FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第5部

    白猫夢・卑狐抄 9

     ←白猫夢・卑狐抄 8 →白猫夢番外編 その2
    麒麟を巡る話、第245話。
    マロンの決別。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
    「ねえ、プレタ」
    「……」
     3日がかりの集中治療が終わり、プレタは病室に移された。
     だが、よほど強い麻酔を打たれているのか、それとも極度の疲労で深い眠りに就いているからか、彼女はマロンがどんなに声をかけても、全く反応しなかった。
    「マルセロ、やっぱり辞めるらしいわ。司令官の仕事」
    「……」
    「でもトラス卿は諦めきれないって言ってて、とりあえず別のポストに就かせて、気が変わるまで待つって言ってたわ」
    「……」
    「まあ、どっちにしても結局、『ファルコン』はダメになったみたいだけどね。集まらないんだって、隊員自体」
    「……」
    「あたし、どうしようかなって」
    「……」
    「アンタはここに残る理由がある。トラス卿と結婚して、ここで暮らすって言う理由が。
     でもあたしには無いのよ。アンタみたいに好きな人もいないし、仕事も無くなったもの。……それに、もうここには、悲しい思い出しかないもの」
    「……」
     ぽた、とマロンのひざに涙が落ちる。
    「あたしはどこへ行ったらいいの……? どこへ行けば、あたしは幸せに暮らせるの……?」
    「……」
     その問いに答える者は無く、静寂だけが残った。

     と――病室のドアがとん、とんとノックされる。
    「あ、はい」
     マロンは慌てて涙を拭い、ノックに応じる。
    「失礼いたします」
     入ってきたのは、赤と緑の派手なドレスを着た女だった。
    「……っ」
     その極彩色の着こなしに、マロンは見覚えがあった。
    「アンタは……!」
    「あなた様は今、恐らく『姉』のことを想起されたのでしょう。申し訳ございませんが、わたくしとあなた様は初対面でございます」
    「え……?」
     その女性は恭しくお辞儀し、自己紹介した。
    「わたくしの名前は、インパラ。あなた様にお伝えしたいことがございます」
    「何よ……?」
    「あなた様のお姉様を狙撃したロベルト・ブリッツェン氏のことです」
    「……!」
     気が付けばマロンは、インパラの胸倉をつかんでいた。
    「何をなさるのです」
    「あいつが……、何だって言うのよ!?」
    「氏の隠れ家をご報告したいと、『姉』から仰せつかりました」
    「え?」
     マロンはインパラから手を離し、尋ね返した。
    「どう言うこと? お姉ちゃんって……、あいつの部下なんじゃないの?」
    「立場上はその通りでございます。しかし『姉』は深い嫌悪感を、彼に抱いております。
     そこであなた様に、討っていただけないかと謀った次第でございます」
    「ふーん……」
     マロンはインパラから離れ、思案する。
    「……変な話ね」
    「と仰いますと」
    「あたしの刀を白刃取りし、生身で『テレポート』を使えるような凄腕が、なんで自分で殺さないの?」
    「色々と事情がございますもので」
    「あと気になったのが、アンタたちの話し方よ。
     妙に抑揚が無いし、感情がこもってない。『まるで』人形みたいよ」
    「その通りでございます」
    「その通り?」
     おうむ返しに聞き返したマロンに、インパラは自分の手の甲を掲げ、そこにナイフを突き立て、くりぬいて見せた。
    「え!?」
    「わたくしの骨は、合金でできております。そして肉は、ミスリル化珪素で。
     わたくしどもは、ただ人の形をしているだけでございます」
     くりぬいた手の甲には、確かに人や動物の骨とは思えない、つるりとした光沢があった。
    「……」
     インパラはくりぬいた部分を元通りに埋め直し、話を続けた。
    「他に何か、ご質問はございますか」
    「そう、ね……。アンタもお姉さんと同じように、『テレポート』使えるの?」
    「はい」
    「今からそこに行けるのね?」
    「ええ」
    「……じゃあ、準備するまで待っててもらえるかしら」
    「どうぞ」
     マロンはインパラに背を向け、プレタの側に寄る。
    「……プレタ。……さよならよ。あたしはアンタの仇を討ってくる。
     そして多分、きっと、もうここへは戻ってこない。そのまま、また旅に出るつもりよ」
     プレタの手をぎゅっと握りしめ、マロンは涙声でこう続けた。
    「今までありがとう。楽しかったし、嬉しかった。
     本当の兄弟以上に、あたしはアンタを『姉』と慕えた。これから何があろうと、あたしにとってアンタは、たった一人の姉さんよ。アンタのこと、絶対に忘れないから。だからアンタもあたしのこと、ずっと、忘れないでね。
     ……最後に、あたしの、本当の名前を教えてあげる」
     まだ無事に残っている左耳に、マロンはそっと耳打ちした。
    「……じゃあね。……あと、最後に一つだけ、わがままを言わせて。
     アンタの刀、あたしが使わせてもらうわ」
     マロンはプレタの側を離れ、インパラに声をかけた。
    「刀を取ってくるわ。付いてきて」
    「かしこまりました」
     二人が病室を出る。

     その直後――包帯で覆われたプレタの目の辺りが、ほんの少し湿った。

    白猫夢・卑狐抄 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2014.06.14 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・卑狐抄 8】へ
    • 【白猫夢番外編 その2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・卑狐抄 8】へ
    • 【白猫夢番外編 その2】へ