FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・黒々抄 6

     ←白猫夢・黒々抄 5 →白猫夢・黒々抄 7
    麒麟を巡る話、第147話。
    幾星霜を越えて。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     晴奈たちと出会ったランドとイールはしばらく、彼女らと同行していた。
     ジーン王国に逗留しイールの回復に努めた後、晴奈の故郷である央南へと共に渡り、さらに同時期に起こった事件――いわゆる「ミッドランド異変」にも同行したところで、ランドとイールは二人旅を決意した。
    「丁度いいよ、ここからなら」
    「そうかのう……?」
     ちなみに、すんなり6世紀の言語を習得できたランドに対し、イールは十分には習得できず、中途半端に古臭い話し方の癖が付いてしまっている。
    「時期と言うか、タイミングも、さ。これ以上僕たちがセイナたちと一緒だと、なんか邪魔になりそうだし」
    「ふむ。確かにあの唐変木のトマスも、ようやくセイナに向かい合うようになったからの」
    「それにエルスさんも、コスズさんと何かいい感じっぽくなったみたいだし」
     そんなことを言ったランドに、イールは顔をぷい、と背けて小声でなじる。
    (人の色恋は目ざとい癖に、自分に向けられとる思慕はちいとも分からんのかっ)
    「どしたの?」
    「何でもない。……まあ、お主の言う通りじゃな。
     そうじゃな、元々いつかは旅をしたいと言うておったし、いい頃合いかも知れん。ここからぶらりと行くかの」
    「うん」



     そこを起点として、ネロとジーナは当ての無い旅を続けた。
     政治的結束を失い荒れ行く央北。西大海洋同盟に加盟し、その恩恵を多少なりとも享受した北方。そんな政変とは無関係に、のんびりと時間が過ぎ行く南海。
     そして2年、3年ほど旅を続け、世界中を渡り歩くうちに――ネロが大火の施術により、難訓の呪縛から逃れたためか、それともいい加減、連れ添った時間が功を奏したのか――二人の関係も変わっていった。

    「のう、ネロや」
    「ん?」
     南海のとある小島。
     夕焼けを並んで見つめていたところで、ジーナが話を切り出した。
    「もう随分になるのう」
    「旅が?」
    「それもあるが、わしの言いたいのは、お主と知り合ってからの時間じゃ」
    「はは、200年だとねぇ」
    「茶化すな」
     ジーナはネロの顔をぐい、と引き寄せる。
    「ん……?」
    「もう随分じゃ。随分長く一緒にいたと言うのに、何故お主はわしの気持ちに気付かん?」
    「気持ちって?」
    「……また、これか」
     ジーナは吐き捨てるように、こうつぶやいた。
    「わしはどれほど、お主を好いてきたか。タイカに頼み、共にこの時代まで眠ってきたと言うのに」
    「ああ、それでなんだ」
     あっけらかんとそう返され、ジーナは声を荒げた。
    「『それでなんだ』? その程度だったのか、お主にとっては!」
    「いや、……うーん、何て言ったらいいかな。どうしてもジーナ、君がこの時代にまでも僕と一緒にいてくれたのか、それが分からなかったからね。
     それがはっきりしたんで、まあ、すっきりしたかなって」
    「……もうええわい」
     ジーナの目から、ぽろっと涙がこぼれる。
    「お主は一生、わしの気持ちに気付かんのじゃ」
    「いや、そうでもないよ?」
    「……は?」
     ネロは困った顔を見せ、こう言った。
    「いや、はっきりさせたかったんだよね、そこを。もしもさ、君が望んでも無いのに僕なんかと一緒にいることになっちゃって、それで他に相手もいないから仕方なく僕を、……とかだったら、なんか申し訳ないかなって」
    「……はあ?」
     これを聞いたジーナはいきなり、ネロの口をぐいぐいと引っ張った。
    「いひゃひゃ、いひゃいっへ(痛た、痛いって)」
    「どこまで朴念仁なんじゃ、お主は~! これだけ長くいて、何故そんな考えに至るか!
     そんなもの、好きで無ければやるわけが無かろうが!」
    「ごへん、いひゃ、ほんほうひ(ごめん、いや、本当に)」
    「……まったく!」
     ジーナはネロから手を放し、ぷい、と顔を背けて、こうつぶやいた。
    「……好きなのはずっとお主だけじゃ。……お主は好いてくれるか、わしを?」
    「あー、と」
     この期に及んで、ネロはまだしどろもどろに理屈を練る。
    「いや、まあ、うん、好意を向けられて悪い気は全然しないよ。確かに僕も君なら不足は無いなとは思うよ、いや、それ以上かな、君以外はちょっと考えられないし、うん。
     でもさ、今の僕は大臣でも何でもない、ただの政治オタクの旅人でしかないし、君に釣り合うかどうかって考えたら……」「やかましい」
     ジーナはくるりと顔を向け、ネロの口を自分の口で塞いだ。
    「むぐぐっ」
     口を放し、ジーナは強い口調でこう言った。
    「単純に言え。一言でじゃ」
    「……じゃあ」
    「じゃあはいらん」
    「うん」
    「うんじゃなくて」
    「はい」
    「もっといい言葉があるじゃろうが」
    「……好きだよ」
    「ようし」

     その日のうちに、ネロとジーナはその小島で結婚した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・黒々抄 5】へ
    • 【白猫夢・黒々抄 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・黒々抄 5】へ
    • 【白猫夢・黒々抄 7】へ