FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第6部

    白猫夢・捜卿抄 1

     ←カウンタ素材;中日ドラゴンズ(2013) →白猫夢・捜卿抄 2
    麒麟を巡る話、第264話。
    電話連絡。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「え? まだパパ、帰ってないの?」
     秋也の家にかかってきた電話によって、このハーミット卿誘拐事件は発覚した。
    「……遅すぎるよね?」
    《確かにのう。どんなに遅くとも、10時には家に着かねば、明日の公務に差し支えると言うのに》
     ベルの母であるジーナが電話の向こうで、心配そうな声を上げる。
    《もしやと思うが、何かあったのかも知れん》
    「……ちょっと調べてみる。また後で電話するね」
     ベルは一旦電話を切り、すぐ受話器を上げる。ぷつ、と音が鳴り、電話交換手の声が聞こえてくる。
    《シルバーレイク第2通信局です》
    「電話お願い。軍電信局に」
    《分かりました、おつなぎします》
     ぷつ、ぷつと音が鳴った後、男性の声に変わった。
    《こちらはプラティノアール軍電信局です。名前と所属コードを》
    「こちらはベル・ハーミット少佐。所属コード、542-022-SS-11」
    《……SS!? 失礼いたしました!》
     ベルの所属を聞いた途端、局員の声が上ずったものに変わる。
    「『SS』本部につないでもらえる? パスワードは、『F・7・H・5・6・R』」
    《かしこまりました!》
     再度、ぷつ、と音が鳴り、今度はまた、女性の声が返ってきた。
    《はい、セクレタ・セルヴィス本部です》
    「キュビス?」
    《ええ》
    「すぐ調べてほしいことがあるの。アニェント通りからオリビア通りまで、パパ……、いえ、ネロ・ハーミット卿がいないかどうか」
    《卿を?》
    「9時ちょっと過ぎに家を出て、まだ自分の家に戻ってないみたいだから。単に疲れてベンチに座り込んで、そのままうたた寝しちゃってるくらいならいいんだけど」
    《探してみます》
     もう一度ぷつ、と音を立てて、電話は切れた。
    「……あー、もー」
    「どうした?」
     耳を押さえる妻を見て、秋也が声をかける。
    「電話ってなんで、こんなぷつぷつ音が鳴るんだろ。すっごく耳障り!」
    「さあ……?」
     とぼけた返答をした秋也に代わり、葵が答える。
    「回線をつなぎ直す時の音だよね。一瞬、信号が切れちゃうから」
    「便利だとは思うんだけどさ……。あたし、あの音だけはホントに嫌」
     と、苦い顔をしていたベルが、真剣な表情になる。
    「ねえシュウヤ、もしもだけど」
    「ん?」
    「もしもさっきあたしが言ってたみたいに、ベンチでうたた寝みたいなことになってなかった場合は――可能性は何が考えられるかな」
    「そうだな……」
     一転、秋也も真面目な顔になる。
    「現実的に考えれば、2つあるな。
     1つは、義父さんが倒れてるかもって可能性だな。もう大分歳だし、それにこの寒さだ。死んではいないまでも、何かしらの急病でうずくまってるってことは、十分にあると思う。
     もう1つとしては、……やっぱり、誘拐されたか」
    「そうだよね。あたしもどっちかだと思う。どっちも、あってほしくないけど」
    「オレも同感だ」
     と、電話がじりりん……、とけたたましく鳴る。
    「もしもし」
     電話に出たベルの耳に、先程応対した女性の声が聞こえてきた。
    《現場周辺を警邏していた兵士たちと連絡を取り、捜索を行わせました。しかしそれらしい人物はいなかった、とのことです。
     それと……、その兵士たちから気になる情報が》
    「何かあったの?」
    《1時間半ほど前、猛スピードで道を駆けるタクシー3台とすれ違ったとのことです。
     とても人を丁重に運ぶような速度では無く、そもそもタクシー自体、その時間帯には大半の業者が、とっくに営業を終了しているはずです》
    「怪しいね。……どちらにしても、卿がその周辺で見つからなかったのはおかしい。
     もうおじいちゃんだし、仕事が趣味みたいな人だから、どこかのバーへ突然遊びに行ったなんてことは考えにくい。そのタクシーのことも、無関係とは思えない。1時間半前ならちょうど、あたしの家を出た時刻だもん。
     ……間違いなく緊急事態だね。SS隊員を、全員招集して」
    《了解しました。エトワール参事官も?》
    「勿論、呼んで。あたしとシュウヤも、これから向かうから」
     今度はベルの方から電話を切り、秋也に目配せした。
    「おう」
     つい先程まで西方風のゆったりしたシャツを着ていた秋也は、今はびしっとしたスーツ姿になり、腰には刀を佩いていた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【カウンタ素材;中日ドラゴンズ(2013)】へ
    • 【白猫夢・捜卿抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【カウンタ素材;中日ドラゴンズ(2013)】へ
    • 【白猫夢・捜卿抄 2】へ