FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第1部

    蒼天剣・血風録 1

     ←蒼天剣・縁故録 4 →蒼天剣・血風録 2
    晴奈の話、11話目。
    黒と赤の炎。

    1.
     央南と央中、その二地域を分かつ屏風山脈に、ある組織の総本山がある。
     その名は「黒炎教団」。伝説の奸雄、克大火(カツミ・タイカ)を神と崇める集団である。

     克大火――年齢・種族不詳。
     名前から央南の生まれと推察できるが、どこの地方かまでは不明。魔術と剣術の達人であり、色黒の肌を漆黒の衣服と洋風の外套で覆った、長身の男性だそうである。
     巷のうわさに曰く、「200年近く前に起こった戦争の頃から、ずっと若い青年の姿で生きている」、「凶悪な強さを持ち、誰一人打ち負かした者はいない」、「不老不死の秘術を知る唯一の人間、いや、神、もしくは悪魔だ」と、半ば神話や伝説じみた話があちこちに伝わっており、そこに神性を見出した者たちが教団を創り上げたらしい。

     教団員たちは克の存在を絶対的なものにすべく、彼の弱点と言われる様々なものを撤廃・廃絶しようと画策している。
     まず、彼を敗北寸前まで追い詰めたと言われる、雷の魔術。あらゆる魔術を打ち砕き、克の魔術すら無効化したと言う、伝説の剣。そして――200年前の戦争で興隆・活躍し、後に克と対立した剣術一派、焔流。



     双月暦508年、初春。
    「またか……!」
    「しつこくてかなわん!」
    「今度こそ、斬り散らしてくれるわ!」
     いつに無く、紅蓮塞が騒々しい。あちこちで剣士たちがいきり立ち、走り回っているからだ。しかし、まだここに来て2年ほどしか経っていない晴奈には、彼らが何に憤り、何をしようとしているのか分からない。
    「師匠、何かあったのですか?」
    「ええ、少しね」
     横にいた晴奈の師匠、柊は、せわしなく動き回る剣士たちの邪魔にならないよう、自分たちの部屋に戻ってから詳しく説明してくれた。
    「黒炎教団って知ってる?」
    「ええ、故郷でも何度か見かけたことがあります。黒い外套と黒装束を着込んだ、真っ黒な者たちですよね?
     うわさに聞くに、央南の東部地域では蛇蝎のごとく忌み嫌われているとか、西端では絶大な政治力を有しているとか」
    「ええ。その教団がね、うちに攻めて来るのよ」
    「攻めて来る? 一体、何故に?」
     話を続けながら、柊は刀を手にし、和紙で拭い出す。どうやら彼女も、戦いに備えるつもりらしい。
    「黒白戦争の頃に活躍した奸雄、克大火と対立した一派だから、だそうよ。
     黒炎教団は克を信奉しているから、その敵が今もいるとなれば何が何でも打ち倒そうとしているのよ」
     この説明に、晴奈は目を丸くして呆れる。
    「こ、黒白って確か……、4世紀の戦争だった、ような?
     そんな過去の因縁を、まだ引っ張っていると言うのですか?」
     晴奈の言葉に、柊は刀に打粉しつつ、クスッと笑う。
    「まあ、宗教ってそう言うものよ。央北の天帝教だって、1世紀の経典をずっと使っているんだし。
     ともかく、そんなわけで。何年かに一度、彼らはこの紅蓮塞を潰そうと攻めてくるのよ」
     柊はもう一度刀を綺麗に拭いて、鞘に納めた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.07 転載及び加筆修正
    2016.02.02 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・縁故録 4】へ
    • 【蒼天剣・血風録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    まとめて(

    結局、紫明は娘たちが大好きなんですね。
    晴奈の将来がどうあれ、応援する気になった、と。

    この頃の教団は完璧、悪役ですね。
    「蒼天剣」1~3部における、「悪」の象徴です。

    NoTitle 

    悪役決定な教団

     

    されかねない・・・っ!
    あの犬・・・ウィルバーがいると・・・っ!
    今回ばかりは・・・否定できない・・・っ!

    まあ、第3部に後日談があるので、そこから類推してくださいw

     

    捕らえられてあんなことやそんなことをされるのかv-402
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・縁故録 4】へ
    • 【蒼天剣・血風録 2】へ