FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN ~荒野の名探偵~ 14

     ←DETECTIVE WESTERN ~荒野の名探偵~ 13 →DETECTIVE WESTERN ~荒野の名探偵~ 15
    ウエスタン小説、第14話。
    名探偵の登場。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    14.
     ボン、とサルーンの中に重い音がこだまする。
    「……っ!」
     ディーンは胸を押さえ、顔を真っ青にした。
    「ディーン!?」「お、おい……!」
     ミヌーとアデルの二人も顔を蒼ざめさせ、立ち上がる。

     ところが――。
    「あれ?」
     ディーンが唖然とした顔をしつつ、胸から手を離す。
    「オレ、……撃たれてねえ」
    「へ?」「え?」
     一転、ミヌーたちも目を丸くした。
    「……うっ、お、……おお」
     反対に、「ウルフ」がうずくまり、先程まで拳銃を握っていた右腕を、左手で押さえようとしている。
    「している」と言うのは、その押さえようとしている右腕が肘の先からズタズタになり、消し飛んでしまっていたからだ。
    「て、てめ、え……」
     顔中に脂汗を浮かべながら、「ウルフ」は横を向いた。
    「え……?」「まさか?」
    「ウルフ」の視線の先には、先程までずっと下を向き、皿を拭いていたマスターの姿があった。
     そのマスターは今、右手一本でショットガンを構えている。どうやら「ウルフ」がディーンを撃ち殺そうとするその直前に、マスターが「ウルフ」を銃撃したらしい。
    「ようやく正体を現したな、『ウルフ』。いや、ウィリス・ウォルトン」
    「な、に……? 何故、俺の、名前を……っ」
     うずくまったまま尋ねた「ウルフ」に、マスターはニヤ、と笑って見せた。

     次の瞬間、ミヌーもアデルも、ディーンも、そして恐らくは「ウルフ」とその部下たちも、これ以上無いくらいに驚かされた。
     それまでずっと、黙々とカウンターの中に突っ立っていたマスターが、いきなりぐい、と己のヒゲをつかみ、引き千切ったのだ。
    「いてて……、まあ、ちょっとばかり待ってくれ」
     そうつぶやきながら、次にマスターは白髪まじりの頭髪に手をかけ、はぎ取る。続いて蝶ネクタイを緩め、ベストを脱ぎ、緩められた襟元に手を入れて肉じゅばんを取り出し、それまで皿を拭いていたタオルで顔のしわをつるりと拭き取り、そして極め付けにはなんと、急に7インチも背を伸ばして見せたのだ。
     つい先程まで老人だったはずのマスターが、いかにも聡明そうな、しかしどこかひょうきんさも感じさせる、痩せた壮年の男へと変身したのだ。



    「て、てめえ、誰なんだ」
    「東洋のことわざを引用していたが、これは知っているかな? 東洋の狐は人に化けるそうだ。わたしも同じ『狐』なら、他人に化けることなんか造作も無い。
     お前ほどの賢しい奴なら、わたしの正体にもピンと来るんじゃあないかな」
    「狐だと、……! まさかお前が、ジジイに、呼ばれていたのか、っ」
    「その通り。
     このジェフ・パディントン――通称『ディテクティブ・フォックス』が、お前を捕らえに来たんだ」
    「……て、言うか」
     恐らくこの場において最も肝を潰していたのは、アデルだっただろう。
    「局長……、何故、アンタがここにいるんスか」
    「何故ってネイサン、そりゃあわたしが、ここの町長とは古い付き合いだったからさ。
     その旧友が、『どうも最近うちに出入りする行商人が怪しい』と電報をくれたんだ。それを受けたわたしは、彼と、彼の友人だったここのマスターと共謀して入れ替わり、その怪しい行商人や他の町民、客たちをそれとなく監視していたのさ。
     ちなみに本物のマスターは今、わたしの局で局員たちに、コーヒーを振る舞ってくれているはずさ。もっともネイサン、君は『デリンジャー』探しで3ヶ月ほど局にいなかったから、その事情は知る由も無かっただろう。
     さて、『ウルフ』。小賢しいお前のことだ、恐らく今は既にある程度の冷静さを取り戻しており、部下にどうやってこのサルーンを一斉攻撃させようかと、頭の中で算段を練っているのだろう。
     ところが外に待たせているお前の残りの部下は、少なくとも50人はいるはずなのに、何故か彼らは、衣ずれの音一つ発してこない。これは少しばかり、おかしいんじゃあないかな?」
    「……州軍まで、動かして、……包囲し返し、やがったな」
    「なかなか理解が早い。そう言うわけだから、無駄な抵抗はしない方がいいぞ。
     この先散々苦しめられることも、お前なら分かっているはずだ。これ以上苦痛を増やしてどうする?」
    「……く、……そおっ」
    「ウルフ」は顔を土気色にし、その場に倒れ込んだ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN ~荒野の名探偵~ 13】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN ~荒野の名探偵~ 15】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    真打の登場です。
    いいとこ全部取って行っちゃいました。

    NoTitle 

    キターーー!
    ついに出ましたねー。

    とりあえず、拍手喝采。

    NoTitle 

    伏線……? ちょっと見当が付かないです。
    何か拾い損ねたかな……(;´∀`)

    誰を疑っていたのか、聞いてみたいですね。

    NoTitle 

    先生。つかぬことをお聞きしますが、伏線の説明はしていただけるのでしょうね……。見当違いの人を疑ってしまいましたわい(汗)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN ~荒野の名探偵~ 13】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN ~荒野の名探偵~ 15】へ