黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・黒々抄 9

     ←白猫夢・黒々抄 8 →白猫夢番外編 その1
    麒麟を巡る話、第150話。
    西方南部、政変の時。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     しばらくの間、王国は騒がしくなった。

     まず、帝国に侵入した秋也たち四人が、国内の話題に上った。秋也たちはトッドレール一味を殲滅した上、帝国領内に連れ去られたベルを救出すると言う、未曽有の大戦果をたった4人で挙げた立役者なのである。
     皇帝亡命事件以上の称賛と敬意を以て、四人は多大な表彰を受けた。



    「明日から中佐だって」
    「同じく俺も、明日付で少佐に格上げだ」
     アルピナとサンク、二人の昇進を聞き、ベルは喜んでいた。
    「おめでとうございます、アルピナさん、サンクさん」
    「ありがと、ベルちゃん。
     ……それで、あなたはこれからどうするつもり?」
     そう尋ねられ、ベルはぐっと握り拳を作ってこう答えた。
    「やっぱりあたし、まだ頑張りたいです。これからも寄宿舎で、訓練するつもりです」
    「うん、応援してるわ」
     アルピナはにっこりと笑い、ベルの握り拳に自分の拳をとん、と合わせた。

    「うーむ」
     贈られた勲章を握りしめながら、サンデルはうなっている。
     それを見たロガン卿が、不思議そうに尋ねてきた。
    「どうした、サンデル? 栄誉を称えられたと言うのに、浮かない顔をするとは」
    「いや、しかし。敵国の勲章ですからなぁ」
    「……早晩、敵国では無くなるだろう。気にせずとも良いではないか」
    「なんですと?」
     目を丸くしたサンデルに、ロガン卿はこう返す。
    「聞いているぞ、あの悪魔参謀が――彼奴以上の悪魔の手によって――ついに滅んだと。ならば、陛下や我が国がこれ以上争いを続ける理由は無い。
     それに幸いここ3ヶ月の、卿と陛下の交流により、両国の関係は極めて良いものとなっている。もしかすれば西方南部民の長年の悲願であった三国統一も、近い将来有りうるかも知れん」

     帝室亡命政府が用を成さなくなったため、フィッボとロガン卿ら将軍や高官たちは近々、帝国に送還されることが決まった。
     今後は王国の支援を受けつつ領内の復興を行い、然るべき時が来れば領地を元の二国に分割するか、それとも三国併合するかの協議を行うと言う。
    「あ、後もう一つ、まだ内々にだけど、報告があるんだ」
     今後のことを秋也に伝えていたフィッボは、急に小声になる。
    「なんですか?」
    「実はね、ノヴァと結婚するかも知れない」
    「え、マジっスか?」
    「3ヶ月も一緒にいると、気心もお互い、分かってくるからね。君も同じだろう?」
    「へへ……」
    「それにね」
     フィッボは真面目な顔になり、こう続けた。
    「私が本当に変わったと――今までのように後ろ向きだった、名ばかりの皇帝ではなく、前向きに復興を進めたいとする堅い意志を持ったんだってことを、少しでも国民に感じてもらえるだろうか、と思ってね」
    「……頑張ってください。応援してます」



     慌ただしく情勢が動き出す中で、渾沌がこの地に長期滞在すると伝えられ、秋也たちはさらに驚かされた。
    「なんで……?」
    「嫌そうにしないでよ、もう」
     不安がるベルの頬を、渾沌はむにっとつまむ。
    「いひゃっ」
    「アルの件よ。あいつは何度でも復活するし、モダス帝が復位したと知れば、また性懲りも無く現れるかも知れないでしょ?
     そうなった場合、私が止めるのよ。だから情勢が安定するまで、しばらくここにいる、ってわけ」
    「むー」
     頬を膨らませるベルに、渾沌はぼそ、と耳打ちする。
    「私が近くにいて、あなたにとって悪いことなんて無いわよ? むしろ秋也のことなら色々知ってるから、その辺り教えてあげてもいいなー、なんて思ってるんだけど」
    「……むー」
     まんざらでもない顔になるベルを見て、秋也は不安がった。
    「何を聞くつもりだよ……」
     と、そこへハーミット卿と大火が、共にやって来た。
    「あら先生。どうされたんです?」
    「向かうところがある。明日一日、同行してくれ」
    「どこに?」
     その問いに、ハーミット卿の方が答える。
    「まだ一つ残ってる、わだかまりの解消にさ。彼にとっては改めて自分の傘下に戻ってほしい、大事な人材だからね。
     ま、それ以前に」
     ハーミット卿はニヤ、といたずらっぽく笑って見せた。
    「何百年単位の父娘喧嘩をいい加減収めたい、ってのもあるらしいし。僕はその仲裁役さ」

    白猫夢・黒々抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・黒々抄 8】へ
    • 【白猫夢番外編 その1】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ハーミット卿の三寸不乱の弁舌に期待するしかないですね。

     

    おとなしく仲裁を聞き入れるやつとも思えんが……(^_^;)
    • #1472 ポール・ブリッツ 
    • URL 
    • 2012.11/29 01:24 
    •  ▲EntryTop 
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・黒々抄 8】へ
    • 【白猫夢番外編 その1】へ