FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第6部

    白猫夢・不遜抄 1

     ←白猫夢・狙狐抄 7 →白猫夢・不遜抄 2
    麒麟を巡る話、第298話。
    派閥主義。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     マークとマロとの確執が解消された後、マークは事実上、ブロッツォ派からハーミット派へと移っていた。
    「でですね、細胞組織を顕微鏡で観察してみたら、何と言うかこう、植物のそれと似たような固まり方をしてるんですよ。そこの相似性を応用できないかって……」「ふんふん」
     その日も葵は、熱っぽく語るマークに、真剣に耳を傾けているような、それともただ生返事を返しているかような、ぽやっとした様子で相対していた。
    「相変わらず眠たそうにしてますな」
    「でも後でマークくんが『ちゃんと聞いてましたかっ!?』って聞くと、ちゃんと的を得た質問を返してくるのよね」
    「睡眠学習、……なんでしょうか」
    「そら、ちゃいますやろ」
     そしてその二人を、マロとシエナ、春が離れて眺めている。

     ここ半月ほど、葵たちは寮近くの喫茶店で勉強会を開いていた。勿論無料ではないが、学生が毎日茶やコーヒーを飲みに来られる程度には安く、他のゼミ生の姿も多い。
     そのため、葵たちが固まって談笑しているところに、ちょくちょく質問に訪れる者も少なくなかった。
    「アオイさん、ちょっといい?」
    「いいよ」
    「さっきの講義で……」
    「ん、そっち行くよ」
    「ありがと、アオイさん」
     葵が中座したところで、マークが「ん?」と声を上げた。
    「どないしたん?」
    「いや……、あそこにいるの、ブロッツォ派の人ですよ。向こうの勉強会で何度か見たことあります」
     マークがペンで示した先には、一人黙々とバタートーストをつまみつつレポートをまとめている、猫獣人のゼミ生がいた。
    「だから?」
     尋ねたシエナに、マークは口を尖らせた。
    「ここ、ハーミット派の人ばかりなのに」
     こう続けたマークに対し、シエナは肩をすくめる。
    「別にココ、アタシたちが貸し切ったワケじゃないでしょ」
    「そりゃ、まあ、そうですけど」
    「大体、すぐ『我が派閥の陣地だ』、『我が組織の管轄だ』って言い出すのは、自分に自信が無い証拠よ。アンタ、もっと自分に自信持ちなさいな」
    「そ、それとこれとは話が別でしょう」
    「一緒よ。とにかく、放っときなさい」
    「……まあ、ええ、確かに事を荒立てる理由はありませんから」
     むくれたマークに対し、マロが突っついた。
    「偉そうに言うとるけどお前、はじめはブロッツォ派やったやないか」
    「う、……ええ、まあ」
    「お前がそんなん言うたらアカンわー」
    「……」
     シエナとマロに責められ、マークは顔をしかめて黙り込んだ。

     と――そのブロッツォ派の学生の側に近付いて行く者が2、3名現れた。
    「おい、あんた」
    「はい?」
     どうやら彼らも派閥主義を持ち出そうとする輩らしく、居丈高にわめき始めた。
    「ここがどこだか分かってるのか?」
    「え? ……喫茶店でしょう」
    「分かってないな。周りをよく見ろよ」
    「はあ……?」
    「空気、読めないのか?」
    「と言うと?」
    「あんたの派閥のヤツなんかどこにもいないぞ」
    「みたいですね」
    「……チッ」
     彼らは悪態をつくなり、座っていたゼミ生の襟をつかんで引っ張り上げた。
    「な、何するんです!?」
    「出てけって言ってんだ!」
    「わ、私が何をしたとっ」
    「あ? 言っただろ? ここはハーミット派の……」「やめて」
     彼らのそばに、いつの間にか葵が立っていた。
    「あ、アオイさん。いや、コイツが……」
    「この人、ただトースト食べてただけでしょ」
    「いや、ここは俺たちの派閥……」
    「あなたの派閥のことなんか知らない。その人、困ってるでしょ? 手を放してあげて。
     それからあなたたち3人、ここから出て行って。うるさいよ。みんなの邪魔」
    「……何でそんなこと言うんですか」
     それまで騒いでいた短耳のゼミ生が、今度は葵をにらみつけた。
    「俺たちはあんたの派閥を……」「二度も言わせないで」
     葵は相手の威圧にまったく反応する様子を見せず、淡々と、しかしはっきりと言い返した。
    「あたしの派閥なんて、そんなの主張した覚えは一度も無いよ。あなたが自分勝手な主張を通すために、口実でそう言ってるだけでしょ。
     出て行って」
    「……っ、このっ」
     短耳は葵に向き直り、拳を振り上げかけた。
     ところがその直後――べちん、と何かを弾く音と共にその短耳は床に倒れ、白目をむいていた。
    「えっ」
     短耳の仲間2人が床と葵の伸ばした左手とを交互に見ていたが、葵は構わず続けた。
    「あたしこう見えても、わりとイライラするタイプなんだ。三度も同じこと言わさせられたら、本当に怒るよ」
    「……すっ、すいませんでしたっ!」
     2人は床に倒れた仲間を引きずり、大慌てで喫茶店から出て行った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・狙狐抄 7】へ
    • 【白猫夢・不遜抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・狙狐抄 7】へ
    • 【白猫夢・不遜抄 2】へ