FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第5部

    白猫夢・流猫抄 2

     ←白猫夢・流猫抄 1 →白猫夢・流猫抄 3
    麒麟を巡る話、第208話。
    黒い猫獣人と茶色い猫獣人。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    (流れに流れてこんなところまで来たけど……)
     彼女は街道沿いに唯一残っていた街路樹にもたれつつ、市街地を見渡してため息をつく。
    (うわさ以上ね、央北って。ゴミ売ってゴミを稼いでるようなもんじゃない)
     彼女は鞄から新聞を取り出し――道端に落ちていたようなものでは無く、1ヶ月前に央中で、暇つぶしのため買ったものである――経済欄を確認する。
    「1エルが……、大体で、220か230クラムってところかしら。あ、でも1ヶ月前の話だから、もっと安いかしら。
     んー……、じゃあさっきあいつに投げ付けた100エルって、こっちじゃ結構価値があったのね。無駄遣いしちゃったかな」
    「いいんじゃない? あたしから見ても面白かったし」
     横からの声に、彼女の茶色い猫耳がぴくんと動く。
    「誰、アンタ」
     そこにいたのは、赤毛に黒い毛並みをした――とは言え、その生え際からは白い地毛が見え隠れしており、染めたものと分かる――自分と同じ猫獣人だった。
    「誰でも。……ねえねえ、あたしにも新聞見せて」
    「嫌」
    「いいじゃない」
     そう言うと黒耳の「猫」は、茶耳からひょいと新聞を取り上げる。
    「あ、こら」
    「まーまー。……ってこれも大概古いわね。
     代わりにあたしの見せてあげる。こっちの方がまだ新しいわよ」
     黒耳から受け取った新聞を広げ、茶耳は顔をしかめた。
    「これも古いじゃない。半月前の」
    「だから新しい情報が欲しかったんだけどね。……あーあ、ここって本当にボロっちい街。何にも手に入りゃしない」
    「そうね。アンタのそのコーヒーゼリーみたいな耳も、簡単に染められなさそうだし」
    「アンタだってそうじゃない」
     黒耳は口を尖らせ、茶耳を指差す。
    「アンタも染めてるクチでしょ? 色、抜けかかってるし」
    「え、マジ?」
     茶耳はぽふ、と両手で耳を隠す。
    「あと何か、斑(まだら)になってる。自分でやったでしょ」
    「え、ええ、そう」
    「どっかで染髪料見付けたらさ、あたしがやってあげようか?」
     馴れ馴れしく提案してくる黒耳に、茶耳は顔をしかめる。
    「嫌よ。名前も知らないような奴に、触らせたくないわ」
    「あ、そっか」
     黒耳は新聞をリュックにしまいながら、自己紹介した。
    「あたしはプレタ。あっちこっち旅してる。歳は21。好きなものはスズキのカルパッチョ。市国で食べて以来病み付きなのよ」
    「そんなことまで聞いてないし、聞くつもりも、……って」
     プレタを邪険にしていた茶耳が、きょとんとする。
    「21歳?」
    「そう」
    「あたしと同い年ね」
    「あれ、そうなの? もっと下かなと思ってた。童顔なのね」
    「こっちの台詞よ。10代だと思ってたわ」
    「……へー」
     これを聞くなり、プレタはニコニコ笑い出した。
    「何よ?」
    「似てるなー、って」
    「あたしと? ……そうね」
     茶耳は何故だか、この馴れ馴れしい、同い年で同じ猫獣人の女性に、不思議な親近感を覚えていた。
    「ちょっとどっかで、座って話さない? マシなの売ってる露店でも見つけてさ」
    「ええ、いいわよ。
     それでアンタ、名前は? あたしが名乗ったんだしさ、教えてくれてもいいかなー、って思うんだけど。
     それにいつまでも『アンタ』じゃ話しにくいし」
    「ん……」
     茶耳は少しためらったが、こう答えた。
    「……マロンよ。ちなみにアンタはスズキ、カルパッチョにしたのが好きって言ったけど、あたしは塩焼き派だから」
    「あら、惜しい」

     少し歩き回ったところで比較的綺麗な露店を見付け、二人は近くにあった適当な木箱に並んで腰かけた。
    「はい、オレンジジュースで良かった?」
    「ええ、ありがと」
     最初は邪険にしていたマロンだったが、いざ話し出すと、不思議なほどプレタとは気が合った。
    「ねえ、プレタは何でこんなところに?」
    「特に目的も無く、って感じ。フラフラしてただけ」
    「あはは……、あたしもよ。フラフラしてた」
    「似てるわね、本当。背も体格も一緒くらいだし。もしかして体重やスリーサイズまで一緒だったりして」
    「まさかぁ」
     と、ここで会話が止まる。
     二人は顔を見合わせ、ほぼ同時に口を開く。
    「……上から」
     そして同時に、同じ数値を述べた。
    「85・58・84」
     一瞬の間をおいて、プレタが顔を赤くしつつ指摘する。
    「嘘つき。82・60・84でしょ」
    「……バレた?」
    「そりゃ、……あたしもサバ読んだもん」
    「……あはははっ」
     二人とも顔を真っ赤にし、大笑いした。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・流猫抄 1】へ
    • 【白猫夢・流猫抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・流猫抄 1】へ
    • 【白猫夢・流猫抄 3】へ