FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・賊帝抄 3

     ←白猫夢・賊帝抄 2 →白猫夢・賊帝抄 4
    麒麟を巡る話、第134話。
    剣士対超人。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     アルトが襲いかかってきた瞬間、秋也は全身の毛がバリバリと逆立つほど、その脳内一杯に危険を感じていた。
    「……ッ」
     その直感を受け、体が勝手に動く。とっさに構えた刀でアルトの初弾をギリギリ止め――たつもりだったが、気が付けば秋也は壁に叩き付けられていた。
    「……げほっ!?」
     何が起こったか分からず、秋也はゲホゲホと咳き込む。
    「おいおい、トロくせえな? そんなにノロマだったか?」
     アルトとの距離はこの時、3、4メートルほど離れていた。
    (見えなかった……! 変だな、ここまで強くなるなんて?)
     どうにか態勢を整え直し、今度は秋也が、アルトへと斬りかかった。
    「りゃああッ!」
     刀に火を灯し、自分が出せるであろう最高速度で振りかぶったが、刀は赤い軌跡を残して空を切るだけだった。
    「ひっひ、どこ狙ってんだ?」「……!」
     ぐい、と襟をつかまれ、引っ張られると同時に足払いをかけられて、秋也の視界が180度縦回転する。
    「何だよ、これでおしまいか?」
     間延びしたアルトの声が聞こえてくる。
     秋也はこれから来る攻撃を察知し、両手を後頭部に回した。
    「そーら、……よぉッ!」
     ボキボキと音を立て、秋也の左手の甲が砕ける。しかしそれでも威力を殺し切れず、首に嫌な痛みが走った。
    「がっ、あ、……あ、っ」
     床を二度、三度跳ね、秋也はまた壁際に飛ばされた。
    「はあっ、……はあっ、はあっ」
     たった二回の攻撃で、既に秋也の視界は赤黒く染まっている。
    (お、おかしい、強すぎる……。ほんの3日前、戦った時は、こんな、強さじゃ)
     どうにか立ち上がろうとしたが、膝の力ががくんと抜け、体勢を大きく崩す。
     秋也とアルトの力量差は、明らかに前回と逆転していた。
    「っかしいな……?」
     だが、それでもアルトにとっては満足いく状態ではないらしかった。
    「今の一撃でお前の脳みそ、半分くらいぶっちゃけるはずだったんだがな。……いや、初弾の時点で、真っ二つにブッ千切るつもりだったんだけどな。
     何で俺の速さに付いて来られる? 何で俺の力を受け止められる? 超人になったはずのこの俺に、お前はどうして対応できるんだ?」
    「ちょ、う、じん……?」
     声もまともに張れないほどダメージを負った秋也に、アルトはニヤニヤと笑って見せる。
    「そうさ。俺は超人になった。だからこそお前と、対等以上に戦えるんだぜ。
     ほれ、もっかい来てみろよ、シュウヤ。俺のやさっしーい情けだ、もう一太刀くらいは相手してやんぜ?」
     アルトは床に落ちていた秋也の刀を蹴り、秋也のところに寄越す。
    「なめ、や、がって……!」
     胃から口の中に上っていた血をビチャビチャと吐き、秋也は刀を拾い、構える。
     だが既に左手を粉砕骨折しているため、構えたその刀は、ガタガタと揺れている。
    「てめー、なんかに、……やられて、たまるか、……ッ」
     それでも全身に力をみなぎらせ、秋也はアルトに向かって駆け出した。
    「『火閃』ッ!」
     振り払った刀から火が撒き散らされ、アルトへ飛んで行く。
     しかし、アルトはひょい、と事も無げにそれを避ける。
    「……ッ」
     秋也はもう一度、薙ぐ。それも避けられる。
    「……ぁッ」
     もう一度。
    「ら……っ」
     もう一度。
    「は……ぁ」
     もう一度。さらにもう一度。立て続けに、振るい続ける。
    「……そ……っ、……くそっ、……くそ、ぉ、っ」
     やがて、秋也の動きが止まる。
    「どうした? もう、来ねえのか?」
    「……くそ、……が……、っ」
     体がぶるぶると震えだし、上段に構えた刀から火が消える。
    「……ごぼ、ぼ、ぼごごっ」
     それと同時に、秋也の口からおびただしい血が、泡になって吐き出された。
    「……限界か? くくく、ザマぁねえな? 剣士が聞いて呆れるぜ!」
     だが、それでも秋也は倒れない。
    「……」 
    ガクガクと足を震わせ、刀を上段に構えたまま、眼だけがギラギラと生気を持って、アルトをにらんでいた。
    「倒れないのは立派だな、……とでも言ってほしいか?」
     アルトはニヤついた顔で、秋也との距離を詰める。
    「俺がそんなクサいセリフ言うわけねえだろーが、バーカ! ただただ惨めで無様でみっともねえだけだぜ、無謀で能無しのお坊ちゃんよぉ?」
     アルトは依然倒れない秋也の前で立ち止まり――その首をギリギリとつかむ。
    「げ、げぼ、げぼっ、ごぼっ」
     秋也の口から、さらに血の泡が流れ出す。顔からはみるみる血の気が引き、血走った眼はぐるんと白目をむいた。
    「持って後5分、か? ならいい、丁度いい。
     俺がお前の目の前で、あの小娘を手籠めにし、お前を絶望させるにゃ、十分な時間だ」
     アルトは秋也の首をつかんだ手を、ぐいぐいと下げる。
    「……ごぼ、がはっ」
     その力に抗えず、秋也の体がついに、地面へと落とされた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・賊帝抄 2】へ
    • 【白猫夢・賊帝抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・賊帝抄 2】へ
    • 【白猫夢・賊帝抄 4】へ