FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    短編・掌編

    幻想的異種格闘

     ←DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 15 →業務連絡;毎年恒例の所信表明 2013夏
    幻想的異種格闘

     わしはいわゆる神である。
     わしは怒っていた。ここ数十年、いや、百年を超えようかと言う時間、人間たちに忘れ去られていたからである。
     神をないがしろにするとは何事か。その怒りはいよいよ頂点に達し、わしは今、人間たちに神罰を下すべく、野に降り立った。

    「……お、う?」
     ところが――いざ人の世に降り立ってみると、そこには荒野が広がっているばかりである。
    「これは……、どうしたことか」
     百年前に見た時には、どこもかしこも煌々(こうこう)と輝いていた街は、ほとんど跡形も無く壊滅していた。
    「まさか、わしへの信仰がぱたりと途絶えたのは、絶滅でもしてしまったからか……?」
     怒りに任せて修行ばかりしていたのが仇となったか。
     まさか人々に忘れ去られているどころか、消えてしまっていたとは。
     これではわしの方が忘れ去ったも同然ではないか。
     不覚であった。



     と、茫然としていたその時であった。
    「た、たすけてぇ……」
     どこからか、今にも消え入りそうな童(わらし)の声がする。
     忘れられて久しいとはいえども、助けを呼ぶのであれば、報いてやらねば神が廃ると言うもの。
    「どこじゃ? どこにおる? ……むっ!?」
     声を頼りに探し、すぐにその童は見付かった。これくらいは容易い。何の不測もあるはずが無い。
     不測であったのは――助けを呼んだその童のすぐ側に、異形の妖(あやかし)が立っておったからだ。
    「なっ、なんじゃあ、此奴(こやつ)は!?」
     長いこと生きてきたわしも、こんな輩を目にしたことは一度も無い。
     とは言え、今まさに襲われようとしているのは間違いない。
     妖は妙なものを――ぬるぬると照り光る、鉄砲のような――童に構えていたからだ。
     わしはとっさに仙術を放ち、妖をはるか彼方へ弾き飛ばした。

     助けた童はしきりに頭を下げ、わしに平伏した。
     おお、なんと気持ちのいいものよ。やはり神はこうでなければ。
    「で、童よ。今の妖はなんじゃ?」
    「あや、か……? エイリアンのこと?」
    「『鋭利闇』? けったいな名前じゃのう」
    「おじさん、知らないの? もう1週間も前から世界中でニュースになってるのに。……テレビも2日前から映んないけど」
    「うん……?」
     聞くところによれば、空から「鋭利闇」なる異形の輩が「空飛ぶ円盤」なるものによって多数飛来し、人の世のそこかしこで乱暴狼藉を働いておるのだと言う。
    「でもおじさん、すごいね」
    「と言うと?」
    「今まであのエイリアンを、あんなに簡単に撃退した人なんていなかったのに」
    「ほう、そうであったか」



     この一件が人の間でうわさとなり、わしはいつの間にか「地球防衛軍」なる組織に居つくこととなった。
     前にも言った通り、神たるもの、人の救いを願う声には応えねばならぬのだ。
     わしは長い修行で培った仙術の数々を惜しげも無く披露し、「鋭利闇」どもから人々を救い続けた。
     そのうちに――わしは救世主と呼ばれるようになった。



     いや、わし、神だから。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 15】へ
    • 【業務連絡;毎年恒例の所信表明 2013夏】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    その場合、3分しか活躍できない、うっかり建物を壊しちゃう(元々壊れているかもしれませんが)などのデメリットが……。
    最近の流行にあやかって、むしろ巨人を倒す側に(

     

    面白かったです。

    ここは童に乗り移って、銀色の巨人に変化して仙術を使うべきだと思います。(^_^)/

    もちろん、仙術を使う際には手を交差させたり額に当てたりするサービスも忘れてはいけません(^_^)

    そうしたら信仰くらいすぐに取り戻せますって。(゚o゚☆\(^^ ;)エエカゲンニシナサイ

    NoTitle 

    ご笑覧いただき、ありがとうございます。
    ソドムとゴモラの炎上やノアの大洪水と同時期に、
    エイリアンの侵略があったとしたら、
    きっと神様も人間に罰を与えるどころじゃなくなるでしょうね。

    NoTitle 

    コメディですね!!久々に笑いました。
    うん、そうですね、すごく楽しくて面白いですね。
    個人的にツボにはまりました。
    救世主が実は元々神とかありえそうですよね。
    世界の危機のときは案外そういうことなのかもしれませんね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 2 ~死の博打~ 15】へ
    • 【業務連絡;毎年恒例の所信表明 2013夏】へ