FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 2

     ←DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 1 →DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 3
    ウエスタン小説、第2話。
    眉唾な依頼。

    2.
    「そりゃまた物騒な」
     パディントン局長からの話を聞いて、探偵局員アデルバート・ネイサンは眉をひそめた。
    「俺は保安官でも用心棒でも軍人でも無いんですよ?」
    「しかし最善の方法はそれしか無いんだよ。それ以外のアプローチをしたら、ほぼ確実に君は死ぬ」
    「正直、胡散臭いっス……」
    「しかし事実、そいつと接触したガンマン、カウボーイ、用心棒、保安官、軍人、教師、牧師、牧場主、鉱山主、エトセトラ、エトセトラ、……ともかく色んな人間がそいつとテーブルを囲み、ギャンブルし、そして一人残らず死んでるんだ。27人、たった一人の例外も無く、だ。
     だから、そいつと接触した際に君が執るべき行動は一つしか無い。出会った瞬間に撃ち殺すしかないんだよ」
    「まあ、凶悪な賞金首って言うなら射殺もやむなしでしょうけど……」
     アデルは依頼書の人相書きに目を通し、「うーん」とうなる。
    「正体不明の胡散臭いインディアンって感じですけど、ただギャンブルしてただけでしょ、こいつ。しょっぴくだけじゃダメなんスかねぇ」
    「それが大きな問題なんだ。彼と卓を囲んだ27人全員が死んでいるわけだからね。
     彼自身に殺意が無いとしても、これだけ死者が出ているのだから、野放しにできない。クライアントもそう思っているからこその、この依頼なんだよ」



     依頼書の内容は、次の通りである。
    「近年、我が州およびその近隣州を徘徊する一人のインディアンによって、我が州各市町村で数多くの死亡者が発生している。
     目撃者によれば、『本人は賭博行為を行っただけ』とのことではあるが、彼と賭博を行った者は例外なく死亡していることから、彼自身が殺害した、あるいは殺害に関与した疑いが強い。
     そこで並々ならぬ実績を持つ貴君に、件の『デス・ギャンブラー』の捜索、および拿捕ないしは殺害を依頼したい。
     報酬は州が彼に課した懸賞金12000ドルと、私個人からの謝礼金3000ドルとする。

    A州知事 ……」



    「頼むよ、知事とは……」「はいはい、『昔からの付き合いなんだ』、でしょ? 素敵なご友人がいっぱいいらっしゃるのね」
     エプロン姿の女性が、コーヒーを盆に載せてやって来た。
     新しくパディントン探偵局の一員となった賞金稼ぎ、エミル・ミヌーである。
    「そうとも。だからこそこの探偵局もここまで大きくなったわけだ、うははは……」
     エミルの皮肉をものともせず、局長は高笑いして見せる。
    「はあ……。
     で、こいつに何を頼んでるの?」
     エミルはコーヒーを配り、アデルを親指で差す。
    「西部の、かなり西の方で話題になってる賞金首を仕留めてきてほしいのさ。君も『デス・ギャンブラー』のうわさを聞いたことはあるだろう?」
    「ええ。とんでもなく強いんですってね。銃や腕っ節じゃなく、博打の方だけど」
    「その通り。しかしその強さは、何と言うか……、あまりにも呪われた強さなんだ。
     さっきも話した通りだが、こいつは27人の人間を死に追いやっている。それも白人ばかりをな」
     これを聞き、エミルの鼻がぴく、と動く。
    「『ギャンブラー』はインディアン風の男だって話だけど、それを考えると死人が白人ばっかりって言うのも怪しいわよね」
    「ああ。しかも死者27名に、それ以外の共通点は無い。
     我々でその27名に対し身辺調査を行ってみたが、まったく関係性が無かったんだ。一番近い2人の住所を見ても、17、8マイルは距離が離れている。
     まあ……、もう一つ、共通点としてはだ」
    「全員『ギャンブラー』と博打してる最中か、その直後に死んでるんだよ。確かに『死神(デス)』だな、こいつは。
     とは言えですよ、局長。博打やってるだけで死ぬなんてこと、有り得るんスかね」
    「今は何とも言えん。そこは実地で調査しなけりゃ、結論は出んよ」
    「……ま、業務命令ならどこでも行きますよ。イギリスだろうとインドだろうと、ニッポンだろうと」
     アデルは肩をすくめ、コーヒーを一気に飲み干した。
    「頑張ってねー」
     エミルはそう返し、そそくさとその場を離れようとする。
     しかしそれを見逃す局長ではなく――。
    「君もね」
     局長はエミルの肩をつかみ、にこやかに微笑んできた。
    「……はーい、はい」
     エミルもアデル同様、肩をすくめて見せた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 1】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 1】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 3】へ