黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第4部

    白猫夢・逐雪抄 3

     ←白猫夢・逐雪抄 2 →白猫夢・逐雪抄 4
    麒麟を巡る話、第160話。
    大先生、雪乃の逐電。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     謀議を終え、小雪に追従していた者たちはバラバラと離れ、明日の計画実行の準備へと向かっていた。
     と――その一人であった笠尾が、辺りを伺いつつ紅蓮塞の本堂裏手、焔雪乃・良太夫妻の住む離れを訪れた。
    「もし、大先生……」
     辺りに漏れないよう、そっと声をかける。
    「起きていらっしゃいますか」
    「ええ。今開けるわ」
     少し間を置いて、雪乃が顔を出す。
    「あら、松くん?」
    「はい、笠尾松寿にございます。……失敬」
     笠尾はもう一度辺りを伺い、小雪派の者がいないことを確認してから、ひょいと中へ入った。
    「どうしたの、こんな夜中に?」
     既に真夜中近くであり、奥では雪乃の夫、良太がすやすやと眠っている。
    「その……」
    「ん?」
    「……た、単刀直入に、申し上げます。
     大先生ご夫妻は、お命を狙われております」
     笠尾の話を聞くなり、雪乃はため息をついた。
    「……小雪ね?」
    「左様でございます」
    「でも、あなたは何故それをわたしに?」
     己の立場を暗に問われ、笠尾は額に浮き出た汗を拭う。
    「……確かに小生は、現家元の立身を願っている者の一人ではございます。しかし同時に大先生にも、並々ならぬ大恩がございます。
     いや、……何より、家元ともあろう方が、こんな孝も忠も無い所業をするのか、と考えるに……、あ、いや、その。決して家元のことを悪く言うわけでは無いのですが、しかし……」
    「いいわ、それ以上言わなくて。気持ちは、分かってるつもりだから」
     そう言って雪乃は、笠尾の両手をふんわりと握る。
    「あっ、え、あの……」
    「ありがとね、松くん」
     雪乃はにっこりと微笑み、それから奥に戻りつつ、話を続ける。
    「すぐ発つわ。伝えてくれてありがとう」
    「た、発つ? そんな、急に……」
    「いいえ、急な話では無かったはずよ。
     去年、いえ、一昨年くらいから、我が焔流の風潮は悪い方へ、悪い方へと流れていた。いつか小雪は重圧と我欲に耐えかねて、こんなことをするんじゃないか、とは思っていたのよ。
     だから準備は万全よ。ね、良さん」
    「ふあ……、うん、ばっちりだ」
     眠っていたはずの良太が、雪乃と共に玄関へとやって来る。
    「でも、……まだ一つ、いや、二つ、……じゃないや、ふああ……、二人だ、残してる」
    「良蔵様と、晶奈様ですね」
    「ええ。ここに残したら、きっと小雪はただでは置いておかないでしょうね。
     ねえ、松くん。二人を呼んで来てもらっても、いいかしら?」
     良蔵と晶菜とは、雪乃たちの第二子と第三子、つまり小雪の弟妹である。
     小雪と同様、幼い頃から紅蓮塞で修行を積ませていたが、この数年は二人とも門下生用の寮に住んでおり、この離れからは遠い。
    「承知しました。しかし……」
    「そうね、恐らく見つかったら危険でしょうね。
     ……あ、逆にすればいいかしら」
    「と、言うと?」
    「わたしが迎えに行けばいいのよ。
     いくらなんでも、明日襲う予定の人間を今夜、独断で、しかも単騎で襲うなんて度胸と無鉄砲さは、小雪にも、お付きたちにも無いでしょう?」
    「そ、れは……、そう、かも」
    「それにわたし、こう言う時にうってつけの、『とっておき』の術があるから」
    「とっておき、……ですか?」
     面食らう笠尾を尻目に、雪乃は羽織と刀を身に付ける。
    「松くん。夫を塞外の、安全なところまで運んでくれるかしら?」
    「いや、しかし……」
    「お願い」
     雪乃はそう言って、笠尾に頭を下げて見せた。
     笠尾は当然、狼狽する。
    「せっ、先生! そんな、頭をお上げください!
     ……わ、分かりました。この笠尾、責任持って塞外までお送りいたします」
    「ありがとね」
     雪乃は頭を上げ、再度にっこりと微笑んだ。
    「……ところで」
     と、雪乃は表情を変える。
    「松くん、あなたはその後、どうするの?」
    「その後、……と言うと?」
    「わたしたちを逃がしてくれるのは、本当に助かるわ。でもこれが発覚すれば、あなたはきっとただでは済まないはずよね?
     あなたさえ良ければ、一緒に来てくれると、もっと助かるんだけど」
    「……考えさせてください」
    「いいわ。塞を出たところで、答えを聞きましょ」
     雪乃はもう一度微笑み、それからそっと、離れを出た。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・逐雪抄 2】へ
    • 【白猫夢・逐雪抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・逐雪抄 2】へ
    • 【白猫夢・逐雪抄 4】へ