FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第6部

    白猫夢・立葵抄 2

     ←白猫夢・立葵抄 1 →白猫夢・立葵抄 3
    麒麟を巡る話、第270話。
    思いもよらない、あの子の参上。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     一瞬のうちに、ハーミット卿はどこかの小屋の中に立っていた。
    「ここは?」
    「答える理由がありません。どこであろうと、お前には関係のないこと」
    「再教育って、具体的には何をするつもりだい?」
    「お前を一度人形に戻し、老朽化した各部品を取り換えると共に、制御・演算機構を初期化後、再インストールします」
    「もっと分かりやすい説明をお願いしたいんだけど」
    「これ以上の説明をする理由はありません」
    「それ以上のことは、『今の僕には関係のないこと』、ってことか」
    「そうです。
     さあ、お話は以上です。もう眠りなさい。いつ何時、あの方がわたくしのしようとしていることに気付き、強襲してくるか分かりませんから」
    「あの方、あの方って」
     ハーミット卿はくっくっと、笑い声を漏らした。
    「君にとってタイカは名前を言うのも畏れ多い奴なのかい?」
    「……」
     が、こう言い放った瞬間、女性はビク、と震え、何も言わなくなった。
    「ん?」
     そして一瞬の間を置き、女性はいきなり、ハーミット卿の顔面を殴りつけた。
    「はう……っ!?」
    「黙りなさい」
     女性はもう一度、拳を振り上げる。
     その瞬間に、チラリとのぞいた顔は――憤怒に塗り固められていた。
    (あ、これ結構まずい怒らせ方しちゃったかも)
     口の端から血を流しながら、ハーミット卿はこの後に来るであろう、激しい折檻を覚悟した。

     が――。
    「あぅ」
     ハーミット卿を羽交い絞めにしていた人形二人のうち、赤と黒のドレスの方が、突然横に飛んで行く。
    「きゃ」
     そして真横に立っていた青と黒のドレスを着た人形にぶつかり、二人は絡まるように転がっていった。
    「えっ」
     怒髪天を衝いていた女性もこれには虚を突かれたらしく、拳を振り上げたまま、またも硬直する。
     そして――唐突に小屋の窓をぶち破り、人形たちを攻撃した少女が、木刀を女性に向けた。
    「じいちゃん、解放して」
    「……あ、アオイ……?」
     人形たちから解放されたハーミット卿は、両腕をさすりながら、その少女――葵・ハーミットに声をかけた。
    「助けに来たよ」
    「ちょっと待ってくれ、アオイ」
     流石のハーミット卿も困惑・混乱が頂点に達し、こう尋ねた。
    「どうやってここに? 僕だって、ここがどこなんだか分からないって言うのに」
    「んー」
     葵は木刀を構えたまま、こう返す。
    「SSの人たちがね、何度も街を行き来してたから、それがまず、おかしいなって。もうじいちゃんが見つかってたら、そんなことしないもん。
     実際、一度ママたちもうちに電話かけてきてさ、『もう解決したようなもんだから、安心して寝てていいよ』って言ってたけど、どう見てもそんな感じじゃなかったもん。
     だからSSの人に詳しく聞いてみたら、『誘拐途中で誘拐されたみたい』って。……あ、ごめん」
    「うん?」
     葵は小さく頭を下げ、こう続ける。
    「その人から秘密にしててって言われてた。内緒ね、じいちゃん」
    「はは、いいとも。それよりも続きが聞きたい。僕が依然、誘拐されたままだって状況を君が知ったって言うのは分かった。
     その先を聞きたいな。2度目の誘拐からまだ30分も経ってないのに、どうやって君はここを突き止めたんだい?」
    「じいちゃんが誘拐される理由なんて、2つしかないもん。じいちゃんのことを嫌ってる人がさらって暗殺しようとするか、じいちゃんに無理矢理言うこと聞かせようとして監禁するか、くらいでしょ。
     もし暗殺目的なら、誘拐された人をさらに誘拐するようなこと、しないと思う。殺しておいて、最初に誘拐した人に罪を被せればいいんだもん。でもじいちゃんが殺されてるって話じゃないっぽいから、2番目の方だろうなって。
     でもさ、監禁場所があんまり遠くても意味無いよね?」
    「なるほど。プラティノアール総理の僕に言うことを聞かせ、政治的に操るのに、わざわざプ国国境を越えさせるようなことをしても、確かに意味が無い。
     そうさせるには国内の、どこか近場で洗脳させて、さも何事も無かったかのように、平然と戻ってこさせなきゃ意味が無いからね。
     散々騒ぎになった後で、いかにも『洗脳されました』って状態でのこのこ帰ってきたんじゃ、城に入れてもらえるわけが無いもの」
    「でしょ? まあ、もうSSの人たちが最初の誘拐犯捕まえて、大騒ぎになってるけどね。
     もっと解決に時間、かかると思ってたみたいだけど、そこのおばちゃん、その点は読み間違えたみたいだね」
    「……っ」
     己の不足を指摘されたからか、それとも「おばちゃん」と呼ばれたからか――女性に、明らかに苛立たしげな様子が現れたが、葵とハーミット卿は意に介さず、会話を続ける。
    「じゃあ、シルバーレイク郊外のどこか、って辺りまでは見当が付いたわけだ」
    「うん。で、『突然消えた』って言ってたから、多分『テレポート』使ったんだろうなって。
     そんなのを何の準備もせずに使える人って、この世に数えるほどしかいないって、コントンさんに聞いたことあったし。カツミさんか、コントンさんか、さもなければナン……」「わたくしのその穢れた名を、貴様如き小娘が軽々に呼ぶんじゃないッ!」
     ついに女性の、それまでのしゃなりとした慇懃な口調が、猛々しいものへと変わる。
    「その名はわたくしが蛇蝎の如く忌み嫌う言葉だ! それ以上口にするならば、お前の舌を膾(なます)にしてやるぞ!」
    「……あ、うん。コントンさんもそう言ってた。適当にこっちで名前付けて読んだ方がいいって。
     じゃ、とりあえずおばちゃん、『リンネル(麻織物)』って呼ぶね。色がそれっぽいし」
    「ふざけるな、小娘風情が!
     トリノ! フュージョン! いつまで寝転がっているのです!? さっさとそこの小娘を殺しなさいッ!」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2014.06.14 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・立葵抄 1】へ
    • 【白猫夢・立葵抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・立葵抄 1】へ
    • 【白猫夢・立葵抄 3】へ