黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・追鉄抄 5

     ←白猫夢・追鉄抄 4 →カウンタ素材;ジャケット
    麒麟を巡る話、第141話。
    ハーミット卿の伝言。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     ハーミット卿の質問を受け、渾沌は戸惑ったような様子を見せた。
    「え……? そう、だけど?」
    「やっぱりか。いきなり『テレポート』で現れて、アルがどうとか言うような人なら、そうじゃないかと思ったけど、当たりだったね」
    「……あなた、何?」
     警戒する渾沌に対し、卿はこう返した。
    「タイカのことを良く知っている者さ。
     あ、そうだコントンさん。良ければタイカに、こう言っておいてくれないかな」
    「なによ、人の師匠を馴れ馴れしく……」「ま、ま」
     憮然とする渾沌に構わず、卿は渾沌に耳打ちする。
    「……と伝えてくれ。そう言えば分かるから」
    「嫌よ。何それ」
    「おや」
     卿はにっこりと笑い、こう続ける。
    「見たくないかい、彼が驚く顔を?」
    「は?」
    「今の伝言を伝えたら、間違いなくタイカはそんな顔をするよ。しかも大慌てでこっちにやって来る」
    「そんなわけ無いじゃない」
    「するよ。きっとする。ま、どうしても嫌ならいいんだけどね」
    「……」
     渾沌はしばらく黙っていたが、やがて卿にこう返した。
    「いいわ。だまされたと思って言ってみるわ。
     その代わり師匠に怒られたり機嫌損ねられたりしたら、あんた責任取りなさいよ」
    「いいとも。請け負おう」
     卿はトン、と自分の胸を叩く。
    「……んじゃ、ま。帰るわね」
     渾沌は狐につままれたような様子で、その場から消えた。
     残された一同も同様にきょとんとしている中、卿が冷静に提案した。
    「とりあえず皆、中に入って休んでくれ。軍本営には無事に作戦終了したことを、僕が連絡しておくよ」
    「あ、……はい」
    「あの」
     と、秋也が手を挙げる。
    「ハーミットさん、渾沌のコト知ってるんですか?」
    「いや、彼女の師匠のことは知ってるけど、彼女については何にも。
     詳しい話は『彼』が来てからにするよ。さ、入って入って」
     ハーミット卿がそそくさと屋敷に戻ったところで、一同は顔を見合わせる。
    「……彼って、……まさか、『黒い悪魔』カツミが?」
    「来るのか? マジで?」
    「吾輩、もう頭が弾けてしまいそうだ。何が何だか……」
    「あたしも頭ん中、うにゃうにゃ……」
    「……卿の言う通り、中で休んだ方が良さそうだな」



    「克渾沌、ただいま戻りました」
     世界のどこか――渾沌はその場所に、半年ぶりに戻ってきた。
     渾沌に背を向け、ソファに寝そべっていたその黒い男に、渾沌はいつものように飄々とした様子をまったく見せず、淡々と報告した。
    「西方南部にてアルを発見し、破壊しました」
    「そうか」
     ソファからのそ、と身を乗り出し、相手がその細い目を向けてくる。
    「奴の計画については?」
    「今回、アルは西方南部にて御子を仕立て上げ、皇帝と称させて侵略行為を行わせていましたが、御子本人が侵略を拒否し、計画はほぼ破綻状態でした。
     そして御子が隣国へ亡命したことと、築き上げてきた帝国が崩壊したことで、その計画は潰えたものと判断しております。再興の可能性は、まずありません」
    「なるほど。……クク」
     男は細い目をさらに細め、こう返す。
    「よくやった。念のため、後2年か3年は西方で監視を続けてくれ。アルが舞い戻った時は……」
    「ええ、即刻退治します」
    「頼んだ」
     男が再びソファにもたれかかろうとしたところで、渾沌はハーミット卿からの伝言を伝えた。
    「あの、それとですね」
    「まだ何かあるのか?」
    「その、西方南部のプラティノアール王国にて、先生に言伝を頼まれました」
    「俺に?」
    「ええ。……その、『ランド・ファスタがタイカ・カツミに会いたがっている』と」
     伝えたその瞬間、ソファからがたっ、と音が立った。
    「誰からだ?」
     再び振り向いたその顔は確かにハーミット卿が言った通り、驚きに満ちたものだった。
    「え」
     本当にそんな表情が見られるとは思わず、渾沌も面食らう。
    「その伝言は誰からだ、と聞いている」
    「プラティノアール王国の宰相、ネロ・ハーミット、……です」
    「案内しろ。すぐに、だ」
     予想もしていなかった反応を続け様に見せられ、渾沌の方が驚いていた。

    白猫夢・追鉄抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・追鉄抄 4】へ
    • 【カウンタ素材;ジャケット】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・追鉄抄 4】へ
    • 【カウンタ素材;ジャケット】へ