黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・清算抄 1

     ←2012年12月携帯待受 →白猫夢・清算抄 2
    麒麟を巡る話、第151話。
    天狐と大火の関係、サードライト。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦520年、ミッドランド異変の直後。
    「テンコちゃん、いいかな」
     道行く天狐を、ある青年が呼び止めた。
    「ん? ああ、お前か」
     天狐はその青年を知っていた。名前はネロ・ハーミット。不思議なことに自分と同じ、闇夜のように黒い瞳を有する長耳である。
    「少し、聞きたいことがあるんだ。時間、ちょっと取れるかい?」
    「いいぜ」
     場所を移したところで、ネロは話を切り出した。
    「タイカのことなんだけどさ」
     その名前を聞いた途端、天狐はあからさまに嫌な顔をした。
    「あぁ? 勘弁してくれよ」
     天狐の反応を見て、ネロは「ま、ま」となだめつつ、こんなことをささやいてきた。
    「やっぱりテンコちゃん、お父さんのことは嫌い……、かい?」
    「……!?」
     途端に、天狐の目が点になる。
    「何で……、お前がそれを」
    「当たりか。薄々そうじゃないかな、とは思ってたんだ」
    「か、カマかけやがったなっ」
     慌てふためく天狐に対し、ネロはクスクスと笑う。
    「ああ、ゴメンね。
     でもさ、それで一つ、合点が行くことがあるんだ。それを聞いたら、君のタイカに対する感情も変わるかも知れない」
    「んなコトあってたまっかよ」
    「ま、ま」
     ネロは真面目な顔になり、こう言った。
    「タイカは君を、傷一つ負わせることなく、大事にしておきたかったんだ。
    『システム』に閉じ込めたのは、二次的、副次的な理由でしかなかったと思う」
    「へっ、何バカなコト……」
    「君は昔から、タイカに反抗的だったんだろう? 多分封印の間際でさえも、彼の言うことを聞こうとしなかったんじゃないかい?」
    「……それは、まあ」
     反論し切れず、天狐の狐耳と尻尾が一斉にしなだれる。
    「だから、そうするしかなかったんだと思うよ。彼にしてみれば、自分の仲間や味方だったものを、これ以上傷つけたくは無かっただろうし。
     一度聞いたことがあるんだ、彼から。自分を裏切り、命を狙った弟子たちと戦ったと。……だからタイカは、契約をどこまでも重んじるのかも知れない。
     せめて、自分から裏切ることはないように、って」
    「……んなコト、あるかよ……」
     天狐はそれでも、何とか反論する。だが、その口ぶりは最初に比べて、ひどく弱々しくなっていた。
    「……だってオレ……散々アイツに……ひどいコト……」
    「ま、僕の推測でしか無いから。……それじゃね、テンコちゃん」
    「あ、ちょっ、待てよ!」
     天狐は思わず、ネロを引き止めていた。
    「お前、誰なんだ?」
    「僕?」
     ネロはにっこり笑い、こう言った。
    「歴史に隠れた、ただの隠者(ハーミット)だよ」
     それだけ返して立ち去ったネロの背中を見つめながら、天狐はぼそ、とつぶやいた。
    「親父……。オレはそんな、アンタに守ってもらえるような、いい子じゃねえのに……。
     ……ごめん……」
     ぽた、と彼女の足元に、涙がこぼれた。

     天狐と別れた後、ネロは心の中で大火に語りかけた。
    (タイカ、君の娘は君そっくりだよ。
     大事なことを、誰にも言おうとしないで抱え込むところ。そんなところ、似てなくていいのにね)



     そして時は流れ、双月暦542年。
    「……」
    「どうしたの、姉さんっ?」
     いつものように、ぼんやりと机に足を投げ出している天狐を見て、鈴林が尋ねる。
    「……ものもらいかな。目が……かゆくてな」
     天狐はそうつぶやきながら、自分の真っ黒な左目をこする。
    「姉さん病気になんないじゃん」
    「まあ、そうだけどよ」
    「そう言えばさ、ずーっと気になってたんだけど」
     と、天狐に茶を運んできた天狐ゼミ生、橘昂子がこんな質問をした。
    「テンコちゃんのその黒い目って、普通の黒目とちょっと違くない? 光、反射してる感じが無いし、あたしの顔、映らないし」
    「ん? ああ」
     天狐は右目を閉じ、その真っ暗な目だけで昂子をじろっと眺めて見せる。
    「コイツはな、本当に克一門であるコトの証明みたいなもんなんだよ。……つっても鈴林はコレ、持ってないんだけどな」
    「そうなんだよねーっ、残念っ」
     鈴林はがっくりとうなだれて見せ、チラ、と片目を上げて天狐にこう頼む。
    「だからさっ、姉さんからほしいなーって」
    「やれねーよ。つーか、やり方知らないんだよ、オレも。師匠の専売特許みたいなもんなんだよ。
     この術は師匠しか知らねーんだ」
     天狐は両目を開け、こう続けた。
    「……でもな、一人だけ、克一門じゃねーのに持ってるヤツがいたんだよ」
    「えっ?」
    「20年前、晴奈の姉さんと一緒にこの島を訪れたヤツが、何故かその目を持ってやがった。その理由を聞く前に、ソイツは島を出てっちまったが、な」
    「うわ、ちょー気になるじゃん」
    「そーなんだよなぁ。機会があれば聞いてみたいが、もう20年前の話だし、ソイツが今ドコで何してるか、全然知らねー。そもそもオレは、この島から出られないし。
     恐らく永久に聞く機会なんて……」
     と、屋敷のドアがノックされる。
    「あ、はーい」
     昂子が応じ、玄関へと向かった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2012年12月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・清算抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2012年12月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・清算抄 2】へ