黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第6部

    白猫夢・狙狐抄 3

     ←白猫夢・狙狐抄 2 →白猫夢・狙狐抄 4
    麒麟を巡る話、第293話。
    度を超した嫌がらせ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     天狐からの叱責などまるで気にしていない様子で、マロはこの夜も派閥問わず、ゼミ生を伴ってラウンジへ出かける。
    「今日はどないしましょ?」
    「やっぱ今日もカードかなぁ。昨夜は大負けしたけど、今日は行けそうな気がする」
    「じゃ、あたしはルーレットかなぁ」
    「はい、はい、じゃんじゃんやりましょ、やりましょ!」
     マロは上機嫌な様子でくるりと振り返って手を挙げ、皆を誘導しようとした。

     と――立ち止まったその瞬間、マロの一歩先をヒュン、と横切るものがあった。
    「……へ」
     飛んで行った先を見ると、そこにあった壁に、穴が開いている。
    「……え? ちょ、え?」
     何が起こったのか分からず、マロは後ずさる。
     するとどこからかパン、と言う短い破裂音が響くと共に、また壁に穴が開く。
    「……ちょ、ちょ、ちょおっ!?」
     いきなり2発も銃撃を受け、全員が悲鳴を上げる。
    「うっ、うわっ、うわーっ!?」
    「なに、なに、何なの!?」
     ゼミ生たちは慌てて、その場から逃げ出す。
     マロも同様に逃げ出そうとしたが、腰が抜けてしまったらしい。
    「ま、待って、待ってぇぇ~!」
     ずるずると足を引きずりながら、マロはほとんど腹ばいになって逃げた。

     結局この日は遊びに行くことなど到底できず、全員寮へと逃げ帰った。



     その後も彼が遊びに以降とする度、銃撃や爆竹、鉢、その他もろもろをあちこちから投げ付けられ、店に入るどころではなくなった。
     それどころか――。
    「あのー」
    「う、……や、やあ、マロ」
     つい先週まで、一緒にカードゲームにはまっていたゼミ生に声をかけた途端、引きつった笑いを浮かべられ、マロがほとんど何も言っていないのに、ベラベラとしゃべり出した。
    「ま、またラウンジかな? いや、行きたいよね、行きたいなって言うのは山々なんだけど、でも、ほら、僕たち学生じゃないか、ね? あんまり遊び回ってりゃ、ほら、期末も心配だし、レポートも疎かになっちゃうし、テンコちゃんに怒られちゃうし。まあ、今抱えてるレポートがまとまったらまた遊ぼう、ね?」
    「あ、いえ、そうやなくて」
    「じゃっ!」
     そそくさと立ち去られ、マロは硬直したまま、ぼそっとつぶやいた。
    「……シャツの裾出てます、って言おうとしただけなんやけど……」
     と――半ば呆然とした様子の彼を、背後からせせら笑う者がいる。
    (うふ、ふふふっ……! どうだ、参ったか! まだまだこれからだぞ、僕の復讐は……!)

     マロへの執拗な「嫌がらせ」は、これだけに留まらなかった。
    「ん? くっ、ぬっ、……がっ」
     自分の部屋に戻ろうとし、ドアノブを回そうとするが、びくともしない。と、彼の様子に気付いた先輩が、声をかける。
    「どうした?」
    「なん、かっ、……えらい固うなってて、……回らへんっ」
    「ちょっと見せてみろ。……ああ」
     ドアノブを確かめ、納得したような、一方で呆れたような顔をした先輩に、マロが尋ねる。
    「ハァ、ハァ……、どないなってるんです?」
    「溶接されてる」
    「……は?」
    「向こう側からドアノブが溶接されてて、カッチカチになってる」
    「な、……何でですねん」
    「高威力の火術かなんかを使われたんだろう。
     多分、『ファイアランス』? いや、『テルミット』かなぁ、こんなガチガチにするとなると」
    「いや、そうやなくて、何でこんなこと……」
    「さあ?」
     ともかくこのままではどうしようもないため、エルガ亭のおかみに事情を説明し、マロがドア代を弁償することで納得してもらった上で、彼女立ち合いの下、ドアを破って中に入ると――。
    「……内装も弁償してもらうよ」
     ドアノブを溶接した犯人は、どうやら部屋の中で火の術を放っていたらしい。
     部屋の中は煤だらけになっており、あちこちから焦げた臭いが立ち上っていた。
    「何でですねん、僕が被害遭うてんのに……」
    「この寮はあたしのだ。じゃあ被害者はあたしじゃないか。その原因は部屋を借りたあんたにある。
     反論あるのかい?」
    「……おいくらです?」
    「そうだねぇ、……ざっと見て25万エルってところだね」
    「ちょっ」
     見積もりを聞き、マロは蒼ざめる。
    「こないだ実家から『金使い過ぎ』って怒られたのに、いきなりまた25万も使たら今度こそ、勘当されてしまいますて!
     何とか負かりまへんか……?」
    「払えないんなら出て行ってもらうだけだ。あんたの身の振りなんか知ったこっちゃないんだよ、こっちは」
     にべも無くそう返され、マロは絶句した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・狙狐抄 2】へ
    • 【白猫夢・狙狐抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・狙狐抄 2】へ
    • 【白猫夢・狙狐抄 4】へ