FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・賊帝抄 5

     ←白猫夢・賊帝抄 4 →カウンタ素材;中日ドラゴンズ
    麒麟を巡る話、第136話。
    絶対渡さない、絶対離さない。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「……ひっく、……ひっく」
     ベルの泣き声で、秋也はようやく我に返る。
    「……ベルちゃん!」
     秋也は慌てて、ベルに駆け寄った。
    「大丈夫か!? な、何も、何にもされてないよな!?」
    「しゅ、……」
     ベルは秋也の顔を見るなり、また、大声を挙げて泣き出した。
    「うああああん、じゅうやぐうううん」
    「お、おい? まさかもう、何かされて……」
    「ごわがっだよおお」
     ベルは大泣きしながら、秋也にぎゅっと抱き着いた。
    「……ああ、うん、もう大丈夫。大丈夫だから、うん。悪いヤツはオレがやっつけてやった。
     もう大丈夫だから。安心してくれ、ベルちゃん」
    「うん……うん……」
     ベルはまだ嗚咽を漏らしながらも、どうにか泣き止む。
    「ありがと、シュウヤくん、ひっく、……ありがと」
    「いいよ、礼なんて。最初っから助けに来たつもりなんだから」
    「でもっ、シュウヤくん、ひっく、死んじゃったかと思って」
    「……あれ?」
     そう言われ、秋也は自分の体を確かめる。
    (おかしいな? オレ、確かに全身ぐちゃぐちゃになったかと思うくらい、ボコボコにされてたはずなんだけどな)
     その間にベルは、自分の首にかかった鎖を外そうとしていたが、やがてふるふると首を振った。
    「外れない。どうしよう、シュウヤくん?」
    「あー……、と。刀、……はアイツと一緒にすっ飛んじまったな。
     ちょっと待っててくれ。上に鍵、あるよな?」
    「鍵、あいつが持ったまんま」
    「うわ、マジか。どうすっかな」
     秋也も鎖をにぎったまま、ベルと並んで座り込む。
     と、ベルがぼそぼそ、と何かをつぶやく。
    「ん? 何か言った?」
    「……あの、ちょっと、聞きたいんだけどさ」
    「何を?」
    「さっき、あいつを殴り飛ばした、ちょっと前。
     シュウヤくん、……えっと、……あたしのこと。『絶対渡すもんか』って言ってくれた、……よね?」
     そう聞かれ、秋也は「えっ」と声を挙げた。
    「あ、うん、まあ、言った、かな。言ったけど、あの、そんな、変な意味じゃなくて」
    「変な意味で、……いいよ?」
     そう言うなり、ベルはもう一度秋也に抱き着き――唇を重ねてきた。
    「もごっ!?」
    「シュウヤくん、……あのね?」
     秋也から離れ、ベルは真っ赤な顔でこう言った。
    「妹じゃなくなっていい?
     あたしシュウヤくんのこと、……とっても、好きになっちゃったみたいなの」
    「え。……えー、あー、うー、……マジで?」
     口ごもる秋也を見て、ベルはまた泣きそうな顔をする。
    「……ダメかな」
    「な、……なワケないだろっ」
     秋也は意を決し、こう返した。
    「オレも何て言うか、その、アイツに襲われそうになってた君を見て、心の底からやめてくれって叫んでたんだ。
     オレ以外の奴と結ばれるようなベルちゃ、……ベルなんて、絶対見たくない」
    「あたしもだよ、……シュウヤ。あたし、君以外と絶対、キスとかなんてしない。絶対だよ」
     二人は手を取り合い――そしてもう一度、互いに口付けした。

     と――。
    「お前らなぁ」
     サンクの呆れた声が飛んでくる。
    「人が心配してここまで来たってのに、のんきにちゅっちゅしてんなよなー」
    「ひゃあっ!?」「おわっ!?」
     二人は慌てて離れ――ようとしたが、いつの間にか絡んでいた鎖に互いが引っ張られ、揃ってこてんと倒れてしまった。



     サンクに錠前を壊してもらい、ベルは秋也に手を引かれながら、王宮一階まで降りてきた。
     アルピナとサンデルの二人と合流したところで、サンクが秋也たちを茶化す。
    「こいつら俺が見付けた時、抱き合ってキスしてたぞ」
    「なんと」
    「あらまぁ」
    「うー……」「もぉー……」
     顔を真っ赤にする二人を見て、アルピナはクスクスと笑う。
    「その様子なら、大丈夫そうね。
     さあ、急いで帰りましょう。ここでじっとしていたら、いつトッドレール一味や、トッドレール本人に……」「あ、ソレなんスけど」
     警戒しかけたアルピナに、秋也が事の顛末を説明した。
    「え、じゃあ、トッドレール氏はあなたが始末しちゃったの?」
    「ええ、そうなります」
    「となると、先程の影はトッドであったか。刀で串刺しにされた上、3階から湖へと真っ逆さま、……となれば恐らく生きてはおらんだろうな」
    「……です、よね」
     サンデルはバン、と秋也の両肩を叩き、褒め称えた。
    「よくやった、シュウヤ! 見事に使命を果たしたな!」
    「ええ、まあ……」
     あいまいに応えた秋也に、アルピナがこう声をかける。
    「殺してしまったと悔やんでいるかも知れないけれど、トッドレール氏はそれこそ殺人をはじめ、相当に汚いことをやり尽くした卑劣漢よ。殺害・死亡はやむを得ない結果だと、わたしは思うわ。
     ……正当化できるような方便は無いけれど、それでもあなたのその行為で、多くの人の命と将来はきっと救われた。わたしも皆も、そう思ってるわ」
    「……ありがとうございます。そう言っていただければ、オレも救われた気がします」
     秋也はそれだけ返し、ベルの手を引いたまま、王宮の外へと出た。

    白猫夢・賊帝抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・賊帝抄 4】へ
    • 【カウンタ素材;中日ドラゴンズ】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・賊帝抄 4】へ
    • 【カウンタ素材;中日ドラゴンズ】へ