FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第5部

    白猫夢・隼襲抄 4

     ←白猫夢・隼襲抄 3 →白猫夢・隼襲抄 5
    麒麟を巡る話、第219話。
    作戦遂行。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     B隊の一人が物陰に隠れたまま、閃光手榴弾を投げ付ける。
    「……?」
     相手の兵士が地面に視線を落とした次の瞬間、ボン、と言うくぐもった音と共に、真っ暗な往来が一瞬、真っ白に染まる。
    「うわ、うわーっ!?」
    「み、耳っ、目がっ、うあっ」
     強烈な音と光で、兵士たちは悶絶する。
     同時にB隊が小銃を構えながら、建物前へと駆け出してきた。
    「今だ、撃て、撃てッ!」
    「了解!」
     隊長の号令に従い、B隊全員が走りながら小銃を撃ち散らす。
    「うあ……っ」「ぎゃっ!」
     武器を落とし、半ばうずくまっていた兵士たちは、なす術も無く倒れていく。
     入口の警備が全滅したところで、ジェラルドが短く叫ぶ。
    「制圧完了! 中に進入する!」
     B隊はそのまま、建物内へとなだれ込んでいった。

    「出だしは上々だな」
     離れた場所からこの様子を確認していたマルセロは、ほっとした顔で双眼鏡を下げつつ、煙草をくわえた。
    「後は援軍を蹴散らしつつ、資金を奪って逃げるだけだな。
     先発隊の動きはどうだ?」
     この問いに、同じく監視を行っていたD隊員の一人が答える。
    「手榴弾の音で襲撃には気付いたようですが……、そのまま進んでいます」
    「そのまま?」
     これを聞いて、マルセロは一旦、煙草を口から離す。
    「てっきり引き返してくるもんだと思ってたが……、移送任務を優先させるつもりかな。
     まあいい、来ないならそれはそれで楽だ。C隊に問題無しと伝えよう」
     マルセロは煙草をくわえ直しつつ、「魔術頭巾」を頭に巻き付けた。
    「司令、煙草……」
     と、それを見た隊員が咎める。
    「ん?」
    「燃えますよ、『頭巾』」
    「おっと、そうか」
     まだ一吸いもしていない煙草をぐりぐりと踏みつつ、マルセロはつぶやく。
    「もっと手軽に使えないもんかね、この『頭巾』ってのは。火気厳禁、一々頭に巻かなきゃ使えない、使う時は常に待機状態じゃなきゃならん……。
     せめて片手でひょい、っと使えるようにならんもんかねぇ?」
    「100年、200年こうだったんですから、この先もきっとこのままですよ」
    「そんなもんかね……。っと、ダベってる場合じゃないな。
     ……ん、ん、『トランスワード:C』」
     呪文を唱えてから一瞬間を置いて、C隊通信兵の返事が返ってきた。
    《C隊。どうぞ》
    「おう、俺だ。先発隊はそのまま目的地に向かうつもりらしい。C隊は現場付近で警戒態勢を続けてくれ」
    《了解》

     マルセロからの命令を受け、グレゴはC隊全員にそれを伝えた。
    「先発隊は現場に戻ることなく、そのまま進んだそうだ。俺たちの側でやることは無くなった。念のため現場で待機し、B隊を補助だ」
    「了解しました」
     C隊のほぼ全員が敬礼し、その命令通りに動こうとする。
     ところが――プレタとマロンは敬礼もせず、こう返した。
    「変じゃない?」
    「あ?」
     グレゴは途端に苛立った顔を見せる。
    「上官の命令が聞けんのか! つべこべ言わずさっさと……」
     と、怒鳴りかけたグレゴを無視して、マロンは通信兵から「頭巾」を奪い取る。
    「おい、何なんだお前ら!? さっさと返せ! 動け! 行けッ!」
     怒鳴り散らすグレゴには構わず、マロンは「頭巾」を巻き付けた。
    「マルセロ、聞いてる?」
    《ん? お前……、プレタか?》
    「マロンよ」
    《どうした? つーかそれ、誰の『頭巾』だ?》
    「いいから。おかしいと思わない?」
    《何がだ? それはすぐ行けって言う俺の命令より優先されることか?》
     背後で散々怒鳴り散らしているグレゴに対し、マルセロは静かに尋ねる。
    「ええ。先発隊はそのまま向かったって言ったわよね?」
    《そうだ。恐らく移送任務を優先したんだろう。それだけか?》
    「それだけじゃないわ。B隊がすんなり入って行けたのよ?」
    《綿密に突入を計画してたからな。そりゃ、うまく行かなきゃ困る》
    「表には兵士が2人だけ。奥から出て来る様子も無し。
     アンタの話じゃ、敵は重武装して構えてるはずじゃなかったの? 先発隊も軽装だったわよ?」
    《……ん? ……む……》
     一旦、マルセロの応答が止まり、そして怪訝そうな声が返って来る。
    《なるほど。確かに容易過ぎる。つまり罠が仕掛けられていると?》
    「多分ね。B隊に連絡して、すぐ引き返させて」
    「いい加減にしろ、お前らあああッ!」
     と、プレタに抑えられていたグレゴが激昂する。
    「ぺちゃくちゃ、ぺちゃくちゃと何を文句言ってるんだッ! 傭兵の癖に命令ひとつ聞けんのかッ! 俺がさっさと行けと言ったら、お前らは言われた通りにさっさと……」
    「……じゃあ隊長。今、司令から連絡入ったわよ」
    「ぬっ?」
    「『B隊は撤収。C隊は先発隊を追え』とのことよ」
    「はあ!?」
     グレゴはこの伝言を伝えたマロンに、怒りに満ちた目を向けた。
    「嘘をつけ! なんで司令がそんなことを……」
     ふたたび怒鳴りかけた、その時だった。

     つい先程B隊が進入した建物が、突然爆発した。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2015.09.28 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・隼襲抄 3】へ
    • 【白猫夢・隼襲抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・隼襲抄 3】へ
    • 【白猫夢・隼襲抄 5】へ