FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・賊帝抄 4

     ←白猫夢・賊帝抄 3 →白猫夢・賊帝抄 5
    麒麟を巡る話、第135話。
    怒と仁の極大点。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     血塗れになって倒れた秋也を目にし、ベルは叫んでいた。
    「い……、いやあああっ!」
    「うるっせえなぁ、クソガキが」
     秋也の血を服の裾で拭いながら、アルトがベルへと近づく。
    「いや……! やめて、来ないで!」
    「お断りだ。早めにやんねーと、アイツが死んじまう。それじゃあ、駄目だ。あいつに決定的な一撃を与えられねえ。そうなると俺にとっちゃ、一生の心残りだ。
     俺はあいつを徹底的に叩きのめして殺したいんだよ……! 俺を踏み台にしようとしやがったあいつを、あの世ですら二度と立ち直れないくらいに叩きのめさなきゃ、気が済まねえんだよ。
     それとも何か? お前さんが、そのイライラを治めてくれるってのか? どうやってだ? ひひひ、どうやってくれるんだ、え?」
    「ひぃ……!」
     ベルの口から、最早まともな言葉は出てこない。
     出てくるのは恐怖と嫌悪感に満ちた、嗚咽だけだった。

    (ベル……ちゃん……)
     体中を痛めつけられ、大量に血を吐き、さらには喉をつぶされた秋也はこの時、死の淵にいた。
     ベルの様子をたしかめようと、秋也は鉛のように重いまぶたを無理やりにこじ開ける。
    「いやっ……、いやあっ……!」
    「大人しくしやがれっ、このっ」
     アルトがベルの鎖をつかみ、彼女の首を引っ張るのが見える。
    (なに……してやがる……アルト……ッ)
     叫んだつもりだったが、声どころか、吐息すらその口からは出てこない。
    (おい……やめろ……やめろよ……くそ……)
     砕けた手は動かない。
     震える足は動かない。
     喉奥からは血反吐しか出てこない。
     力も、声も、何も絞り出すこともできない。
    (ちくしょう……ちくしょう……ふざけんな……やめろ……)
     無理矢理に開けていた目が、勝手に閉じる。
     視界が消え、ベルの声だけが秋也の耳に届く。
    「いや……、やめて……」
    (やめろ……やめろって……言ってんだろ……)
    「いい加減にしやがれ!」
     ばし、と乾いた音が響く。
    「うっ、……うえ、……うえええー」
     ベルの泣き声が聞こえる。
    「助けて……たすけて……」
    「諦めろって何べん言わせる!? まだ分からねえかッ!」
     アルトの下卑た声が聞こえる。

     そして、ベルの泣く声が聞こえた。
    「たすけて、シュウヤぁ……」



     その時自分が何をしたのかを、秋也は良く覚えていない。

     まず、自分がいつの間にか立ち上がっていたことは覚えている。
    (やめろって……)
     そして今にもベルにのしかかろうとしていたアルトに向かって、あらん限りの全力で駆け出したことも、これもまたぼんやりとだが、覚えている。
    (やめろって言ってんだろ!)
     そして自分がその間、そう強く思っていたことも覚えている。

     しかし――自分がいつアルトに攻撃を仕掛け、それをどうやって命中させたか、まるで覚えていなかった。



    「……!」
     壁に叩き付けられ、ぐったりとしたアルトを見て、秋也は叫んでいた。
    「このクソ野郎ッ! お前には指一本、触れさせねえぞッ!」
    「な……んだ、と」
     秋也はその返答が、てっきり自分が吐き捨てた言葉に対するものだと思っていた。
    「聞こえねーのか!? お前に、お前なんかにこいつは……ッ!」
    「てめ、っ……、何でピンピン、してやがる、っ」
     一度も攻撃が当たらなかったはずのアルトが、口の端からポタポタと血を流している。
    「まだ、やられ足りねえのかっ」
     アルトが壁を蹴り、秋也の方へ向かって飛び込んでくる。
     ところが――これまでまったく捉えられなかったアルトの動きが、その時の秋也にははっきりと確認することができた。
    「……うおおおああああーッ!」
     秋也は向かってくるアルトに向かって、目一杯の力を込めて刀を投げ付けた。
    「が、……はっ!?」
     刀が腹部へと突き刺さり、アルトの動きが空中で撚(よ)れる。
     どさりと自分の右横へ落ちたアルトに、秋也は追い打ちをかけた。
    「お前に……お前なんかに……っ」
     秋也はアルトの顔面に向かって、渾身の力を込めた拳を叩き付けた。
    「お前なんかに、ベルは渡さねえぞーッ!」
     アルトの体は弧を描き、窓の方へと飛んで行く。
    「ひ、ぎゃ、あああああー……ッ」
     アルトは血しぶきを撒き散らし、断末魔の声を挙げながら窓に叩き付けられ、さらにそのはるか彼方――眼下に広がる美しい湖へと、真っ逆さまに落ちて行った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・賊帝抄 3】へ
    • 【白猫夢・賊帝抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・賊帝抄 3】へ
    • 【白猫夢・賊帝抄 5】へ