FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第5部

    白猫夢・流猫抄 4

     ←白猫夢・流猫抄 3 →白猫夢・流猫抄 5
    麒麟を巡る話、第210話。
    スカウト。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     恐らくその男たちは、刀一本で突然襲い掛かってきた彼女たちを、追い込まれて気が触れたか、捨て鉢になったかとしか思っていなかっただろう。
     多少は虚を突かれたらしく、構えられていた小銃がわずかにぶれる。それでも男たちの勢いは止まることなく、二人と交差した。
    「……!?」
     ところが――次の瞬間、彼らは愕然とする。ほんの直前まですぐ目の前、ばっちり捉えられる位置にいたはずの彼女たちが、姿を消したからだ。
    「う……っ」
     気付いた時には、彼女らが自分の真横や、背後にいる。
    「うげっ!?」「ぎゃっ!」「まじ、か、よ……」
     そして全員が、一瞬のうちに倒されていた。

    「……ま、こんな真っ昼間から血の海なんか見たくないし、峰打ちで勘弁してあげるわ」
     刀を納めたマロンは、プレタに声をかける。
    「どうする、これから?」
    「そうね……」
     プレタは辺りを見回し、こう返した。
    「ケチが付いちゃったから、もうここに長居する気にもならないわね。全体的に臭うし」
    「同感ね。じゃ、さっさと……」
     マロンが応じかけた、その時だった。
    「すごいな、あんたら」
     短耳の男が一人、平手でプレタたちに近付いて来た。
    「……」
     これ以上この街と関わり合いたくないと考えていた二人は、互いにさっと目配せし、男を無視して立ち去ろうとした。
    「待ってくれ」
     が、男は慌てて駆け寄って来る。
    「……なに?」
     いかにも面倒臭いと言う声色で返したマロンに、男は頭を下げた。
    「俺に付いて来てくれないか?」
    「なんで?」
     男の唐突な申し出に、当然マロンはうざったそうに尋ね返す。
     それでも男はぺこっとお辞儀をし、丁寧な態度で話してくる。
    「人手を探してるんだ。いわゆる、荒事をやってくれるって奴を。
     いや、ただ暴れりゃいいって話じゃない。ちょっと……、俺たちの組織と対立してる、手強い勢力がいてな。そいつらとやり合うために、できる限り強い奴が欲しい。
     で、そう言う奴を探してるところで、あんたらが揉めてるのを見付けてさ。傍から見てりゃ、とんでもない腕前じゃないか。こりゃあ唯一無二の逸材だ、そう思って声をかけさせてもらったんだが……」
    「荒事をやってもらいたいって、つまり傭兵ってこと?」
     まともに応じたプレタに、男はほっとした顔を見せる。
    「そうだ。あんたらが来てくれりゃ、すごく心強い。報酬も弾むからさ、な?」
    「報酬ったって、どうせクラムでしょ?」
     フンと鼻を鳴らし、プレタは断ろうとする。
    「あんなクズみたいな金、いくらあろうがお断りよ」
    「いやいや、クラムじゃない」
     男はそう言って、懐から紙幣を取り出した。
    「……何それ」
    「俺たちの側の金だ。ほんの4、5年前に発行した通貨で、コノンと名付けられた」
    「価値は? 1エル換算でいくら程度なの?」
     プレタに問い詰められ、男は目をそらす。
    「今のところは、……その、今のところは、だぜ。まだ取引されてない」
    「ゴミじゃない。ここ以外じゃ使えないんでしょ」
    「そのうち使えるさ。俺たちが『戦い』に勝てばな」
    「戦い? さっき言ってた、対立してる奴との?」
    「そうだ。あんたたちも知っての通り、今、央北では2つの勢力が争ってるんだ。俺たちは『新央北』側なんだ」
     こう説明されても、二人にはピンとこない。
    「しん……?」
    「何?」
     二人の反応に、男は一瞬困ったような目を見せる。
    「知らない? こっちじゃ一番ホットな話題なんだが、……その反応だと、央北事情にはあんまり詳しくなさそうだな。
     じゃあ、その説明も兼ねてさ、どこかで飯でもどうだろう」
    「……どうする?」
     耳打ちしたマロンに、プレタは小さくうなずいて返した。
    「お腹も空いたし、色々教えてくれるんなら、行って損は無いと思うけどね。もし何かするつもりなら、また暴れるだけよ」
    「勘弁してくれ」
     プレタの物騒な言葉に、男は蒼い顔になった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・流猫抄 3】へ
    • 【白猫夢・流猫抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・流猫抄 3】へ
    • 【白猫夢・流猫抄 5】へ