黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・清算抄 4

     ←白猫夢・清算抄 3 →白猫夢・清算抄 5
    麒麟を巡る話、第154話。
    調停者にも、道化にも。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     ハーミット卿は穏やかな物腰で、質問を重ねる。
    「君が封印された時、君は従順では無かった。そうだよね?」
    「そりゃ、そうだろ? 誰が好き好んで封印なんか……」「違う、違う。その前だよ。封印される原因。君は自分勝手に暴れ回ろうとして、タイカに封印された。違うかな?」
    「う……、まあ、……そうだな。間違い無い。確かにオレは一度、世界征服みたいなのをやろうとして、ソイツに止められた」
    「だけど君を殺すようなことはせず、封印した。理由は単純、殺したくなかったから。
     かと言って放っておくこともできない。放っておけばまた、跳ねっ返りの君は同じことをしようとするから。そして封印を解いたら解いたで、君が自分勝手に暴れ回るのは目に見えてる。封印し続ける以外の方法が、彼には執れなかったんだ。
     彼にしてみれば解決したいけど、自分にはどうにも対処のできない問題だったんだよ」
    「じゃあ、……じゃあなんで今更ココに来た!? オレがこの島で自由に動けるようになって、なんですぐ来なかったんだよ!?」
    「話を聞いてくれるか、彼にとっては不安だったんだよ。誰かいい仲裁役でも買って出てくれない限り、こうして冷静に話し合えるとは思えなかったんだ。
     ……と言うのが、彼から聞いた泣き言さ」
    「……」
     大火は顔をしかめるが、何も言い返さない。
    「分かるかい、テンコちゃん?
     あの悪名高い『黒い悪魔』だって君の前じゃ、不器用な父親なんだよ。君に嫌われたくないからこそ、今まで何もできずにウジウジしてたんだ。
     そう考えたら、ちょっと面白くないかな」
    「はぁ?」
     ハーミット卿の言葉に、天狐は呆れた顔になる。
    「……お前、……ヤなヤツだな。慇懃無礼の塊かよ」
    「そうかな?」
    「……まあ、でも、……まあ。信じてやってもいい気は、しないでもないぜ」
    「それは良かった」
    「ただし、だ」
     天狐はここで初めて、大火に声をかけた。
    「アンタの口から、本当にそう思ってたって聞けたら、信じてやる」
    「……」
    「……言ってみろよ」
     天狐は大火を見据え、棘のある言葉を重ねる。
    「言ってみろよ、『お前と話をするのが怖かった』って。ソレとも『お前と話なんかしたくなかった』って言うつもりか? さもなきゃ、『お前のことなんか忘れたかった』と?
     言ってみろって。なあ、……なんか言えよ!」
    「……」
     天狐は次第に苛立ちだすが、その間大火はじっと、天狐を見続けていた。
    「何にも言えねえのかよ、クソ親父ッ!」
    「……お前に俺の感情を打ち明けるとすれば」
     と、ようやく大火が口を開いた。
    「それはお前に対しての恐怖であるとか、嫌悪であるとか、ましてや忌疎の念などでは決して無い。そんなものはお前に対して、一度も感じたことは無い。
     そしてネロ、お前の俺に対する考察には誤りがある」
    「と言うと?」
    「天狐の復活から20年、俺がこいつの前に現れなかった理由だ。
     俺はお前の父親であり、師匠だ。娘が、あるいは弟子が誤った方向へ進んでいるのならば、それは正す必要がある。
     しかしこの20年、お前は間違ったことをしたと、自分でそう思っているのか?」
    「……いいや」
    「だろう? だから会わなかった。会う必要が無かったから、な」
    「……なんだよ、ソレ」
     天狐の目から、ぽた、ぽたと涙がこぼれる。
    「『会う必要無い』、だと? アンタ、娘に会いたくなかったのかよ!?」
    「会ってどうなる? ……その点に関してはネロの言った通りになる。仲を諌めてくれる者がなくては、きっと俺たちは諍いを起こす。
     俺はお前を嫌ってなどいないが、お前に嫌われれば、それは俺にとっては非常に心苦しい。わざわざ口汚く罵られるために会いに行くなど、したいと思う筈も無い」
    「……っ」
     天狐はうつむいたまま、がっ、と机を蹴る。
    「……もしか、したら、……オレが相当気紛れ、起こして、……笑って出迎えるかも、知れねーだろぉ……っ」
    「なるほど」
     と、ハーミット卿が答える。
    「じゃあその気紛れが起きることを信じよう。
     タイカ、一度屋敷を出よう。僕たちは出直すよ」
     そう言うなり、ハーミット卿は大火の袖を引き、応接間から出て行った。
    「……え?」
     天狐は涙で腫れた目を、きょとんとさせる。
    「ど、……どう言うコトだよ? なんだよ? ロクに何も話してないのに」
     突然の展開に、秋也たちも面食らっている。
    「……オレたちも出た方がいいのかな」
    「ど、どうなんだろ」
    「い、行かないでよっ」
    「今出て行かれたら、すごい気まずいって」
     渾沌はただ一人、無言で傍観している。

     と――屋敷のドアがノックされる。
    「え?」
     場の空気から逃れようと、昂子が立ち上がる。
    「はっ、はーい! 今……」「待て」
     それを、天狐が止めた。
    「……オレが出る」
    「え、あ、……はい」
     天狐は顔を袖でぐしぐしと拭い、喉を軽く鳴らして玄関に向かった。
    「誰だ?」
     ドアの向こうから、声が返ってくる。
    「俺だ」
    「……分かんねーよ。……開けるぞ」
     天狐はドアを開け、そこに立つ大火とハーミット卿に、真っ赤になった顔を向けた。
    「……俺だ」
     大火は――彼にしては相当努力したのだろうと思えるくらいの――引きつった笑顔を彼女に向ける。
    「……オレ、今、相当気紛れ起こしてるからな。相当機嫌がいいから、こんなコトするんだからな」
     天狐も涙でぐしゃぐしゃになった顔を、にっこりとほころばせた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・清算抄 3】へ
    • 【白猫夢・清算抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・清算抄 3】へ
    • 【白猫夢・清算抄 5】へ