FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第2部

    白猫夢・銃聖抄 4

     ←白猫夢・銃聖抄 3 →白猫夢・銃聖抄 5
    麒麟を巡る話、第89話。
    次世代技術。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     間もなく野営地にその、瀕死の兵士が運ばれてきた。
    「……」
     秋也の予想通り、それはサンデル・マーニュ大尉だった。
    「腹部にナイフを突き立てた状態で発見されました。
     ためらい傷と見られるものが数点あり、また発見された際、『介錯を頼む』と何度もつぶやいていたと言う報告から、自決を試みたものと思われます」
     軍医がそう報告しつつ、サンデルに治療術をかける。
    「助かるんですか?」
     秋也にそう尋ねられ、軍医は渋い顔を返す。
    「半々、と言うところでしょう。何度もためらったらしく、致命傷となる刺突を加えたのがかなり遅くになってから、と言うのが幸いしたか、まだ息はあります。
     しかし普通の人間は腹に深い傷を負えば、長時間生きているのは、まず不可能ですからね」
    「そう……、ですか」
     ベッドに横たわっているサンデルの顔には、ほとんど血の気が見られない。今にも死の淵へ転がり込んでいきそうな、青白い顔をしていた。
    「そしてなお悪いことに、この容態まで進行しては、残念ながら私の腕とこの環境では応急処置が精一杯です。首都に送り、十分な治療を受けさせなければ、一両日中に死亡するでしょう」
    「ソレはまずいわね」
     と、リスト司令がつぶやく。
    「馬車には馬が付き物だけど、現場に馬はいなかった。と言うコトは、馬車に乗っていた他の人間は、馬に乗ってさらに進んでいる、と言うコトになるわ。
     その行方が分からないと、こちらとしても対応できないわ」
    「行方は多分……、むぐ」
     言いかけた秋也の口を、アルピナが塞ぐ。
    「早急に、彼を応答が可能な状態まで回復させなければいけませんね」
    「ま、ソレも運が良かったって言っていいわね」
     そう言って、リスト司令は軍医や、外に立たせていた兵士に指示を送った。
    「アンタはコイツを移送可能な状態にしといて。アンタらも手伝ってあげて。それからアンタは車に給油しといて。
     で、シュウヤ君。それからアルピナ」
    「はい」
    「アンタたちはアタシと一緒に、『車』に乗りなさい。もう馬車と重要参考人は見つかったから、後は撤収するだけでしょ?」

     車、と聞いて、秋也は馬車を想像していた。
     ところがリスト司令に連れられて見た「それ」には、馬は一頭もつながれていない。
    「あの、チェスターさん」
    「なに?」
    「馬は?」
    「いらないのよ、コレ」
     そう返し、リスト司令は楽しそうに笑う。
    「まだ実験段階なんだけど、きっとコレは、次世代の足になるでしょうね」
     アルピナはその「車」からジグザグに曲がった棒を取り出し、車の後ろにしゃがみ込む。
    「ありがと、アルピナ」
    「いえ、お気遣いなく」
     アルピナは棒を車体後方に空いた穴に挿し、ぐるぐると回す。
     そのうちにパン、パンと軽い破裂音が続き、やがてドドド……、と重いものに変わった。
    「コレって……、なんです?」
     何をしているのか分からず、秋也はリスト司令に尋ねた。
    「エンジン動かしたのよ。……って言ってもエンジンって何か、って言われたらアタシも答えにくいけど。
     簡単に言うと、油で動く馬、の心臓みたいなもんね」
    「油で動く馬の心臓?」
     説明されても、秋也には何が何だか分からない。
     と、いつの間にか車の前方、ハンドルの付いた席に座っていたアルピナが声をかける。
    「準備整いました」
    「じゃ、乗りましょ」
     リスト司令は秋也に手招きしつつ、後部座席に乗り込む。秋也もそれに続き、リスト司令の横に座った。
    「なんだっけ、サンデルさん? も運ばれてきたわね。ありがと、みんな」
     兵士が横一列に並び、敬礼したところで、リストは皆に軽く手を振る。
    「じゃあ、出発して頂戴」
    「了解しました」
     アルピナはレバーや床のスイッチをあれこれと操作し、車を発進させた。
     その速さに、秋也は目を丸くする。
    「すげえ速い……」
    「アンタも名前を聞いてるかも知れないけど、ウチにはハーミット卿って言う、すごくアタマいい総理大臣がいるのよ。
     で、卿はココ15年くらい、あっちこっちから武勲を立てた軍人とか、すごい発明をした研究者だとか、とにかく人を集めてたの。アタシもその一人。
     その一人にカール・スタッガートっておっさんがいて――金火狐にいたとか自慢してたわね――そいつがコレを造ったのよ。馬使うよりはるかに速い、機械仕掛けのクルマ。今はまだ実地試験中で10台くらいしかないけど、いずれは軍用に正規採用されて、量産されるコトになるでしょうね」
     車は最高速に達し、勢いよく街道を走り抜ける。
     そのうちに、東の方から朝日が差してきた。
    「……すげえな……!」
     秋也はぞくぞくとするものを感じていた。
     と言っても、寒気や恐怖などではない。それは一言では形容しがたい、希望と期待に満ち溢れた感情だった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・銃聖抄 3】へ
    • 【白猫夢・銃聖抄 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    こちらでも少し触れてますが、この国は大規模な産業振興政策を採っています。
    世界各地から技術者や研究者を集め、国力を高めようとしています。
    その結果のひとつが、今話に出てきたガソリンエンジンですね。

    NoTitle 

    v-448鉄砲が出たと思ったらもう車はやい
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・銃聖抄 3】へ
    • 【白猫夢・銃聖抄 5】へ