FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第5部

    白猫夢・流猫抄 7

     ←白猫夢・流猫抄 6 →白猫夢・流猫抄 8
    麒麟を巡る話、第213話。
    変人侯爵。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     マルセロに案内され、二人は大きな屋敷へと入った。
    「街中ゴミだらけだったけど、ここは綺麗ね。塵ひとつ落ちてないし、それなりに金持ちそうな造り」
     プレタにそう褒められ、マルセロは「はは……」と笑う。
    「言わば市長官邸だからな。ここが汚かったらどうしようもないぜ」
    「市長官邸?」
     マロンに尋ねられ、マルセロは廊下を歩きつつ説明する。
    「本来の名前は旧トランプ邸つって、元々この街の大地主の家だったんだが、何だかんだで没落したらしい。で、当時の市長が買い取ったらしいが、なーんでか……」
     廊下の途中にあった、人相のまるで揃わない肖像画の列を指差し、マルセロは笑う。
    「その市長やってた奴の一家も、代が替わった途端に破産して夜逃げ。その後も何度か持ち主が替わったんだが、三代保った試しが無い。
     やがてこの家は……」
     くる、と二人に向き直り、マルセロは声色を変えてこう続けた。
    「『貧乏神邸』なんて言う、ひでー名前が付いたってわけさ」
    「……そんないわくつきの家を官邸に?」
     怪訝な顔をしたプレタに、マルセロは肩をすくめて見せた。
    「そこが俺の雇い主、トラス卿の一番ヘンなところさ。変わり者なんだ、トラス卿は」
     と、マルセロの背後からすう……、と音も無く、狼獣人の男性が忍び寄ってきた。
    「変わり者で結構」「おわっ!?」
     その狼獣人に肩をつかまれ、マルセロは目を丸くする。
    「き、卿!?」
    「私くらい変人でなきゃ、わざわざ紙で金を造ろうだなんて思わんよ。しかし実際は大成功してるわけだ。じゃあ変わり者だっていいじゃないか。そうでしょう、お嬢さん?」
    「はあ……」
     目を白黒させているマロンに、その銀髪に茶と銀の毛並をした狼獣人はにっこりと笑いかけた。
    「お初にお目にかかります、『猫』のお嬢さん方。私が『新央北』の風雲児、ショウ・トラス侯爵だ。以後、お見知り置きを」
    「ど、どうも」

     マルセロが言った通り、確かにトラス卿は変人のようだった。
    「そもそもこの家を買った経緯だが、元々は私の父が央北分裂の際、この街とその周辺を国として独立させたわけでな。
     分裂前、父は『ヘブン』の内務大臣でね。『ヘブン』の王様があんまりにも信用が無さそうだ、ああこりゃ『ヘブン』も長くないなと見切って、早々にこの街を我が物にしようと画策したと言うわけだ。
     その目論見は成功し、ついでにヘブン王国からちょっとばかし――ヘブンズ・クラムじゃない方の、通称『オリジナル』クラムで7、8億ほど――ちょろまかし、トラス王国を立ち上げたわけだ」
     トラス卿は二人が席に着くなり、ぺらぺらと自分とこの国の経歴を語りだした。
    「なかなかの出世譚ですね」
     プレタがそう返したが、トラス卿は一転、しょんぼりとした顔になる。
    「いやぁ、ところがだ。お嬢さんもご存知の通り、オリジナル・クラムからヘブンズ・クラムに切り替わって以降、価値は著しく下がってしまったわけで。独立当初は栄華を極めた我が国も、コノン発行前までは貧乏、貧乏で汲々としていた」
     かと思うと、今度は居丈高になる。
    「その上鼻持ちならぬあの天政会がヘブン王国を牛耳り、クラムの命脈を握り締めてしまった! これはいよいよ古の悪夢、神権政治による中央政府の復活となるのではないか、そう危惧する者も大勢……」「そこは聞きました」「おお、そうだったか」
     トラス卿は表情を真面目なものにころっと変え、こう続ける。
    「まあ、そうした諸侯を集めて同盟を作り、『天政会』に対抗しようと蹶起。それが現在、私が主導している『新央北』と言うわけだ」
     得意げな顔をしたトラス卿に、マロンが尋ねる。
    「あの……、それで卿、この家を購入された経緯と言うのは?」
    「あ、そうだった。いやいや、脱線してしまって申し訳無い。
     そうそう、父がトラス王国を建国した時官邸にしていたのが、父の持っていた別荘でな。しかし国としての体面が整うにつれて、何かと手狭になってしまった。
     じゃあもっと大きい屋敷を造るか買うかしようと言うことになり、そこで目を付けたのがこの、『貧乏神邸』だった。
     イッシオ君から聞いた通り、この屋敷は悪評のために誰も住みたがらず、ずーっと空き家となっていたから、かなりの安値で買えた、と言うわけだ」
    「なるほど」
    「もしも悪評が本物だったら、私か、私の子供の代で潰れるとのことだが、……ま、その点は心配無用。
     私には子供どころか、伴侶もいないのでな、わはは……」
     トラス卿は笑って見せたが、二人と、横にいたマルセロは苦笑いを返すしかなかった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・流猫抄 6】へ
    • 【白猫夢・流猫抄 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・流猫抄 6】へ
    • 【白猫夢・流猫抄 8】へ