黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第3部

    白猫夢・清算抄 6

     ←白猫夢・清算抄 5 →白猫夢・清算抄 7
    麒麟を巡る話、第156話。
    黄家のいいニュース、悪いニュース。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     そして翌日。
     秋也とベルは渾沌の力を借り、央南・黄海に渡っていた。
    「半年ぶりくらいだなぁ」
    「そうね。前に帰って来たの、秋の半ばくらいだったし」
     街の様子に変わったところは無く、秋也にとっていつも通りのにぎわいを見せている。
     一方、初めて央南を訪れたベルはきょろきょろと辺りを見回していた。
    「全然、あたしんとこと雰囲気違うね。シュウヤが着てる服と同じ格好の人、いっぱいいる」
    「そりゃ、ココがオレの故郷だからな」
    「さあ、さあ。立ち話はそれくらいにして」
     と、渾沌が二人を急かす。
    「早いとこ、晴奈のところに行きましょ」
    「だな」

     半年ぶりに帰ってきても、やはり黄屋敷はいつも通りだった。
     秋也が玄関に入るなり、女中たちがわらわらと寄って来た。
    「あら坊ちゃん、お帰りなさいませ。お久しゅうございます」
    「ああ、ただいま」
    「いらっしゃいませ、渾沌さん。お変わりありませんようで」
    「ええ、おかげさまで」
    「こちらの可愛らしい方はどなたです?」
    「……?(何て言ったの)?」
     ちなみに央南に渡る前、ベルは秋也から簡単に央南語を教わってはいたが――いくらハーミット卿の血を引いているとは言え――数時間で習得できるほど、また、習得させられるほど、二人の頭は良くない。
     そのため話の大部分を、秋也がベルに通訳している。
    「(可愛い、って言ってくれたんだよ)。
     で、この子はオレの、……コホン、……婚約者」
     秋也がそう言ってベルを紹介した途端、女中たちは大騒ぎし始めた。
    「……あら、あらあら!」
    「まあまあ、お坊ちゃんが!」
    「おめでとうございます!」
    「ああ、うん、ども」
     そしてバタバタと、一斉に奥へと消える。
    「奥様、奥様! 大変です、大変ですよー!」
    「秋也お坊ちゃんがお嫁さんをお連れになって戻られましたよー!」
     少し間を置いて、二階から乱暴気味に戸を開ける音が響いて来た。
    「何だって? 秋也が? 嫁を?」
    「ただいまー」
     部屋から出てきた母、晴奈に、秋也は声をかけた。
    「ああ、おかえり秋也。……で、今の話は本当か?」
    「ああ。ここにいるのがそうなんだ」
    「あ、は、初めまして! ベル・ハーミットと申します!」
     その名前を聞いた晴奈は、考えるそぶりを見せながら階段を下りてきた。
    「ハーミット? どこかで聞いた名だな?」
    「えっと……、ネロ・ハーミットって覚えてる?」
    「ネロ? ……ああ、あの長耳の。……うん?」
     二人の前まで来たところで、晴奈はベルの顔をまじまじと見つめた。
    「となるともしや、お主の母親はジーナか?」
    「え、分かるんですか?」
    「ああ。『猫』であるし、目鼻立ちがそっくりだからな。なるほど、やはりあの二人は結婚したか。
     そしてその娘が、秋也を見染めるとは。ここ最近で一番の吉事だな」
     晴奈はそう言って――何故か寂しそうに笑った。

    「え、月乃が……!?」
     秋也は晴奈から、秋也の妹・黄月乃が晴奈に対し、離反したことを聞かされた。
     彼女はなんと黄派焔流道場から十数名を率い、小雪率いる紅蓮塞へと移ってしまったのだ。
    「立場こそ違うが、これではまるで、40年前の篠原蹶起と同じだ。恐らく、その結果、結末もな」
    「篠原って……、母さんが良く話してくれた、道を誤った剣士って言ってた、あの?」
    「ああ。彼奴も奥方の佞言に惑わされ、当時の家元に反旗を翻すも一蹴され、その結果隠密として汚れ仕事に埋没し、その挙句に恥ずべき戦犯、ただの悪党として末期を迎えることとなった。
     月乃は二度と、ここへは戻るまい。しかし黄派と本家との仲が悪い今、最悪の場合、両派は断絶することとなろう。そうなれば両方の流れを汲む月乃はどちらからも背かれ、立ち往生するやも知れぬ。
     篠原の二の舞にならなければいいが……」
    「大変なコトになってるんだな」
     しゅんとなる秋也に、晴奈も困った顔を向ける。
    「ああ、その通りだ。そしてこうなってくると、色々と困ることもあってな。
     目下の問題が、道場の跡継ぎだ。春司は早くからトムの仕事を継ぐと言っているし、月乃は出て行ってしまった。
     私の血筋からと考えると秋也、残るのはお前だけなんだが……、どうだ? 継ぐ気は無いか?」
    「えっ」
    「いや、勿論私が健在であれば、その間は私がやるつもりだ。私の身に何かあった後、と考えてくれればいい。どうだろうか?」
    「うー……ん」
     秋也はここに来た理由――西方で黄派焔流道場を開こうと考え、その許可を道場主である晴奈からもらおうと思い、訪れたことを明かした。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・清算抄 5】へ
    • 【白猫夢・清算抄 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・清算抄 5】へ
    • 【白猫夢・清算抄 7】へ