黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・清算抄 2

     ←白猫夢・清算抄 1 →白猫夢・清算抄 3
    麒麟を巡る話、第152話。
    あわてんこ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     玄関の前に立つ一行を見て、昂子は声を挙げる。
    「あれ、秋也? 久しぶりじゃん。……と、渾沌」
    「取って付けないでよ。元気してた?」
    「そ、ソレなりに、ね。……えっと、他の人は誰?」
     昂子に尋ねられ、秋也は皆を紹介した。
    「こっちのエルフさんはネロ・ハーミット卿。西方のとある国の大臣さんだ。その後ろのでっかい人が、……あの克大火さん」
    「へ? ……またまたぁ」
     冗談と取られたらしく、昂子は手を振って笑う。
    「マジなんだって」
    「んなワケないじゃん。天狐ちゃん言ってるもん、『アイツがこんなトコに来るワケねーよ、天地が引っくり返ってもあり得ねー』って」
    「……そうか」
     昂子の言葉に、大火は元から細い目をさらに細めた。
    「まあいい、そう紹介しろ」
    「なんでアンタに命令……」「い、いいから! そう言っとけって!」
     反抗的な態度を執りかけた昂子に、秋也が慌てて口添えする。
    「……まあ、言えって言うなら言うけどさ、アンタ天狐ちゃんに雷ぶつけられてもあたし、知らないわよ。
     んで、アンタの後ろにいる『猫』は?」
    「ああ、……えーと、ベル・ハーミットって言って」「シュウヤの彼女だよっ」「ちょ」
    「カノジョぉ?」
     昂子は目を丸くし、まじまじとベルを見つめる。
    「……へーぇ、やるじゃん秋也」
    「あ、はは……」
    「んで、そんなにゾロゾロ揃って何か用なの?」
    「ああ。テンコちゃんに用事があるんだ」
     ハーミット卿は小さくお辞儀をし、面会を申し出た。
    「彼女とタイカと僕とで、ちょっと話をしにね。取り次いでもらえるかな?」
    「……まあ、……ホントに言うわよ? ホントにいいのね?」
    「ああ」
     昂子は嫌そうな顔をして、そのまま奥へ戻って行った。余程、天狐の機嫌を損ねるのを嫌っているようだ。
     そしてやはり、昂子の想像していた通りに――。
    「……あ? ふざけてんのか?」
    「ふざけてないって! あっちが言えって言うから言ったんだもん!」
    「……よーし、見てやろうじゃねーか」
     天狐の苛立った声が、奥から響いてきた。
    「ドコのどいつだ、大火なんてふざけた名前を名乗るアホンダラはよぉ!?」
    「俺だ」
     大火が応じる。
    「……」
     大火を目にした瞬間、怒りに満ちていた天狐の顔から、ざあっと血の気が引く。
    「……」
     天狐は何も言わず、後ろ歩きに奥へと戻って行った。
    「……」
     一行はその様子を無言で眺めていたが――。
    「おまっ、ちょ、マジふざけんだにゃっておえいわえあひゃああああ」
     やがて天狐の、わけのわからない悲鳴が聞こえてきた。
    「……ぷ、く、くく」
     これを聞いた渾沌は、口元を押さえて笑いをこらえている。
    「あ、姉さん落ち着いてっ!?」
     鈴林の慌てる声がする。
    「お、おちおちっち、おちついららわらやらわられっかってうわああああ」
    「姉さんホラ、チョコ、チョコあるよ!?」
     昂子がなだめようとしているらしい。
     一方、秋也とベルも互いの震える肩を無言でバンバンと叩き合い、笑いをこらえようとする。
    「ばかにゃろチョコなんかでおみゃえそんなおちちゅけってあまっ」
     と、天狐のわめき声が止まる。
    「……むぐ、……んぐ、……うん」
    「大丈夫? も一個いる?」
    「うん」
    「お茶いるっ?」
    「うん」
    「……大丈夫?」
    「……お、おし。……付いてこい、お前ら」
     一瞬静まり返った後、天狐が鈴林と昂子とを伴って、再び玄関に現れた。
    「な、何の用だ?」
     と、渾沌が口元を押さえ、肩を震わせながらこう告げる。
    「きっ、……ぷぷっ、聞こえてたわよ」
    「……な、なん、の、よう、だ」
     顔を真っ赤にし、今にも泣きそうな天狐を見て、渾沌はたまらず噴き出した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・清算抄 1】へ
    • 【白猫夢・清算抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・清算抄 1】へ
    • 【白猫夢・清算抄 3】へ