FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第5部

    白猫夢・流猫抄 9

     ←白猫夢・流猫抄 8 →クルマのドット絵 その56 / 生放送始めました
    麒麟を巡る話、第215話。
    姉妹の契りと、古い夢。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
    「おお、そうか! いや、非常に助かる、ありがとう」
     喜ぶトラス卿に、二人はまた同時に人差し指を立て、条件を出す。
    「その代わり報酬と、しばらくあたしたちの住む場所は、うんと奮発してよね」
    「ああ、いいとも。……いや、そうだな」
     トラス卿は一瞬考え込む様子を見せ、こう返した。
    「二人ともここに住むか?」
    「え?」
    「この街で住むのに一番いい場所は、間違いなくここだ。不足は無いが、どうかな?」
    「いいの?」
    「私しか住んでないからな。一人で持て余していたところだ。
     いや、無論、こんなむさ苦しい中年男がずっと側にいるなんて嫌だ、と言うなら、別の住まいを探すが」
    「……んー」
     プレタがマロンに耳打ちし、相談する。
    「あたしは別に構わないけど、あんたは?」
    「いいわよ? 面白いおっさんだし」
    「じゃ、決まりね」
     二人がうなずいたところで、トラス卿はにっこりと笑った。
    「うむ、よろしく。……と、名前を聞いてなかったな」
    「あ、そう言えばそうね。あたしはプレタ。こっちはマロン。姉妹みたいなもんよ」
    「うむ。……では早速、部屋を見繕うとしよう」

     トラス卿から部屋を与えられ、二人は早速休むことにした。
    「作戦会議は明日、別のところで行う。それじゃゆっくり休んでくれ」
    「ありがと」
     と――扉を閉める直前、トラス卿が不安そうな顔をする。
    「遠慮してないか?」
    「いいえ?」
    「一人一部屋でも構わないんだが……、本当に二人一緒で良かったか?」
    「ええ。色々話もあるから」
    「そうか。……うん、まあ、それじゃ。
     お休み、お嬢さん方」
     扉が閉まったところで、ベッドに腰掛けていたマロンが口を開く。
    「……完璧、姉妹ってことになったわね」
    「いいじゃない。あれこれ説明するより手っ取り早いし」
    「あ、ううん。不満は無いのよ。ただ……」
    「ただ?」
     マロンはニッと、口角を上げて見せた。
    「あたし、お姉ちゃん欲しかったのよね。兄とかはいたけど」
    「……そーね。あたしも妹とか、女の子の兄弟欲しかったわ」
    「えへへ……」
     どちらからともなく、笑いが漏れる。
    「ね、ね」
    「ん?」
     マロンはベッドからぴょんと立ち上がり、プレタにこう耳打ちした。
    「あたしたちに苗字付けるとしたら、何にする?」
    「んー……、そうね……」
     悩むプレタに、マロンが続ける。
    「あたし、いい案があるのよ。ミニーノってどう?」
    「……いいかもね。じゃ、これからしばらくはミニーノ姉妹ってことね」
    「うふふ……、よろしくね」
     マロンは顔を真っ赤にしつつ、ベッドに寝転んだ。
    「じゃ、お休みっ!」
    「はいはい、お休み」
     プレタも自分のベッドに入り、すぐに眠りに就いた。



     彼女は夢を見た。
     それはまだ13歳の頃――彼女が央南にいた頃の思い出だった。
    「ねえ、朔明さん」
    「うん……?」
     傍らで自分を優しく眺めてくれていた男に、彼女は微笑んだ。
    「あたし……、あなたの悲願が叶えられるなら、何でもするから」
    「ああ……」
     男は彼女の唇に、ちょんと自分の唇を重ねた。
    「君が手を貸してくれるなら、成功しないはずが無いさ」
    「ええ。……ええ、だから、……朔明さん」
    「ん?」
    「……あたしを、愛してると言って。そう言ってくれたら、あたし、この先一生、あなたに付いて行くから」
    「……はは」
     男は笑い、彼女の頭を撫でながら、彼女の言う通りに応えた。
    「愛してるよ、月乃」

     そう答えた男の顔は――木の洞のようだった。



    「うあ……っ!」
     がば、と飛び起きる。
    「……はぁ……はぁ……」
     甘い思い出が悪夢に変わり、彼女は全身に汗をかいていた。
    「……んにゃ……どうしたの……?」
     声をかけられたが、彼女は取り繕う。
    「……ううん、何でもない。変な夢見ちゃった」
    「……こっちで一緒に寝る……?」
     その提案に、彼女は素直に従った。
    「そうするわ。……ごめんね、お邪魔するわ」
    「いいわよ、そんなの……」
     今度は二人で一緒に、眠りに就く。

     かつて「黄月乃」だった彼女は――今度は昔の夢を見ず、ゆっくりと眠ることができた。

    白猫夢・流猫抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・流猫抄 8】へ
    • 【クルマのドット絵 その56 / 生放送始めました】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・流猫抄 8】へ
    • 【クルマのドット絵 その56 / 生放送始めました】へ