黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第5部

    白猫夢・隼襲抄 3

     ←白猫夢・隼襲抄 2 →白猫夢・隼襲抄 4
    麒麟を巡る話、第218話。
    夜に紛れて。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     現地入りから2日後、マルセロから全隊に連絡が入った。
    《敵のアジトに動きがあった。どうやら今夜のうちに資金を運び出すようだ。
     運び出す金は全部じゃないだろうが、それでも二手に分かれる分、警備は手薄になる。運び出された方は放っておいて、残りを奪いに行くぞ》
    「了解!」
     通信を終えるなり、グレゴは拳を振り上げて怒鳴る。
    「準備はいいか、お前らッ! ブッ込んでいくぞッ!」
    「おうッ!」
     隊員たちは武器を振り上げ、これに応じた。
     プレタたちも一応拳を上げて応じる。が、グレゴが苦い顔を向けて来た。
    「声が小さい! もう一回! 行くぞーッ!」
    「……おー」



    窓を閉め切った、小ぢんまりとした建物から司祭と、彼を囲む形で兵士が現れる。
     その司祭の背後には、同様に兵士が2名と、エル貨幣を大量に積んだ木箱が続く。
    「お、お願いしますね、みなさん」
    「……」
     司祭はおどおどとした物腰で、兵士や、背後の木箱をきょろきょろと落ち着きなく確認するが、兵士たちは黙々と歩を進める。
    「本当にその、大変な任務ですよね、ね、本当」
    「……」
    「いや、私もまさかこんな危険な役目を任されるなんて、本当、思いもしなくてですね」
    「……司祭殿」
     と、前を歩いていた兵士が、司祭に顔を向けず応える。
    「お静かに願います」
    「あ、は、はい、どうもすみません、本当。いや、いつもは物静かなんですよ、私。でも緊張すると、何かしゃべらないと間が持たないって言うか……」
    「司祭殿」
    「……あ、すみません」
     ようやく司祭が黙り込んだところで、その兵士が立ち止まった。
    「ど、どうしました?」
    「いや……、何か物音がしたような、と」
     兵士たちは小銃を構え、辺りを警戒する。
     と、路地裏からひょこ、と猫が姿を見せた。
    「な、なんだ、猫じゃないですか」
    「そのようですな」
     兵士はそう返し、猫に向けて小銃を撃った。
    「なっ……!」
     当たりこそしなかったものの、猫は相当驚いたらしく、悲鳴のような鳴き声を上げて走り去っていった。
    「なっ、何をなさるのですか!」
    「作戦の邪魔ですから」
    「無益な殺生はいけません!」
    「……あなたの上司の、大司祭殿も仰っていたではないですか。『自分を脅かす者があった場合には攻撃して構わない』と」
    「あなたは猫に襲われて死ぬような人ではないでしょう!? どこが脅威ですかっ!
     まったく、不信心な! いいですか、聖書の『大卿行北記』第6章第3節には……」「ええ、ええ、分かりました。行きましょう、司祭様」
     司祭がわめきたてるまま、一行はその場から去って行った。

    「……あ、あっぶねぇ」
     物陰に潜んでいたB隊隊員の一人は、すぐ目の前に空いた壁の穴を見て、冷や汗をかいていた。
    「運が良かったな。もう少し前にいたら、作戦開始前に殉死してたぞ」
    「良いのか悪いのか分からんよ……」
     隊員たちは恐る恐る往来を確かめ、人の姿が無いことを確認する。
    「よし、進むぞ」
     B隊は往来に移り、「天政会」の人間が来た方へと駆け出した。
     間もなく先程の、小ぢんまりとした建物に到着し、そこでまた物陰に隠れる。そこでB隊隊長、ジェラルドが作戦の再確認を行った。
    「攻撃の手筈は分かっているな?
     まず閃光手榴弾を投げ込み、入口付近の兵士を行動不能にする。そこで第一班が乗り込み、外から手榴弾と小銃を使用し内部を攻撃。
     この際に内部からの攻撃があることが予想されるが、それを想定して第二班が魔術封じと煙幕を使い、敵の魔術と銃火器とを無力化させる。
     内部の敵が全滅、あるいは戦闘不能となったところで内部へ潜入。この辺りで既に出発していた敵兵が戻ってくる可能性があるが、それはC隊が処理することになっているため、我々は資金の回収に徹すること。
     資金を回収し次第イッシオ司令に連絡し、A隊をよこしてもらって離脱。……全員、大丈夫だな?」
     無言でうなずく隊員たちを確認し、ジェラルドは命令を下した。
    「作戦開始だ」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2013.5.4 加筆修正(詳細は『白猫夢 目次 / 拍手コメントへのお返事』にて説明しています)
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・隼襲抄 2】へ
    • 【白猫夢・隼襲抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・隼襲抄 2】へ
    • 【白猫夢・隼襲抄 4】へ