FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第5部

    白猫夢・卑狐抄 8

     ←白猫夢・卑狐抄 7 →白猫夢・卑狐抄 9
    麒麟を巡る話、第244話。
    小悪、大悪に呑まれる。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     時間は再び、現在。
    「へえ……! じゃあ『ブランカ』、あんたはこれからとんでもない額を稼げるってわけか」
    「ええ」
     央北に戻ってきたロベルトは再び、シェベルの主人である「ブランカ」と出会っていた。
    「現在、世界の二大通貨として流通している央南玄銭と央中エル。
     その片方、玄銭は央南の政情不安のせいで、ここ数年の間、右肩下がりとなっております。となればエルの一人勝ち、となるところですが」
    「あんたの『工作』のせいで金火狐財団、そしてそこ率いる市国、ひいてはそれを中心とする央中の信用はガタ落ちになる。そうなりゃエルだって無事じゃいられねえよな」
    「玄とエルの暴落が起これば、オリジナル・クラム崩壊以来の世界的恐慌が起こることは必須。そうなれば相対的に、他地域の通貨へと信用、そして投資が向かうことになります。
     その中でも特に高騰が期待されるのは、西方のシュッド(南部)・キュー。近年の産業振興政策が功を奏し、空前の好況となっているそうですから」
    「……で? あんた、いくら稼ぐつもりなんだ?」
     この質問に対し、「ブランカ」はわずかに見える口元を薄く歪ませて答える。
    「あなたの祖国を3、4回は買える程度、でございましょうか」
    「はっは、そりゃすげえ」
    「さて」
    「ブランカ」はロベルトの背後に立っていたシェベルに声をかける。
    「お前からの連絡、確かに魅力的でした」
    「はい、主様」
    「……ん? 連絡って?」
    「素晴らしい素体と思われます。是非とも主様に献上いたしたく存じます」
    「彼女は今どこに?」
     自分を無視して頭の上で会話を交わされたため、ロベルトは不機嫌になる。
    「なんだよ、おい? 何の話してんだっつの」
    「恐らくでございますが、ブリッツェン様を狙いに来られるものと思われます。いたく恨みを抱いておられますでしょうから」
    「なるほど。ではインパラに案内させ、こちらまでご足労いただきましょうか」
    「仰せのままに」
     自分には見せない、恭しい礼をしたシェベルに対し、ロベルトは舌打ちした。
    「ちぇ、ガン無視かよ」
    「ところで主様、お願いがございます」
    「言ってみなさい」
    「この有象無象を、わたくしの好きにさせていただきたいのです。
     これ以上生かす価値は無いものと思われるのですが、いかがでしょうか」
    「ふむ」
     妙なことを言うシェベルに、ロベルトは怪訝な表情を浮かべた。
    「そりゃ、どう言う……」
     ロベルトが尋ね終らないうちに、「ブランカ」は承諾した。
    「許可しましょう」
    「ありがとうございます、主様」
     次の瞬間――ロベルトの背中から胸へ向けて、シェベルは腕を突き込んだ。

    「……」
     ロベルトの血を体中に浴びながら、シェベルはうっすら笑っている。
    「珍しい。お前がそんな風に笑うとは」
    「クスクスクスクス……、大変、喜悦至極にございますもので」
     ごとん、と音を立てて倒れたロベルトの体を、シェベルは微笑みながら踏みつけた。
    「これで長年の鬱憤が晴れました。……本当に、胸のつかえが取れたと申しましょうか」
    「つくづく、お前は面白いことを言いますね」
    「ブランカ」――いや、あの「白い妖魔」克難訓はシェベルの前にゆらりと立ち、血に濡れたその顔を、不思議そうに見つめる。
    「そこまで精巧に作ったつもりは無いのですが」
    「人形といえど、経験を積めばわずかながらも感情を手にできるようです」
    「ふむ」
     難訓はしばらくじい……っ、とシェベルを見つめた後、ぷい、と背を向けた。どうやら興味を失ったらしい。
    「体を洗いなさい。生臭いです」
    「かしこまりました」
    「それからインパラに連絡しなさい。そのマロン・ミニーノと言う『猫』は、是非手に入れたいですからね」
    「既に連絡済でございます」
    「……」
     くる、と難訓がもう一度、シェベルに振り向く。
    「シェベル」
    「はい」
     次の瞬間――シェベルの顔面にひびが走った。
    「あゥ……っ」
     バランスを崩し、座り込んだシェベルの頭を、難訓はもう一度杖で殴りつける。
    「わたくしの命令を聞け、と言ってあるはず。何故、わたくしが命令する前に行ったのです」
    「も……、もウしわケ、ござイません」
     顔を割られ、シェベルの声はガクガクと揺れたものになる。
    「聞いているのです。何故、わたくしが命令する前に行ったのです」
    「あるジ様のお手を、わズらわせナいようにト思い」
    「わたくしの怒りを買うとは思わなかったのですか」
    「申シ訳ゴざいマせん」
    「また同じことをした時には、容赦なくその頭を砕きます。忘れぬように」
    「はい……」
     平伏したシェベルにもう一度背を向け、難訓は命じた。
    「インパラがこちらに着き次第、わたくしに連絡しなさい」
    「かしコまりまシた」
    シェベルが顔を挙げた時には既に、難訓の姿は無かった。

    「……」
     座り込んだまま、シェベルは辺りを見回す。
    「……」
     顔からはがれ落ちた欠片を拾い集め、自分の顔に戻しながら、シェベルはロベルトの死体を一瞥した。
    「……」
     魔術を使い顔を修復したところで、シェベルはその死体を抱きかかえ、外に出た。
    「……さようなら」
     シェベルは裏庭に穴を掘り、そこにロベルトを埋めた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2014.06.14 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・卑狐抄 7】へ
    • 【白猫夢・卑狐抄 9】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・卑狐抄 7】へ
    • 【白猫夢・卑狐抄 9】へ