黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第6部

    白猫夢・五雛抄 1

     ←2013年11月携帯待受 →白猫夢・五雛抄 2
    麒麟を巡る話、第280話。
    天狐の面接。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「姉(あね)さんにゃ似てねーな。親父さんの面影は割かしあるけど」
     それが天狐ゼミ塾長、克天狐が葵に向けて放った第一声だった。
    「あねさん?」
    「ん……、お前さんの父方のお婆ちゃんに当たる人のコトだ。その人とオレとは、色々あってな。
     ……で、だ。渾沌、何でコイツをオレんトコに連れてきたんだ? ココは魔術塾であって、訓練所じゃねーんだぞ」
     ギロ、とにらみつけてきた天狐に、渾沌は肩をすくめて返す。
    「いいじゃない。晴奈のよしみよ」
    「程があるぜ。姉さん本人から頼まれたんならそりゃ、特別に引き受けもするさ。だがお前からの頼みってなると、無性に癇に障るんだよ」
    「でしょうね。でも天狐ちゃん、あなたのその魔術指導の腕を見込んで、私は彼女の指導を頼みに来たのよ」
    「ん?」
     怪訝な表情を浮かべた天狐に、渾沌はこう続けた。
    「難訓の魔術を盗んだのよ、この子」
     天狐の怪訝な表情が、唖然としたものに変わる。
    「……いっつもいつも思うが、何でお前、眉唾な話ばっかり持って来んだよ。来る話来る話、一々嘘臭えっつーの」
    「あら、からかうことはちょくちょくあるけど、こう言う話はいつも本当だったでしょ?」
    「……つっても『あいつ』の話だろ? オレ、『あいつ』に遭ったコトすら無いしなぁ」
    「あら、そうなの?」
    「お前もだろ?」
    「まあ、そうね。本人に遭ったことは一度も無いわ」
    「そう言うヤツだろ、『あいつ』は。魔術を食らう、盗む以前に、ヤツと遭遇するコト自体がまずありえねー。
     そんな絶滅危惧種みてーなヤツから魔術を盗んだなんて、どう信用しろってんだ」
    「……その証明は難しいわね。でも彼女がすごいって証明は、すぐにできるわよ」
    「見りゃ分かるさ」
     天狐はフン、と鼻を鳴らし、葵を指差した。
    「今まで見た中じゃ、鈴林並に魔力持ってやがる。あと……、何つったか、昔、姉さんと戦った時にいた緑髪の、……猫、……ん?」
     天狐は突然立ち上がり、葵の顔とくすんだ緑髪とを、しげしげと眺め出した。
    「……あれ?」
    「なに?」
    「……ちょっと待てよ?
     ……アレが40年くらい前だよな、……で、……一緒にいたのがあの金髪エルフで、……そいつが20年くらい前にもこっち来て、……そう言やあの時、指輪してたし、あいつの娘っつってたのも緑髪の『猫』で、……んん?」
    「その金髪のエルフって、もしかしてじいちゃんかな。ネロ・ハーミットって言うんだけど」
    「ぶっ」
     葵からその名前を聞いた途端、天狐が噴き出す。
    「……すると、お前の母方のばーちゃんって、まさかその、緑髪の『猫』なのか?」
    「うん。多分それ、ばーちゃん」
    「……まだそっちの方が信用できるな、ケケっ」
     天狐は額を抱え、ゲラゲラ笑いだした。
    「ケケケケ……、なるほどなるほど、ソイツの孫かぁ。
     面白えな、お前さん。とんだサラブレッドじゃねーか! 片や姉さんの血筋、片やあの緑髪の女とネロの血筋かぁ!」
    「パパとママ、飛ばさないで」
    「おう、悪い悪い。
     ともかく……、難訓云々より、そっちの方がよっぽど興味をそそられたぜ。いいぜ、入塾を許可してやる。
     後は研究テーマの設定だな。ウチは三流大学の一般教養みてーに、ぼーっと講義聞かせるよーなトコじゃねー。お前さんがやりたいコトを、まず最初に決める」
    「ん」
     葵は淀みなく、こう答えた。
    「攻撃魔術の研究したい。どんな奴が相手でも勝てるように」
    「分かった。ま、ソレこそウチの、……いや、克一門の本領だ。
     親父も目を丸くするよーな、すげー魔術師にしてやんよ」



     天狐からの話がひと段落し、葵が鈴林から寄宿場所などの説明を受けている間に、渾沌は密かに、天狐に尋ねていた。
    「師匠のことは『親父』って呼ぶのに、お母さんはそう呼ばないの?」
    「産んですぐにオレを捨てたクソ女だぜ?
     あんなクズの腹から産まれたってだけで、何であんなのを母親と思わなきゃならねーんだよ。
     向こうだってオレのコトは、『出来損ないのゴミ』だって思ってるぜ」
    「でしょうね」
     あまりに刺々しい天狐の物言いに、流石の渾沌もそう返すしかなかった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【2013年11月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・五雛抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2013年11月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・五雛抄 2】へ