黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・黒々抄 5

     ←白猫夢・黒々抄 4 →白猫夢・黒々抄 6
    麒麟を巡る話、第146話。
    「ハーミット」の誕生。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     ランドは恐る恐る、たむろしていた彼らに声をかける。
    「この近くの人かい?」
     無人と思っていた場所で突然声をかけられた彼らは当然、警戒する素振りを見せた。
    「***!?」
    「そんなに警戒しないでくれよ……」
    「***、と***いる! ***!」
     央南人風の猫獣人の女性が刀を向け、ランドに何かを叫んでいる。
    「ごめん、もうちょっとゆっくり話してほしいんだけど」
     警戒されないよう、やんわりとそう言ってみたが、相手はきょとんとしている。
    「お、おにーさん、お***ですかぁ? なんか、おじーちゃんみたいな*****ですけどぉ……」
     確かにランドが頼んだ通り、紫髪の短耳はおっとりとした口調で話しかけてくれたが、それでも何を言っているのか分からない。
    「(おじーちゃんみたいな、って? ……僕が?)
     ごめん、何て言ったのかよく分からないんだ」
     こちらも努めてゆっくりと話したつもりだったが、猫獣人にははっきり通じていないようだった。
    「うん……?」

     それでも懸命に、彼らの話を何度か繰り返し聞くうち、元来聡明なランドは彼らの言葉を概ね理解できるようになった。
    「それでお主、名は何と言う?」
     尋ねてきた猫獣人――やはり央南人で、名前は黄晴奈と言う――に、ランドは覚えたての言葉でどうにか応じる。
    「僕はらん、……いや、……その」
     自分の名前を言いかけて、ランドは考え込む。
    (念のため偽名を名乗っておいた方がいいかな。彼らがどんな人なのか分かんないし、用心に越したことは無い。
     とりあえずネール(Nehru)家から名前借りて……)
    「うん?」
     怪訝な顔を向ける晴奈に、ランドはこう答えた。
    「ネロ(Nehro)、と呼んでくれ。ネロ・ハーミットで」
    「……」
     どうやら、すぐに偽名とばれたらしい。晴奈たちは一様に、不審そうな目を向けてきた。
     しかしそれでも問いただしたりはせず、晴奈が続けてこう聞いてきた。
    「……分かった、ネロ。それで、何故こんなところにいるのだ?」
    「その前に、……その、良ければ教えてほしいことなんだけど」
     ランドは彼らの服装を見て、ある仮説に行き着いていた。
    (僕が今着てる官服と、セイナたちが着てる旅装。
     普通なら僕の方が相当、高級品なはずなのに、旅装の彼女たちの方が、どう見ても服の造りがしっかりしてる。それも、全員揃ってだ。つまり彼女たちの着てる服の平均値と言うか、水準があのレベルなんだ。
     僕の着ている官服より段違いに生地や縫製がしっかりしてる、言い換えれば彼女たちの衣服に使われた技術水準が、僕が知る水準よりも恐ろしく跳ね上がってること。そして言葉が――まったくじゃないけど――通じなかったこと。
     そこから導き出される答えは、……にわかには信じられないけど……)
    「今は、……えーと、今の日付を教えてほしいんだ。今は何年の、何月何日かな」
    「520年の、5月29日だ」
    それを聞き、ランドは強いめまいを覚えた。
    「ご、……そうか、520年、5月29日、ね。これ、双月暦だよね」
    「勿論だ」
     ランドは平静を装ってはいたが、内心は絶叫したくなるくらいのショックを受けていた。
    (ごひゃく、……って、6世紀だって!? 10年や20年どころじゃない、200年も経ってるって言うのか!?
     ……ああ、だろうな。それだけ経ってたらそりゃ言葉も通じないし、旅装が官服より豪華になったりするわけだ)
     どうにか心を落ち着かせようと、ランドは周囲を見渡す。
     そこでようやく気付いたが、ここはどうやら、200年後のブラックウッドらしかった。
    (山の形とか、畑の位置とか、何となく見覚えがある)
    「それでその、変なことばかり聞いて申し訳ないんだけど、ここは北方のブラックウッド、で間違いないかい?」
    「恐らく、そうだ。既に廃村になっており、詳しく確認はできぬが」
    「そっか、そうだよね。……えーと、じゃあ、ここはジーン王国領、だよね?」
    「そうだ」
     それを聞き、ランドは内心ほっとした。
    (そっか、ジーン王は僕がいない後も無事に国を治められたらしいな。
     ……他の国はどうなってるのかな?)
     未来の世界に興味を抱き始めたランドは、続けざまに質問する。
    「その、世界情勢とか、聞いておきたいんだけど」
    「んじゃあたしが説明するわね、そーゆーのは詳しいし」
     赤毛の長耳、橘小鈴が手を挙げたところで、ランドはようやくイールのことを思い出した。
    「あ」
    「ん? どしたの?」
    「コスズさん、だっけ。彼女に話を聞いている間に、お願いしたいことがあるんだ」
     ランドはイールを寝かせている場所を伝え、彼女の看病を頼み込んだ。
    「相分かった、向かおう」
    「ありがとう、セイナさん」
    「……おっと。こいつは返しておくぞ」
     晴奈は今まで抱えていた子狐をひょい、とランドに渡す。
    「え?」
    「お主が飼っていたのだろう? すまぬな、ずっと持ちっ放しにして」
    「あ、いえ。まあ、飼ってたと言うか、勝手にやって来たと言うか」
    「うん?」
    「……いや、うん。飼ってたんだ」
    「そうか、やはりな」
     それを聞いた晴奈は微笑み、それからイールのいる場所へと向かって行った。
    「んふふ」
     やり取りを聞いていた小鈴が、ニヤニヤしている。
    「あの子はかーわいいの、大好きだから。
     さ、それじゃ世界情勢について、講義のお時間ね」
    「よろしく、コスズさん」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・黒々抄 4】へ
    • 【白猫夢・黒々抄 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・黒々抄 4】へ
    • 【白猫夢・黒々抄 6】へ