黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・清算抄 3

     ←白猫夢・清算抄 2 →白猫夢・清算抄 4
    麒麟を巡る話、第153話。
    三人の再会。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「……」「……」
     場所を応接間に移し、改めて大火と天狐が対面した。
     しかしどちらとも一言も発さず、居心地悪そうに相手を見たり、窓に目をやったりと、そわそわしている。
    「埒が明かない」
     ハーミット卿はため息をつき、二人に声をかける。
    「タイカ、テンコちゃん。とりあえず……、そうだな、僕は知ってるけど、周りは事情を良く知らない人もいるから、僕の方から説明していっていいかな?」
    「ああ」
    「……勝手にしろ」
     両方ともハーミット卿に目を合わさず、そう返す。
    「じゃあ、二人の紹介をさせてもらうよ。
     黒い方がタイカ・カツミ。金髪の方がテンコ・カツミ。名前から想像は付くと思うけど、二人は非常に関係が深い」
    「誰でも知ってるわよ、そんなの」
     と、昂子が口を挟む。
    「克大火の七番弟子でしょ、天狐ちゃん。んなコト一々言われなくても分かるわよ」
    「ところが、二人の関係はそれだけじゃないんだ」
     ハーミット卿は昂子に、にこっと微笑んでみせる。
    「どゆコト?」
    「父娘なんだ」
    「誰が?」
    「タイカとテンコちゃんが」
    「またまたぁ」
     これを聞いた昂子は、フンと鼻を鳴らす。
    「嘘に決まってんじゃない、そんなの」
    「何故嘘と?」
    「だって天狐ちゃんがあんだけ毛嫌いしてて、ソレで父娘なんて」「……ううん」
     と、昂子の背後にいた鈴林が口を開く。
    「本当の話だよっ。本当に姉さんは、お師匠の娘さんなのっ」
    「……へ?」
     それを継ぐ形で、天狐は渋々と言った顔でこう続ける。
    「その通りだ。正真正銘、克大火はオレの師匠であると同時に、オレの親父だ」
    「……うっそぉ」
    「嘘なんかつくかよ。ソレもこんな話で」
     天狐は昂子に向き直り、ぺろっと舌を出す。
    「そりゃ嘘だって言いたいが、真実は真実だ。オレは血のつながった娘なんだよ、師匠のな」
    「……へ、へぇ」
     昂子は目を丸くしている。あまりにも予想外の話を聞かされ、呆然としているらしい。
     そしてそれは秋也をはじめとして、そこにいたほとんどの人間にとっても同様だった。
    「マジで?」
    「みたいだね」
     小声で驚きを口に出している秋也とベルを、渾沌が二人の後ろからちょん、と指で突いてたしなめる。
    「静かになさい。まだ話は始まってもいないんだから」
    「あ、ああ」
    「そだね」
     場が静まったところで、ハーミット卿が話を続ける。
    「そう、まだ本題を切り出してない。その本題が何かって言うとね」
     ハーミット卿は天狐に、先程と同様にっこりと笑いかけた。
    「君のお父さん、こういう話を切り出しにくいらしいから僕が代わりに言うけど、仲直りしたいんだってさ」
    「えっ」
     そう言われ、天狐はきょとんとする。
    「オレと?」
    「うん、君と」
    「なんで?」
    「なんでって、娘に嫌われてヘラヘラしてる親はいないさ。それ以上の理由は無い」
    「なワケないだろ」
     天狐は納得行かないらしく、きつい口調になる。
    「コイツにそんな情があるかよ! コイツは弟子の、娘のオレをブン殴って封印しやがった張本人だぞ! そんな人間らしい動機なんか、ドコにあるってんだ!」
    「テンコちゃん。その話はさ、20年前にもしたじゃないか」
     そう返され、天狐はぎょっとした顔になる。
    「なんだって?」
    「僕の顔を見忘れたかい?」
     ハーミット卿は黒眼鏡を外し、青と黒の両目を天狐に見せる。
    「お、お前!? まさか!?」
    「覚えててくれたかな? そう、20年前にあの話をした、ネロ・ハーミットさ」
    「そりゃ、……覚えてるさ。
     その目は克一門にしか与えられないはずの目だから、な」
    「じゃあそのよしみだ。もう一度、僕の話を聞いてくれるかな?」
    「……いいだろう。オレを納得させてみろよ」
     そう返した天狐に、ハーミット卿はやんわりとした口調で話し始めた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・清算抄 2】へ
    • 【白猫夢・清算抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・清算抄 2】へ
    • 【白猫夢・清算抄 4】へ