FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 5

     ←DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 4 →DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 6
    ウエスタン小説、第5話。
    探偵業のABC。

    5.
     北へと続く足跡を確認しながら、アデルがつぶやく。
    「残り具合から見るに……、10往復は超えてるな。確かに仕立て屋のおっさんが言ってた通り、1ヶ月は滞在してるみたいだ」
     このつぶやきに、エミルが感心して見せる。
    「伊達に探偵なんて名乗ってないわね。他に何か分かることは?」
    「ん? そうだな……」
     エミルの反応に気を良くしたアデルは、途端に饒舌になる。
    「足跡の間隔からして、『羽冠』は身長60~63インチ、体重は140~145ポンドくらいだな。
     間隔の短さから、チビだってことは大体見当が付く。一方で、足跡が左に寄ったり、右に寄ったりでよたよたとしてるが、酔っぱらっているにしちゃ爪先の方向が一定で、しっかり定まっていることから、そうでは無いと分かる。
     となるとこれは、太鼓腹を抱えてがに股気味に歩いていることを示唆している。このカチカチに乾いた地面でもしっかり跡が残っているし、相当デブだってことは間違いない」
    「へぇ。他には?」
    「他には、……そうだな、靴底の形が妙にいびつだ。何度か直してるらしい。だが職人がこんなツギハギみたいな汚い直し方するわけ無いし、となると自分で直したんだろうと言うことが分かる。割と器用なタイプだな」
    「ふーん」
    「えーと、そうだな、他には……」「あのね」
     足跡にばかり目を向けているアデルの襟を、エミルがぐい、とつかんで引き上げた。
    「ぐえっ、……な、何すんだよ!?」
    「後ろ」
    「え?」
     アデルが振り向いたところで――彼は後方の岩陰に、誰かが慌てて隠れるのを確認した。
    「推理眼を披露するのは結構だけど、尾行に気付かないようじゃ、探偵失格なんじゃない?」
    「……耳が痛いね」
     アデルは首をさすりながら、岩陰へと声をかけた。
    「俺たちに何か用か?」
    「……」
     答えない尾行者に、今度はエミルが話しかける。
    「別に何もしないわよ。目的も一緒なんだろうし、一緒に来た方がいいんじゃない?」
    「……あ、はい」
     岩陰からおずおずと現れたのは、まだ15、6歳くらいの、赤毛と金髪の中間くらいの髪色の少女だった。
    「あの……、目的が一緒、って言うのは?」
     尋ねた少女に、エミルが答える。
    「こんな荒地にハイキングしに来るなんて、そんな酔狂な人はそうそういないわよ。大方、『羽冠』に会いに来たってところでしょ?」
    「は、はい。そうです」
     うなずいた少女を見て、アデルはエミルに向かって肩をすくめた。
    「……探偵顔負けだな。お前も相当の推理力を持ってるよ」
    「どうも」

     少女から詳しく話を聞いてみたところ、やはり「羽冠」に会いに来たのだと言う。
    「じゃあ、3日前に街を出たマスターは……」
    「はい。わたしの父です」
    「やっぱりね。で、3日も戻ってこないから、もしかして……、って?」
    「……はい。でも」
     少女は顔をこわばらせ、こう続ける。
    「もしかしたら、そうじゃないかも知れないし、だとしたら、何で戻ってこないのかって」
    「……君には悪いと思うが、十中八九、お父さんは」「アデル」
     アデルの言葉を遮り、エミルが尋ねる。
    「希望を持つのは大事だけど、それを裏切られた時の覚悟は今、しておいた方がいいわよ」
    「分かってます」
    「本当ね? 『羽冠』のところへ乗り込んですぐ、お父さんと、……いいえ、お父さん『だった』ものと出会ってしまっても、泣き叫んだりしないって、誓える?
     悪いけど、あたしたちは仕事で『羽冠』を捕まえに行くの。だから、あなたをなだめる余裕は無いわよ?」
    「……はい。誓います。ご迷惑は、絶対にかけません」
    「いいわ。それなら付いてらっしゃい。
     あたしはミヌー。エミル・ミヌーよ。そっちの探偵さんは、アデルバート・ネイサン。通称アデル」
    「よろしく」
     アデルの差し出した手を握りながら、少女も自己紹介した。
    「マゴット・レヴィントンです。マギーと呼んでください」
    「よろしくね、マギー」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 6】へ