FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    短編・掌編

    うつりたがり

     ←業務連絡;「白猫夢」目次とあらすじを追加しました(第5部) →クルマのドット絵 その58
    うつりたがり

     彼が最初にテレビに映ったのは、小学校の頃。よくある学校訪問のテレビ番組でほんの5秒か6秒、出演しただけだった。
     しかし彼は、テレビに5秒だけ映った自分の顔を見て、これまでにない感激を覚えた。
    「俺、テレビに映ってる! これ、日本中に映ってるんだよな!? すっげー!」
     これがきっかけとなり、彼はこう志すようになった。
    「俺は絶対、日本で一番テレビに出るような、すっげー人気者になってやる!」



     彼が中学生になった、初めての夏。彼は甲子園の試合をテレビで見て、志を新たにした。
    「あいつら試合の間中、テレビに映ってるんだよな? じゃあ、俺も高校に入ったら野球部に入って、甲子園で活躍してやる!」
     こう決意した彼は、中学3年間を野球に費やした。その甲斐あり、彼は高校野球の名門校に入学。すぐにエースとなった。
     そして長年の夢を叶え、彼は3年間、甲子園での雄姿を全国中に見せ付けた。

     それだけの活躍もあって、彼はドラフト会議で1位指名を受けた。
     勿論この様子もテレビでじっくりと放映され、彼の名誉欲――いや、「被放映欲」を存分に満たしたのは、言うまでもない。



     彼はプロ野球選手として、獅子奮迅の活躍を見せた。
     しかし10連続奪三振も完全試合達成も、沢村賞の獲得も、彼の欲を満たしてはくれない。
     依然として彼の中には、「テレビに映る」と言う欲求が根強く残っていたからだ。
     いや、弱まるどころか、その欲望は歳を経るごとに強まっていた。

     そしてその欲望を満たすための努力は、一瞬も怠っていない。
     ある時、自分の先輩が珍しく活躍し、お立ち台でしゃべっているのを見て、内心こう毒づいた。
    (あーあー、だっさいなぁ……。何が『ポーンと来た球をですね、こう、ドカンとやったんです』、だよ。
     もっと気の利いたこと言えないのかなぁ、全く)
     その語彙力の無い先輩は、この後オフシーズンに入るまでの3ヶ月、まったくテレビに映されなくなった。何故ならあまりに中身のない発言、愚鈍な応答が多く、テレビ局側が「彼を映しても数字が取れない」と見切りを付けたのだ。
    「もっとテレビに映る」と言う彼の欲望を満たすためには、そんなつまらない扱われ方をされるわけには行かない。
     彼はもっと多数の人間の興味を集めるため、インタビューを受けるたびに面白く、気の利いたことを言うようにした。
     その努力は功を奏し、彼は次第に野球中継以外でも、テレビに出演する機会が多くなっていった。



     テレビ映えする逸材となった彼を、芸能界が放っておくわけも無い。野球選手を引退した後、彼はテレビタレントに転向した。
     元スポーツ選手らしいさわやかさ、体力、そして長年培ってきた巧みな話術で、次第にファンの数を増やしていった。
     勿論その間も、「テレビに出続ける」と言う欲望を満たすための努力は欠かさない。流行を敏感に追い、時事問題にも細かく目を通し、一方で機知に富んだ意見も仕入れておく。
     その努力も次々実り、彼はやがて、いくつもの人気番組にレギュラー出演するようになった。

     さらに野球引退から5年後には、ニュース番組のコメンテーターも務めるようになり、すっかり朝の顔になっていた。
     それでも彼は、まだまだ努力を欠かさない。
    「もっとだ! もっと俺は、テレビに出たいんだ!」

     とある番組において、彼は一流の評論家や代議士と真っ向から討論し合い、そしてなんと、言い負かしてしまった。
     この一件が話題を呼び、彼にある政党から選挙出馬のオファーがかかった。
     政治家として重職に就けば、より世間の注目が集まる。ひいてはこれまでよりもっと多く、テレビに映る機会が増える。こう考えた彼は、政治家への道を選んだ。



