FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・黒々抄 2

     ←白猫夢・黒々抄 1 →白猫夢・黒々抄 3
    麒麟を巡る話、第143話。
    歴史の裏の疑問。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     大火がそう答えた瞬間、そこにいた全員が仰天した。
     その驚き様は、大火が現れた時以上だった。
    「ランド? ……ランド・ファスタ!?」
    「え、嘘でしょ、そんな?」
    「き、聞いたことがあるぞ! 確か3、いや4世紀の……」
    「『千里眼鏡』ファスタ卿と『猫姫』サンドラ将軍……!?」
    「……うそ」
     顔を真っ青にし、倒れそうになるベルを、秋也は慌てて支える。
    「嘘ではない。その二人はランドとイールだ。俺が保証する」
    「ほ、保証ったって」
     サンクがうろたえた声で、大火に反論する。
    「第一、あんたがタイカ・カツミだってことも……」
    「そう思うのか?」
    「……いや、……そんだけ威圧感出されたら、……マジなんだろうなとは、はい」
     一同が静まったところで、ハーミット卿が口を開く。
    「聞いての通りだ。僕の本名は、ランド・ファスタ。本来なら6世紀の今、生きているはずの無い男さ。
     しかしこうして今、ネロ・ハーミットと名乗り、この6世紀に生きている。その理由は、……実を言えば僕にも分からない。だもんで、それをタイカに教えてもらいたかったのさ」
     ハーミット卿は大火に向き直り、改めて尋ねる。
    「そう言うわけで、教えてほしいんだ。
     何故、僕とジーナ、……いや、イールはこの時代に蘇ることになったのか? それを説明してほしい。きっちりとね」
    「……こた」「答える義理はあるはずだ」
     大火の言おうとすることを先読みし、ハーミット卿は詰問する。
    「何故なら君は、イールに対して説明責任を果たしてないからだ」
    「説明責任だと?」
    「イールを封じた後、彼女を何に利用したか。それを君は伝えてない。
     イールは『僕に会える』とは聞いたけど、『君に利用される』とは聞いてない。そうだよね、イール」
    「うむ、聞いておらんし、利用されたことについて未だ納得もしておらん。である以上、何らかの『弁償』をしてもらわねば気が済まんのう」
     ジーナにそう言われ、大火は顔をしかめる。
    「……なるほど」
     大火はしばらく黙っていたが、やがて口を開いた。
    「では――どこから話すか――そうだな、イールを封じる直前から話した方が、説明もしやすいだろうか」



     双月暦315年3月、北方大陸沿岸部の寒村、ブラックウッド近辺の丘陵地帯。
    「あたしはどうなったって構わないのよ」
     大火に対する反乱軍を結成した「猫姫」イール・サンドラ元准将は、その丘の頂上にて大火に対し、己の激情を吐露していた。
    「ソレでアイツのところに逝けるなら、何だってするわ」
    「……イール。お前は勘違いしている」
     大火は彼女に向かって、こう伝えた。
    「ランドについてだが、あいつは死んでいない。やむを得ない事情で封印はしたが、な」
    「……は?」
     それを聞いたイールは、責めるような視線を大火に向けた。
    「何言ってんの? アンタが殺したって……」
    「あの鉄クズからそう聞いたのか? それはあいつが、実際に見たと言ったのか? そしてお前も、実際に見たと?」
    「……言って、ないけど」
     イールは一瞬、納得しかけるが、なお食い下がる。
    「……じゃあ。……じゃあ! 逆に証拠はあるの!? あいつが……」
    「耐え切れれば、見せてやろう」
     大火は刀を掲げ、呪文を唱える。
     その瞬間、イールの視界は真っ白に染まった。

    「……う……っ」
     イールは目を覚まし、辺りを見回そうとした。
     しかし一杯に目を見開いても、何も見えない。
    「気が付いたか」
     大火の声がする。
    「ええ。……灯り、無いの?」
    「うん?」
     ひた、と左頬に革手袋の感触が伝わる。
    「……ふむ」
    「な……、何?」
     続いて、右頬にも革手袋を当てられた。
    「大きな代償だったな」
    「え?」
    「お前はどうやら、己の限界以上の術を行使したようだ」
     何を言っているか分からず、イールは尋ねる。
    「何言ってんの?」
    「その目、恐らくは治るまい」
    「え? 目? ……え?」
    「術の副作用とでも言おうか。夥(おびただ)しい威力の雷術を行使した影響で、お前の神経は大きく変質している。特に視神経が、な。
     自然治癒や現代の医療、俺の術を以てしても、治すことはできん」
    「そんな……!」
     言葉を失うイールに、大火は本題を切り出してきた。
    「それよりも、だ。見えていないとなると説明が難しいが、ここにランドがいる」
    「え……!」
     イールは暗い視界を懸命に眺め、どうにか前方にある、何か大きな物体を、ぼんやりとではあるが確認することができた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・黒々抄 1】へ
    • 【白猫夢・黒々抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・黒々抄 1】へ
    • 【白猫夢・黒々抄 3】へ