黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第5部

    白猫夢・鉄偶抄 4

     ←白猫夢・鉄偶抄 3 →白猫夢・鉄偶抄 5
    麒麟を巡る話、第249話。
    人形たちの争奪戦。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     燃え盛る刀を見て、アルは一歩後ろへ引く。
    「燃える刀……。ホムラリュウ、だな」
    「そうよ」
     逆にマロンは一歩、アルに向かって踏み込む。
    「で、アンタは一体、何者なの? 突然現れて、あたしと楽しくおしゃべりしてた相手をいきなりブッ飛ばした、その理由は?」
    「私は御子を探し、育て、導く者だ」
    「ミコ?」
    「この世に真の平和、平定を導く者のことだ。
     私はずっと長い間、御子となるべき人間を探している。だがそれを良しとせず、己の欲望のままに世界を操ろうとする不逞(ふてい)の輩がいる。
     その一つがこいつら木偶の主だ。である以上私は、その木偶共々戦わねばならない」
    「反目してる奴の手先だからブッ飛ばした、って言うのは分かったわ。現れた理由もさっき聞いた。
     じゃあもう一つ聞くわよ。何であたしを『助けよう』と?」
    「お前が御子にふさわしい人材だからだ」
     この答えに、マロンはきょとんとする。
    「あたしが? ……どう言う基準なのよ?」
    「強靭な肉体と不屈の精神力を持つ。それ故だ」「それダけではナいハずだ」
     玄関からインパラに支えられる形で、シェベルが戻ってきた。
     右腕は千切れ、顔も半壊し、上半身全体も12、3度ほどねじれて傾いてしまっているが、それでもシェベルはアルに立ち向かっている。
    「その2つノ要素を持ち、なオかつ、『深く絶望しタ者』であるこトが条件」
    「深く、絶望……?」
    「えエ。ミニーノ様、あなタはたっタ数日前に大勢の仲間ヲ失い、お姉様も深く傷つけらレ、その精神状態は到底、平常トは言えないはズ。
     そこに付け込み、アルはあなたを傀儡にしようとシているのデす」
    「……ふーん、なるほどね」
     マロンは刀を構えたまま、アルに尋ねる。
    「で、アンタの言い分は? シェベルたちはあたしを『素体』だか何だかにしようとしている、ってさっき言ってたけど、どう言う意味なの?」
    「そのままの意味だ。素材にしようとしているのだ。
     こいつらの頭脳のな」
    「……?」
     アルの言っている意味が分からず、マロンは首を傾げた。
    「頭脳の素材……?」
    「重ねて言う。そのままの、意味だ」
    「……まさか」
     アルはシェベルらを指差す。
    「こいつらの主は死んだ偉人・才人の墓を暴いてその頭蓋を奪い、解剖・解析したものを電子的に再構築した後、こいつらの思考に組み込んでいるのだ。
     もっとも設備不足か、あるいは効率が悪いのか、1人に対して1%程度もトレースできないようだが、それでもそいつらの有していた技や術、奥義を習得することくらいはできる。そいつらの対人能力が低いのは、頭脳のその部分を不要と判断し、切り捨てているからだろう。
     ともかく、お前もそうなる。こいつらの主がやって来たが最後、首を刎ねられ、その頭蓋を割られて、脳みそを細切れにされるのだ」
    「……」
     マロンもシェベルたちに目を向け、恐る恐る尋ねる。
    「そうするつもりだったの?」
    「……」
     答えないシェベルの代わりに、インパラが答えた。
    「はい」
    「……参ったわね」
     マロンは刀をアルとシェベルたちの間に向け、ため息をついた。
    「姉の仇、……と張り切って来てみたら、あたしの奪い合いに出くわすなんてね。
     正直、どっちにも従う気は無いわ。どっちに付いてもあたしは死ぬみたいだし」
    「それは違う」
     と、アルが反論する。
    「御子となれば、お前は世界の女王。思うがままに……」「あのね」
     マロンはすい、と刀の切っ先をアルに向ける。
    「あたし、小さい頃に母の友達から、アンタの話を聞いたことがあるのよ」
    「……何?」
    「アランだの何だのって名前を変えて人に近付き、持てはやして操って、しまいにはその人を破滅させる『鉄の悪魔』。そう聞いてるわ。
     つまりアンタに付いて行ったところで、その先に待ってるのはあたしの破滅。誰がアンタなんかに付いて行くもんですか」
    「……」
    「それから」
     続いてマロンは、シェベルたちを指す。
    「あたしを解剖するために、ここに呼んだってことよね。それならそっちもお断りよ。ここで帰らせてもらうわ」
    「そうは行かん」
     アルはテーブルを蹴倒し、マロンに迫る。
    「ここでお前を手に入れられないとなれば、この木偶共がお前をさらうだろう。そうなれば我々にとって不都合な事態に発展する。御子を得られないばかりか、敵の強化をむざむざ見過ごすことになるからだ。
     よって、ここでお前が私と共に来ないと言うのであれば、殺すしかない」
    「あっ、そう。そう言うことなら、なおのことお断りさせてもらうわ。御子だの何だの持ち上げておいて、結局はアンタのためじゃない。
     しかも自分の思い通りにならなきゃ殺す? 話にならないわ。それじゃどっちみち、アンタはあたしを殺すつもりじゃない。それが早いか遅いかってだけよ。
     断言するわ。アンタには100%、付いて行かない」
    「ならば……」
     アルの両脚からガキン、と金属音が鳴る。
    「死ぬが良い」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2014.06.14 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・鉄偶抄 3】へ
    • 【白猫夢・鉄偶抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・鉄偶抄 3】へ
    • 【白猫夢・鉄偶抄 5】へ