FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第4部

    白猫夢・明察抄 1

     ←2013年2月携帯待受 →白猫夢・明察抄 2
    麒麟を巡る話、第166話。
    神器の書、信念の書、矜持の書。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     焔流分裂から1週間が経った、双月節も間近のある夜。
    「すみません、質問させていただきたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?」
     そう挨拶して朱明が、黄屋敷内の雪乃一家が仮住まいしている部屋へと訪ねてきた。
    「あら、朱明くん。質問って、わたしに?」
    「ええ。あ、もしかしたらこの話は、良太先生の方が詳しいかも知れませんが」
    「僕?」
     娘の晶奈と囲碁に興じていた良太が、顔を挙げる。
    「はい。腑に落ちないことが一点あったので、確認したいのですが」
    「って言うと?」
    「『証書』のことです。
     試験会場が特殊であることは、僕も『向こう』で入門試験を受けた身なので分かっています。確かにあのお堂は二つとない施設であり、本家焔流の証となるでしょう。
     でも証書もまた、本家本元の焔流であることの証明であると言うのが、どうも腑に落ちないのです」
     質問を受け、良太はコクリとうなずく。
    「なるほど。普通の書であれば確かに、複製もできる。そうしてしまえば済む話なのに、どうしてこれに固執するのか、と」
    「ええ」
     これを受け、良太は金庫から証書を取り出し、雪乃に声をかける。
    「雪さん。ちょっとこれを『火刃』で斬ってみて」
    「えっ!?」
     面食らう朱明に構わず、雪乃が応じる。
    「ええ。……はあッ!」
     雪乃が用いたのは刀ではなく、玄関に立てかけていた番傘だったが、それでも相手は「紙」である。
     良太がぽんと投げた証書が一瞬のうちに炎に包まれたのを見て、朱明は珍しく声を荒げた。
    「な、何をするんですか!?」
    「でも、ほら」
     良太が指差した先には、何事も無かったかのように証書が転がっていた。
    「……あ、あれ? 燃えて、……ないですね?」
    「と言うわけなんだ。つまり、これはいわゆる『神器』の一種で、複製のしようが無い、つまりこれもこれで、元祖の焔流だって言う証明になるんだよ。
     もっとも、それを差し引いても」
     良太は証書を広げ、そこに連ねられた名前を朱明に見せる。
    「これだけの人数が焔流の名前を背負ってくれてきたんだ。
     焔流と言うのは『焔玄蔵からの血筋が代々受け継いできた剣術一派』じゃない。これら数百、いや、千にも届こうかと言う数の人間が仁義と礼節の元に紡いできた、真に世界に誇れる『生き方』なんだ。
     これを複製してごまかそうなんて言う輩は、それこそ本家焔流の人間じゃない。その歴史を顧みず、嘘をついてその誇りを貶めるような者が、焔流と名乗ってはいけない」
    「なるほど……。ありがとうございます、良太先生」
    「いやいや」
     良太は肩をすくめ、こう返した。
    「僕は先生じゃないよ。ただの書庫番のおじさんさ」
     と、ここまで会話を傍で聞いていた晶奈が、ぽつりとこうつぶやく。
    「父上の人柄と知性であれば、とてもいい先生になれると思います。と言っても剣の、ではなく、学問の方のですが」
    「はは、それもいいね」
     良太は笑って返すが、雪乃がこれを聞いて、意外なことに顔を曇らせていた。
    「……」
    「どうされました、大先生?」
    「……ねえ?」
     雪乃は神妙な顔をし、良太と晶奈にこう尋ねた。
    「二人とも、まさか盗み聞きなんてしてない、……わよね?」
    「え?」「何を?」
     きょとんとする二人を見て、雪乃は一転、顔を赤らめさせた。
    「あっ、……ううん、なんでも。わたしの勘違いだったみたい。ゴメンね」
    「ん……?」
     怪訝な顔をする皆に、雪乃はいたたまれなくなったらしい。
    「……あ、あのね。実はまだ話がまとまってないから、まだもしかしたら、仮にって、そんなくらいの話なんだけどね。
     晴奈と明奈さんから、こんな話を打診されたの」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2013年2月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・明察抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2013年2月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・明察抄 2】へ