FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・黒々抄 4

     ←白猫夢・黒々抄 3 →白猫夢・黒々抄 5
    麒麟を巡る話、第145話。
    2人の復活。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     時代は進み――双月暦520年5月。

    「……う……」
     随分長い間眠っていたような感覚を引きずりながらも、ランドは目を覚ました。
    「あれ……ここは……?」
     重い手足を何とか動かし、ランドは辺りの様子を確かめる。
     しかし眼鏡が無く、しかも真っ暗なため、何がどうなっているのかさっぱり分からない。
    「……思い出してきた……ような。
     確か僕は、タイカと話してて、で、タイカが契約が何とか言って……」
     思い出そうとするが頭痛がひどく、どうしても考えがまとまらない。
    「……く……」
     と、どこかから声が聞こえてくる。
    「……?」
     暗い室内を手探りでうろつき、どうにか声のする場所を探り当てる。
    「……イール?」
     偶然触った猫耳と、彼女のうめく声とで、ランドはそれがイールだと分かる。
    「しっかりして、イール。起きてくれ」
    「……あ……え……?」
     何かをしゃべろうとしたようだが、まったく言葉にならない。
     ランドは彼女の手を触り、異様に冷えていることに気付いた。
    「うわっ、まるで氷じゃないか! ……ここにいたら駄目だ、僕も寒い」
     ランドはイールを引きずりながら、出口が無いか探る。
     やがてそれらしいものを見付け、どうにか坑道のようなところに脱出した。
    「……ん?」
     と、ミシミシと何かが鳴っているのに気付く。
    「え、……これって、……もしかして」
     その恐ろしげな音が周囲のあちこちから聞こえてきたため、ランドは大急ぎでイールを背負い、坑道を走る。
    「はあっ、はあっ、……ひぃ」
     自分でも驚くほどの力が出たが、それでも元々非力なランドである。
     坑道を何とか抜けたところで力尽き、そして倒れ込むと同時に、坑道のはるか奥でずん……、と重い音が聞こえてきた。



     それから1週間――ランドの方は周囲の木の実や水を採ることで、何とか体力を回復させたが、イールは依然として昏睡状態にあった。
    (こんなにやつれて……。一体何があったんだ?)
     着ていた服のポケットに入れられていた黒眼鏡――デザインからすると元々自分がかけていた眼鏡のようだったが、何故かレンズが真っ黒なものに換えられている――をかけ、自分たちが何故この状況に置かれているか考える。
    (多分、……だけどあの部屋はタイカが造ったものなんだろう。で、僕と、何故かイールも、そこに封印みたいなことを、されてたんだろうな。
     ……それだけだ。それ以上は分からない)
     しかし、考えようにも判断材料が乏しく、ランドはぼんやりとイールの蒼ざめた顔を見ていることしかできない。
    (ここら辺の食べ物は粗方採り尽くしちゃったし、水だけじゃ衰弱する一方だ。どうにか近くの街に行って、イールを看てもらわないと)
     そうは思ったものの、自分の力だけでは到底、イールを運ぶことなどできない。打開策が見出せず、ランドは途方に暮れていた。

     と――どこかから、人の声が聞こえてくる。
    「……だ、……か」
    「……な、なぁんだ」
    (人……!?)
     ランドは思わず立ち上がり、そちらに駆け出した。
     元々畑があったらしいところに、男女5名が固まっているのが見える。そのうち2人の女性は、数日前に気紛れでランドが体を洗ってやった狐を、楽しそうに撫でている。
    「この*、*****ですねぇ」
    「そうだな。まったく、****しない」
     彼らが話している言葉を聞き、ランドは戸惑った。
    (あれ……? 何て言ってるんだ? 中央語や北方語に似てる感じだけど、どっちでも無さそうだし)
    「……良く***、体を****があるな?
     ***こんなところに、この*を*****ような**がいるのか?」
     どうやら狐について何か言っているようだが、その語彙の半分以上が何を示し、何を伝えているのかが分からない。
     まるで別世界に来たような感覚を覚え、ランドは逡巡していたが、それでもこの機会を逃がせば、イールの命に関わってくる。
     ランドは意を決して、彼らに話しかけた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・黒々抄 3】へ
    • 【白猫夢・黒々抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・黒々抄 3】へ
    • 【白猫夢・黒々抄 5】へ