき器なのだ」
     彼が何を言っているのかはさっぱり分からなかったが、それでもフィリップは、口からひゅーひゅーと弱々しい声を出し、助けを乞う。
    「お前に力を与えよう。この世を動かし、意のままに操れるだけの力を」
     フードの男が、フィリップの額に掌を押し付けた。



    「……!」
     鳥の鳴き声で、フィリップは目を覚ました。
    「あ……れ?」
     昨夜の出来事が、脳裏に蘇ってくる。
    「ここは……、天国?」
    「そうではない。現世だ」
     傍らに立っていたあのフードの男が、フィリップの独り言に答えた。
    「うわっ!? ……あ、と、あなたは、昨夜の?」
    「そうだ」
    「あなたが、僕を助けてくれたの?」
    「正確には違う。お前自身の力を増幅し、その結果、お前はお前自身の力で、己の傷を治したのだ」
    「……? どう言うこと?」
     男の言うことが分からず、フィリップは首を傾げる。
    「立てるか?」
     フィリップの問いに対し、男はそう返した。
    「え? ……うん、普通に立てるよ」
    「兵士らにあれだけ暴行を受けた体でも、か?」
    「あれ? そう言えば……」
     フィリップは自分の体を確かめてみる。服はボロボロになっているが、体にはあざ一つ付いていない。
    「人間には自然治癒力と言う力が備わっている。多少の怪我でも、放っておけば数日で治ってしまうのは、その力によるものだ。だが普通の人間であれば肉が裂け、骨が折れるようなダメージまで治癒できる力は持っていない。
     お前はその限界を、大きく凌駕しているのだ」
    「僕が? まさか! だって僕は、ただの鉱夫見習いだよ?」
     否定するフィリップに対し、男は突然、フィリップの腕を取った。
    「な、なに?」
    「良く見てみるがいい、己の腕を」
    「え……?」
     言われるがまま、フィリップは自分の腕を観察する。
    「……あれ?」
     鉱山で働いていたし、元々それなりに筋肉は付いていた。
     しかし今、男に掴まれているその腕は、昨日とはまるで筋肉の量、そして付き方が違って見える。
    「これって……?」
    「もう一度言う。お前の力は飛躍的に増幅されているのだ。昨日までのお前とは、まったくの別人と思え」
    「って言われても」
     ぼんやりとした返事をしたフィリップの手を放し、男は近くの木を指差した。
    「殴ってみろ。全力でだ。それですべてが分かる」
    「えー……、痛そうなんだけど」
     文句を言いながらも、フィリップは拳を固め、木の前に立ってみる。
     自分でも信じられないほど腕にみなぎっていた力を、試してみたくなったからだ。
    「じゃあ、……えいっ!」
     フィリップは言われた通りに、木の幹を殴りつける。
     次の瞬間――ベキベキと木の裂ける音とともに、フィリップの拳が木の反対側に突き抜けていた。
    「なっ、……えええっ!?」
    「分かっただろう。お前は既に、昨日までのお前ではないのだ。
     お前は御子――乱れしこの世を真に治める使命を負った、この世にただ一人の存在なのだ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【業務連絡;毎年恒例の所信表明】へ
    • 【白猫夢・帝憶抄 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    インスタント超人です。
    うらやましいような、しかしこの後の展開を考えればうらやましくないような。

    NoTitle 

    超人になった!!111e-303
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【業務連絡;毎年恒例の所信表明】へ
    • 【白猫夢・帝憶抄 6】へ