黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第6部

    白猫夢・不遜抄 8

     ←白猫夢・不遜抄 7 →白猫夢・眠猫抄 1
    麒麟を巡る話、第305話。
    葵の本心は?

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     勝負の直後、見物人も粗方帰ったところで、天狐は残っていた葵に声をかけた。
    「お前、楓の刀を折りやがったな」
    「うん」
    「ソレがどう言うコトだか、分かってんのか?」
    「あ」
     天狐にそう問われ、葵はぺこ、と頭を下げた。
    「ごめん、テンコちゃんのお手製だったのに」
    「いや、そう言う意味じゃなくてだな……」
     と、そこへ葵の友人たちがやって来る。
    「アオイ、おつかれさま!」
    「いやぁ、手に汗握りましたわ、ホンマ」
    「ありがと。
     それじゃ行くね。刀、弁償しなきゃいけないよね」
    「……いや、別にいいさ。ま、今日はゆっくり休め」
    「ん」
     葵はくる、と天狐に背を向け、その場を後にした。
     残った天狐のところに、鈴林がやって来る。
    「刀、折れちゃったねっ」
    「ああ。……オレの打った刀を、だぜ?」
    「……!」
     天狐は折れた刀を眺め、ふーっとため息をついた。
    「そりゃ確かに、今回の勝負のためだけに打った、刀としては偽のモノだが、ソレでも神器化処理を施してたんだ。
     ソレを折るなんて、並の人間にゃできねー、……はずなんだがな」



     当初は葵を決定的に貶めるために仕掛けられた勝負だったが、葵の勝利により、その目論見は180度裏返ることとなった。
     葵の評判は前以上に高まり、派閥を解消した今でもやはり、あちこちで親しく声をかけられていた。
    「ハーミットさん、ちょっといい?」
    「いいよ」
    「こないだ教えてもらったところ……」
    「ん、そっち行くよ」
    「ごめんね、ハーミットさん」
     葵が中座したところで、春が口を開く。
    「そう言えば、あれから天原さんを見かけませんね」
    「ああ、ずっとこそこそ、図書館と寮とを行き来してるって聞いたわよ。
     んで、今期で辞めるらしいわね。一応、『卒論が早めにまとまりそうだから、予定を前倒しして卒業する予定だ』って建前は聞いたけど……」
    「あれだけ公衆の面前で恥をかかされては、自信家のアマハラさんとしては、いたたまれなくなったんでしょうね」
    「そらそやろ。頭っからどピンクに染まっとったもんなー、ははは……」
     と、そこで葵が戻ってくる。
    「ただいま」
    「おかえりなさい。それにしても、アオイさん」
    「ん?」
     葵が着席したところで、春がこんなことを言った。
    「アオイさんがあんなにお強いなんて、思いもしませんでした」
    「そう」
    「語弊があるかも知れませんが、いつもアオイさん、眠たそうにされてますし、あまり能動的な方と感じていなかったので……」
    「そだね。あんまり、自分から動かない。
     でも、今回は貶されたから」
    「ああ……」
     これを聞き、シエナがうんうんとうなずく。
    「口が悪いにも程があるわよね。『駄猫』とか『インチキ剣士』とか」
    「それもだけど、それよりカチンと来たことがあったから」
     葵はコーヒーに口を付け、それからぽつりとつぶやいた。
    「ばーちゃんとパパを貶したから。そっちの方がもっと許せなかった」
    「ん?」
    「……ううん、なんでもない」
     葵はコーヒーをくい、と一息に飲み干し、席を立った。
    「今日はこの辺にしとく。もう帰るね」
    「はーい」
    「おつかれー」

     葵が席を立った後――葵たちのすぐ後ろ側の席に座っていたフィオが一人、騒がしい店内では誰にも聞き取れないくらいの小さな声で、こうつぶやいた。
    「……そんなわけない。あんたは、そんなタイプじゃないはずだ」
     フィオもそこで、静かに席を立った。

    白猫夢・不遜抄 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    本日(13/11/18)、拍手合計数が10,000を達成したことを確認しました!
    皆様に応援いただき、誠にありがとうございます。
    これからもよろしくお願いします。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・不遜抄 7】へ
    • 【白猫夢・眠猫抄 1】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・不遜抄 7】へ
    • 【白猫夢・眠猫抄 1】へ