FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    短編・掌編

    開発中

     ←ひとつの区切りをつけるにあたって →説明過多
    開発中

     オンラインゲームにはよく、「入れないマップ」というのが存在する。
     理由は大きく分けて2つ。そこに入る条件を満たしていないからか、もしくはまだ、「中身ができていない」からだ。
     後者はいわゆる「未実装」というヤツだ。入口や、もしくは外観だけを作って、それらしいモノがあるように見せてはいるけど、まだ完成してないから入れない。
     ただしそういうマップを、単純に「開発が作ってる途中だからプレイヤーは入れない」とアナウンスするのは、ゲームの雰囲気をぶち壊しにする。
     そうしないために、大抵は「閉鎖中」とか「工事中」とかの看板を、あるいは門番やら何やらのキャラクタを設置して、ごまかしていることが多い。



    「工事中 関係者以外立入禁止」
     現在建設中の高層ビルの前にかけられたこの看板を見た時、僕はその、「未実装」のことを連想した。
    「もしかして……」
     なんて口走ってしまったのは、僕が大分酔っぱらっていたせいだろう。
     しかし自分自身のその言葉に操られるように、僕はその看板を乗り越え、闇夜に沈むビルの中へと入って行った。

     既に1階部分は完成しているらしく、ペンキが塗られていない壁や下地の見える床などは見付からない。
    「広いなー」
     ぼそ、とつぶやいたその言葉が、小さくこだまする。
    (やべっ)
     慌てて警備員などの姿を確かめるが、それらしいのはどこにもいない。
     ほっと胸をなで下ろしつつ、僕は上の階へ上がってみることにした。
     2階、3階、4階と、順々に上っていくが、この辺りも既に完成していて、特に目をひくものは無い。強いて言えば、真っ暗で不気味だということくらいだ。
    (……何にもなさそうだな。帰るか)
     この探検が何の成果も生みだしそうにないと見切りをつけ、僕は階段を降りようとした。
     ところが――。
    「いてっ!?」
     階段を降りようとした矢先、僕はごち、と顔を何かにぶつけた。
    「……え?」
     目の前には、何も無い。階段があるだけだ。
     しかし手を伸ばしてみると、何か硬いものが階段とこのフロアとの間にある。
    「なんだこれ……?」
     触った感触は、壁紙のようだった。丁度、このフロアの壁に貼り付けられた、クリームイエローの壁紙と同じ感触だ。
    「……え、えっ?」
     この階に上がった時には、そんなものは全く無かった。
    (どうなってんだ?)
     その見えない壁をぺたぺたと触るが、端から端までみっちりと、切れ目なく存在している。
    「……っ」
     異様な光景に、僕の冷静さは失われた。
    「ひっ」
     たまらず駆け出し、他の階段が無いか探す。
     ほどなく別の階段を見付け、僕は恐る恐る手を伸ばす。
    「……こっちは、……通れる、……かな」
     見えない壁が無いことを確認し、僕は一歩一歩、足元を確かめるように階段を降りた。
     しかし、踊り場に足を乗せたその瞬間――僕はその踊り場を、突き抜けていった。
    「……っ!?」
     みるみるうちに、僕は階段の下へ落っこちていく。
     踊り場を次々と透過し、地面に叩きつけられることもなく、無音で落ちていく。
     そして、地下2階を通り越したところで、僕の目の前は真っ暗になった。
    「うわあああああー……っ!」
     僕の声がこだまする。
     しかしそれも、突然、まるでテレビの音声をミュートにしたかのように、途切れた。



    《平素は当サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます》
     気が付くと、僕は真っ白な床の上に立っていた。
    「……えっ?」
     辺りには何も無い。壁も天井も無く、空は薄い灰色で染まっていた。
    《お客様は未実装の箇所へ誤って進入され、復帰不可能な状態となりましたため、誠に勝手ながら、当サービスの運営共より、復帰措置を施させていただきました》
    「……は? え、何?」
     どこからか聞こえる声に一応、応じてはみたが、相手は無機質に説明を続ける。
    《その際、データに一部損傷が発生したことをお詫び申し上げます。
     つきましてはデータのロールバックを行い、安全が確認されている時点まで状態を遡上させていただきます。
     今後も当サービスを、よろしくお願いいたします》
     そう告げられた瞬間、僕の意識は再び途切れた。



    「工事中 関係者以外立入禁止」
     現在建設中の高層ビルの前にかけられたこの看板を見た時、僕は何故か、とても恐ろしいものを感じた。
    「……ひ、いっ」
     さっきまでの酔いがあっけなく醒め、僕は逃げるように、その場から駆け出した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【ひとつの区切りをつけるにあたって】へ
    • 【説明過多】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    はじめまして、Sha-Laさん。
    高評価をいただき、嬉しい限りです。
    他の作品も、よろしくご笑覧くださいませ。

    NoTitle 

    初めまして。
    黄輪雑貨本店様。ブログランキングなどで存じ上げておりましたが、
    この作品が黄輪雑貨本店様の作品だと(今頃)気づきました。
    5分で読める自作短編小説のトーナメントの中で、
    一番面白いと個人的には思っています。
    ほかの短編も読んでみたいと思います。

    NoTitle 

    はじめまして、大海さん。
    楽しく読んでいただけたようで何よりです。
    またどうぞ。

    面白かったぁ 

    イッテQにも出てきそう!って、それは違いますね(^^)
    時々、夜とか、毎日歩いている道を普通に歩いていて、あれ?ココ工事中だっけ?なんてのを見ると、いきなり世界が違って見える、あのこわい感じ、まざまざと思い出しました……
    そして復帰措置、復旧、遡上……元の世界に戻っていてよかった。
    ……あ、すみません。大海と言います。初めまして、かもしれません。
    時々覗かせていただいているのですが、コメント残したのは多分初めて…のような気がします。また訪問させていただきます(*^_^*)

    NoTitle 

    「ホラー」とはちょっと違う、「怪奇」な話です。

    NoTitle 

    面白いです!

    ウルトラQにあってもおかしくない話だと思いました。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【ひとつの区切りをつけるにあたって】へ
    • 【説明過多】へ