黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第6部

    白猫夢・眠猫抄 1

     ←白猫夢・不遜抄 8 →白猫夢・眠猫抄 2
    麒麟を巡る話、第306話。
    キューピッド葵。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦562年、4月末。
     上半期ゼミの開講期間も残り1ヶ月余りとなり、今期卒業を目指すゼミ生のほとんどは、卒業レポートを完成させるため、自室と図書館と天狐、もしくは鈴林の部屋とを延々巡るようになっていた。
    「うー……」
     マロの隣室にいる先輩も、悩んでいる様子で部屋から出てくる。
    「大丈夫です……?」
     丁度部屋に入ろうとしていたマロに声をかけられたが、先輩は「おう……、うん」と生返事を返して、そのまま立ち去った。
    「……めっちゃしんどそうやな」

     そしてそれは、秀才ルシオにとっても同様だったらしい。
    「お願いがあるんだ、アオイさん」
    「あたしに?」
     今は既に対立関係には無いとは言え、一時期確執めいた関係のあった葵に、彼の方から接触してきた。
    「あ、いや、君じゃなくて……、ほら、コンノさんっていたよね?」
    「いるよ」
    「彼女も確か、農学系への魔術応用を研究してたよね」
    「してるよ。つまり、あなたの卒論に手を貸してほしい、ってこと?」
    「そうなんだ。残念ながらこの分野って、あんまり研究してる人がいなくってね。このゼミでも僕とコンノさんと、後はうちの方に一人くらいで。
     だけど残る一人、その彼も卒論で忙しいみたいで、ここ数日、姿を見てないんだ。で、その、……えーと、忙しくなさそうな、……あ、いや、手の空いてそうな人がいたらと思って、それで彼女に手を貸してもらいたくて」
     ほんの一瞬ではあるが、言いよどんだ彼に対し、葵はこう返事した。
    「呼んでくるね。このまま卒業したら心残りでしょ」
    「え? ああ、うん、助かるよ」
    「ちょっと待ってて」
     数分後、葵は春を伴って戻って来た。
    「話はしといたよ」
    「こ、こんにちは」
     春はほんのり顔を赤らめながら、席に着く。
     それを見たルシオは、慌てて葵に弁解しようとした。
    「き、君! 彼女に何を言った……」「卒論まとめる手伝いしてあげて、って言った。それだけだよ」
     葵はそう返し、席には着かずにその場から離れた。
    「じゃ、頑張ってね。完成したら、あたしにも見せて」
    「は、はい」
    「ちょっ……」
     葵はそのままどこかに行ってしまい、ルシオは硬直する。
     と、春がもじもじしているのに気付き、ルシオはコホン、と咳払いして、体裁を繕った。
    「その、……まあ、突然呼び出してしまって、悪かった。本当にその、手伝ってほしいだけなんだ」
    「え?」
     と、春は顔を赤くしたまま、首をかしげた。
    「本当に、と言うと?」
    「え?」
    「アオイさんも仰っていた通り、わたし、卒論のお手伝いとしか、聞いていないんですけど……? 他に何か?」
    「……っ、そ、そうだったの? いや、……あはは、あの、君、顔を赤らめてたから、何か変なこととか、その、聞かされたんじゃないかって、えっと、勘違いを……」
     慌てているルシオに対し、春は呼吸を整え、こう返した。
    「急いで来たので、顔が赤いのはきっと、それが原因だと思います。
     あの、お手伝いのことですが、わたしも自分の研究に役立てたいので、是非お手伝いさせて下さい」
    「あ、うん。よろしく、コンノさん」



     葵は一人、廊下を歩いていた。
    「……」
     いつものように静かに、しかしどこか眠たそうにしながら、とん、とん……、と小さく、硬い足音を立てて、廊下を進む。
    「……」
     と――その足音が止む。突然、彼女は膝を着き、顔に手をかざす。
    「……待って。まだ……、ベッドじゃ、……ない」
     小声でぼそ、とそう唱え、よろよろと立ち上がり、ふたたび何事も無かったかのように歩もうとする。

    「相当、眠たそうにしているな」
     誰かが彼女に声をかける。
    「……誰」
    「分かっている答えを聞くのは愚図か、あるいは愚鈍のいずれかだ。
     お前はそのどちらでもないはずだが、な」
     葵が振り向くと、そこには衣服や靴、手袋はおろか、髪や肌まで真っ黒な男が立っていた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・不遜抄 8】へ
    • 【白猫夢・眠猫抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・不遜抄 8】へ
    • 【白猫夢・眠猫抄 2】へ