FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第6部

    白猫夢・五雛抄 4

     ←白猫夢・五雛抄 3 →白猫夢・五雛抄 5
    麒麟を巡る話、第283話。
    モール・ホールデム。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     マロが開いたカードゲームの場は、大いに盛り上がっていた。

     今宵行われていたのは、「ウィザード・ホールデム」、もしくは「モール・ホールデム」と呼ばれているカードゲームである。この名称は言うまでも無くあのギャンブル好きの賢者、モール・リッチに由来する。
     使用されるのは、1~9の数字にそれぞれ魔術の6属性(火・氷・水・雷・土・風)が1枚ずつ割り振られた計54枚に、ワイルドカードとして「天」「冥」が付加された、通称「56枚式」カード。(ただし今回は、マロが『無い方が面白いですて』と強く推したため、ワイルドカードは抜かれている)

     ゲームの進行方法だが、まず、ディーラーがプレイヤー1名に対し、3枚カードを配る。それからプレイヤーに配るのとは別に、卓上に2枚、表を向けて配る。
     この時点でプレイヤーは、自分のカードと卓上のカードとを組み合わせ、手役を作る。作れない、もしくは小さな手役しか作れないと判断した場合は、さらにもう1枚をディーラーに要求できる。

     手役については、一番小さなものから順に、以下の通り。まず、手札5枚中2枚が同じ数字である「1ペア」。1ペアが2組できれば「2ペア」。
     5枚中3枚が同じ数字であれば「3カード」。数字が途切れること無く並んでいれば「ストレート」。5枚すべてが同じ属性であれば「フラッシュ」。
     1ペアと3カードが同時に揃っていれば「フルハウス」。5枚中4枚が同じ数字であれば「4カード」。ストレートとフラッシュの条件を同時に満たせば、「ストレートフラッシュ」。
     そして5枚すべてが同じ数字であれば、最大役である「5カード」となる。



    「こっちは4から8のストレート。どうです、そっちは?」
    「……す、3カード」
    「よっしゃ、ペナルティや!」
    「うへぇ」
     新入生、在来生が入り混じり、食堂内は非常に騒々しい。
     そんな中で一際、盛り上がっているのが――本人こそ静かなものだが――葵の周囲である。
    「こいつすげーなー」
    「一回も負けてないもんねぇ」
    「ビートなんて無謀な勝負ばっかりして、もう洗濯ばさみ付けるとこないもんなぁ」
    「うっせぇ」
     既に20回近くもペナルティを課された真横の先輩、ビートに比べ、葵は未だ、綺麗な顔のままである。
    「……でも、あいつもすげぇよ」
     そしてもう一人、まだ一つも洗濯ばさみを付けていないゼミ生がいる。
     件の10代入塾生の残る1人――短耳の央南人、17歳の紺納春(こんの・はる)である。
     が――春はカードをテーブルに置き、席を立とうとした。
    「もう大分遅いですから、そろそろわたし、休みますね」
     若干たどたどしい央中語でそう述べた春に対し、周りは納得しない。
    「えー」
    「まだ10時だぜ?」
    「勝ち逃げするのかよぉ」
    「そう言われても、ちょっと眠くなってきてしまって」
    「……じゃー、最後に一勝負だけ。な?」
     一番洗濯ばさみを付けているビートからそう頼まれ、春も渋々と承知した。
    「分かりました。それじゃ、これが本当に最後と言うことで」
    「ありがとう。そんで、さ」
     ビートは皆からカードを集め、春と、葵にだけ配った。
    「え?」
    「ここまでどっちも負けなしだろ? みんなもさ、どっちが強いのかって思ってるぜ。そうだろ、みんな?」
    「うんうん」
    「そこは決着、見てみたい」
    「見なきゃ今夜、眠れないよー」
    「はあ……」
     その場の流れに逆らえず、春はカードを取り、葵に向き直った。
    「それじゃ、ハーミットさん。よろしくお願いします」
    「ん」
     葵も応じ、この晩最後の勝負が始まった。

     卓上にカードを配ったところで、ディーラー役のビートが尋ねる。
    「どうする、二人とも? 勝負するか?」
    「ううん」「いえ」
     二人同時に、カードを要求する。
    「それじゃ、もう一枚、……と」
     ビートがもう一枚卓上に配ったところで、春がにこっと笑う。
    「勝負します」
    「おっ」
     ゼミ生たちは先制した春の方へ一斉に顔を向け、続いて対面の葵へと、揃って向き直る。
    「ハーミットは?」
    「あたしも行けるよ」
    「……っ」
     葵の返答に、春の顔色が曇る。
    「じゃあ、オープンだ」
    「は、……い」
     先に宣言した春が、恐る恐るカードを開く。
    「えっと……、フラッシュ、です。土の」
    「おぉ~」
    「最後の最後でいいの引いて来たなぁ」
    「で、で? ハーミットの方は……?」
    「はい」
     葵も卓上に、ぱら、とカードを置く。
    「残念。6の3カード」
    「あちゃー」
    「ってことは、コンノの勝ちだな!」
    「おめでとー」
     春がぱちぱちと拍手を受ける一方、ビートはニヤニヤしながら、自分のあごを挟んでいた洗濯ばさみを手に取り、葵の方を向く。
    「さーて、と。初のペナルティだな、ハーミットぉ」
    「んー」
     ところが――葵は食堂の隅に目を向けている。
    「ん? どうし……」
     その視線を追ったところで、その場にいた全員が硬直した。
    「あんたら、今何時だと思ってんだ!?」
     狼獣人の、いかにも怖そうな宿主のおかみが、パジャマ姿で仁王立ちしていたからだ。
    「とっとと寝なッ!」
    「は、はーいっ」
     ゼミ生たちは慌ててカードをまとめ、何名かは洗濯ばさみを付けたまま、バタバタと食堂を後にした。
    「危なかったですね」
     と、部屋に戻る途中、春が葵に声をかける。
    「んー」
     これに対し、葵はこう答えた。
    「こうなる気がしてた」
    「あら、そうなんですか?」
    「大分遅かったし」
    「クス、そうですね」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・五雛抄 3】へ
    • 【白猫夢・五雛抄 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    なんという承太郎っぷり。
    魂賭けてたらアウトでしたね。

     

    前に仲間うちでテキサスホールデムを遊んでいたとき、負けていた隣プレイヤーが、やけになったのか、ジョジョみたいに配られたカードを見もせずに最初のベットで「オールイン」、有り金全部賭ける、という暴挙に出た。

    かちんときたわたしは、手にエースがあったことから、ハイカード勝負か、場にエースが出たら勝てる、と踏み、こちらもオールイン。他のプレイヤーは面白いと思ったのか余計なリスクを避けようと思ったのか、みんなフォールド。

    で、最後のカードが配られてオープンすると。

    はい、「見もせずにオールイン」した相手に負けました(^_^;)

    現金賭けてなくてよかった(^_^;)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・五雛抄 3】へ
    • 【白猫夢・五雛抄 5】へ