FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・追鉄抄 1

     ←カウンタ素材;中日ドラゴンズ →白猫夢・追鉄抄 2
    麒麟を巡る話、第137話。
    敵陣、脱出へ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     城内には既に、戦おうと言う気配は無い。
     そして城を後にし、荒れた市街地へ出ても、どこにも危険は感じられない。
     秋也たちは誰にも襲われることなく、帝都を後にする。
    「……帰りは楽に済みそうね」
     アルピナの言葉に、一行は静かにうなずく。
     警戒しつつ動いていた時に比べて3分の1程度の時間で、一行は車を隠した場所に到着した。
    「なあ、アルピナ」
     と、車の状態を見たサンクがこう提案する。
    「やっぱり後ろのエンジンさ、外した方がいいんじゃないか? さっきより油の漏れ方がひどい。もう攻撃される心配も無いし、作業する時間はたっぷりあるぜ」
    「……そうね。このまま動かしたら燃え出しそうだしね。外してリヤカーに載せましょ」
     二人は革手袋をはめ、作業に取り掛かろうとする。
     その間に秋也は、きょろきょろと辺りを見回していた。
    「どうした? 敵らしきものがいるのか?」
     その様子を見たサンデルが、訝しそうに尋ねる。
    「いや、まあ、ソレも警戒してはいるんスけど」
     秋也は腰に佩いた刀の鞘を指差し、こう続けた。
    「刀、アルトの奴に刺しっ放しにしたんで、何か代わりになるもん無いかなーって」
    「ふむ……。しかしこの辺りには木切れくらいしか無いな」
    「ですよねぇ」
     と、話を聞いていたアルピナが応じる。
    「それなら車に備え付けてるレンチとかどうかしら? 斬れはしないけれど、叩くくらいならできるわよ」
    「あー……、そうっスね、お借りします」
    「作業が終わってからね」
    「はーい」
     とりあえずの得物が確保でき、秋也は一安心する。
     と、秋也はここで、ベルがぼんやりとした顔でリヤカーにもたれかかっていることに気が付いた。
    「……」
     その顔には先程、秋也に見せたような安堵・高揚した様子は無く、落ち込んでいるように見える。
    「ベル?」
    「……」
    「おーい、ベル」
    「……あ」
     何度か秋也に呼ばれたところで、ベルは顔を向ける。
    「なに?」
    「大丈夫か? 顔色、悪いぞ」
    「うん、大丈夫。……うん」
    「大丈夫に見えねーよ。どうした?」
     重ねて尋ねられ、ベルはようやく答える。
    「……あたし、……ダメだなぁって」
    「へ?」
    「兵士だって強がってたのに、何もできずにさらわれちゃうし、助けられちゃうし、今だって何もできないし」
    「……」
    「あたしに兵士なんて、向いてなかったのかな」
    「……んなコト」
     秋也は否定しようとしたが、アルピナはこう返してきた。
    「そうね。わたしの目には、あんまり向いてそうには見えないわ」
    「ちょ」
    「えっ……」
     絶句するベルに、アルピナはこう続ける。
    「そんな反応するならベルちゃん、あなたはまだ頑張りたいって、頭のどこかでそう思ってるんじゃないかしら?」
    「……」
    「もし本当にできない、やりたくないって思うなら、あなたはまだ若いんだし。今からでも別の道を探せばいい。
     それともこの失敗を返上したい、名誉挽回したいと言うなら、戻ってからまた頑張ればいい。あなたはまだいくらでもやり直せるし、取り返すこともできる。
     シルバーレイクに戻るまでには十分時間があるんだから、その間にゆっくり、考えてみればいいんじゃないかしら。今、無理に結論を出す必要は無いわ」
    「……はい」
     と、そこでアルピナは秋也とベルを交互に見て、いたずらっぽく笑う。
    「その辺り、彼氏さんと相談し合ってもいいと思うわよ。もしかしたら長い付き合いになるかも知れないんだしね」
    「えっ、……あ、……はい」
    「はは……」
     秋也とベルは互いに顔を見合わせ、顔を真っ赤にして笑った。
     そうこうする間に、黙々と作業していたサンクが顔を挙げる。
    「こっち側のマウント周りは外れたぜ。そっちは?」
    「あ、ごめん。まだ外せて……」
     答えかけたアルピナが、途中で言葉を切る。
    「……みんな!」
    「ん?」
    「乗って! 早く! サンク、すぐマウント付け直して! 無理矢理でいいから!」
    「え? え?」
     突然の命令に、全員が面食らう。
     しかしアルピナの視線を辿ったところで、全員が大慌てでその命令に従った。

     街道の端から、恐るべき速さで何かが迫っていたからである。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【カウンタ素材;中日ドラゴンズ】へ
    • 【白猫夢・追鉄抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【カウンタ素材;中日ドラゴンズ】へ
    • 【白猫夢・追鉄抄 2】へ