     彼はこれまで以上の努力を重ねに重ね、そして見事、政治家に転向。50歳になる頃にはなんと国会議員、大臣職を務めるほどに出世した。
     テレビは「あのタレント議員が大臣に!」と騒ぎたて、連日のように彼の姿をカメラに収めた。
     しかし、流石に代議士活動は忙しい。以前よりテレビに出る機会は、若干減ってしまった。当然彼にとっては、それはどんなことよりも気に食わない。
    「もっともっと、私はテレビに顔を出したいのに!」

     いよいよ膨張する欲望を満たすため、彼は自らスキャンダルを作り、その情報を流すことにした。
    「大臣、愛人53人!? 週代わりの恋人たち!」「今度は裏金!? 連日の接待、密会、談合!」「度を超した恫喝! 『俺に逆らえば海に沈める』発言の真偽は!?」
     彼の目論見は当たり、連日、テレビで彼の行動が取り沙汰されるようになった。最早、彼の顔がテレビに映らない日は無い。
    「やった! 私は日本一テレビに映っている! 日本一テレビを独占する男になったぞ!」
     彼は狂喜乱舞し、喜びを一人噛み締めていた。



     だが、これほど浮ついた噂が流れれば、彼の政治家としての信用は大きく損なわれる。当然、彼は失脚した。
     しかし政治家としてあまりにも顔と名前が売れてしまったために、今さらタレントとしての扱いは受けられない。
     どこにも出演の場は立たず、一時の人気が嘘のように、彼はテレビに映らなくなってしまった。
    「こんなことでは駄目だ! 私はまだ、テレビに出たいんだ! 何をしてでも、テレビに映ってやるぞ!」

     半年後。彼は久しぶりに、ニュースに取り上げられた。
    「……容疑者は今朝、警視庁によって身柄を拘束、逮捕されました」
     留置場に運ばれる途中で見たテレビには、頭をジャケットで隠された彼の姿が映っていた。
     これを見て、彼は叫んだ。
    「おい、私の顔が映ってないぞ! 何のためにテレビに出てやったと思ってるんだ!」
     既に60近くになっていた初老の彼は、あまりに憤慨したためか――逮捕から3日後、拘置所で心臓麻痺を起こし、そのまま死亡した。



     それから2年後。

     とあるバラエティ番組の、心霊写真特集。
    「では次、こちらの写真です」
    「ん?」「うわぁ」「きゃっ!」
     出演者らの後ろにある巨大なディスプレイに、その写真が映し出される。
    「どうですか? くっきり写ってますでしょう?」
    「ええ。こんなにはっきり見えるなんて」
     司会者がパネルを取り出し、写真の解説に移る。
    「こちらはですね、ある元政治家の屋敷跡でですね、撮影されたものなんですけどもね」
     掲示された写真には、彼の姿が写っている。

     その顔は――「やったぞ! 私はまだ、テレビに映ってるぞ!」とでも言いたげだった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【業務連絡;「白猫夢」目次とあらすじを追加しました(第5部)】へ
    • 【クルマのドット絵 その58】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    この拘りは大切でしょうけど。
    テレビにしてもなんにしても。それでもテレビは媒体ですからね。それに拘るのはあまり良くないことですからね。

    NoTitle 

    彼が真面目に政治家をしていれば、
    そっちの路線もあったかもしれませんね。
    努力の方向を完全に間違えたようです。

    NoTitle 

    なるほど。どう持って行くのかと思ったら、オチでにやりとしました。

    わたしがこのネタをやったらヒトラーやスターリンみたいな独裁者になってテレビに映りまくる、という安直でひねりのないオチにしていたことでしょうね。発想力がうらやましいです。(^^)

    NoTitle 

    もし彼が甲子園じゃなく、高田社長を先に見ていれば……!

     

    ジャパネットみたいな自前でTV放送するよなとこに行ってたら、張り切って出突っ張りでいられたのにねー

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【業務連絡;「白猫夢」目次とあらすじを追加しました(第5部)】へ
    • 【クルマのドット絵 その58】へ