FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第6部

    白猫夢・眠猫抄 2

     ←白猫夢・眠猫抄 1 →白猫夢・眠猫抄 3
    麒麟を巡る話、第307話。
    眠り猫が眠る理由。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「俺にはその力は無いが」
     男は警戒する様子を見せた葵に構わず、話を続けた。
    「あの二人がこうして出会ったことで、その未来がどうなるかは、誰の目にも明らかだ。
     さぞ楽しかろう――自分の言葉一つで、人の未来を決定せしめると言うのは」
    「……」
    「お前には『見えた』のだろう。あの二人がこれをきっかけに、この先親しくなり、睦み合い、やがては互いに愛し、愛される仲となり、長い時を共に過ごすのが。
     そしてそうなるには、お前の存在が不可欠であったこと。逆を返せば、お前が何もしなければ、二人はそうならなかったであろうと言うことを」
    「何が言いたいの?」
     葵は微動だにせず、男に尋ねる。
     しかし男は応じず、自分の話を続ける。
    「今、お前は一歩退くか、さもなくば徒手空拳で構えよう、あるいは魔術を放とうと考えていただろう。頭では、な」
    「……」
    「しかし直感では、そのいずれも徒労に終わると悟っていた。どうだ?」
    「……」
     そこでようやく、葵は一歩退き、構えを見せた。
    「お前の行動を一々分析するのは流石に愚行であるから、そんなことはしないが――お前には俺がこの先どんな行動を執るか、そして自分はそれに対しどう行動し返せば最適であるか、相対したその瞬間、すべて分かっている。
     はっきり言おう。お前は予知能力者だ。そう、お前の夢の中で語りかけてくる、あの女と同じように、な」
    「女? でもあの方、……っ」
     口を開きかけて、葵はばっ、と手で覆う。
    「あいつの言葉遣いは俺の友人を真似たものだ。女にしてはいくらか奇矯な口調であると思えるかも知れんが、生物的、思考的には女だ。
     今もあいつがコンタクトを取ろうとしたようだが、邪魔をさせてもらうぞ。流石に目に付き過ぎたから、な」
     男は右手を挙げ、指先でとん、と壁を叩く。そこから景色が黒く染まり、葵と男の周囲を覆った。
    「お前に言っておく。そのままそいつの言葉を聞き続けることは、結果的にお前を滅ぼすことになるだろう。
     あいつには互助精神、『ギブ&テイク』と言う考えが存在しない。お前は利用するだけ利用され、そしてその結果、あいつに何もかもを食い尽くされ、この世に欠片一つ残せはしないだろう。
     意思すらも、な」
    「構わない」
     葵は右手をかざし、魔術を放つ姿勢を見せた。
    「あたしはあたしの意思でそれを選んだ。
     もしそうなると言うのなら、それがあたしのたどるべき運命。それがあたしの、たどるべき未来だよ。
     すべてを成し終えるまで、誰にも邪魔なんかさせない」
    「聞く耳を持たん、か」
     次の瞬間――葵の放った魔術が黒く染まった空間を切り裂き、破壊した。



    「きゃっ……」
    「じ、地震!?」
     図書館がぐら、と揺れ、中にいた職員やゼミ生は慌てて机の下に駆け込む。しかし揺れたのは一瞬であり、それ以降何も起こらない。
     まだ図書館に残っていた春とルシオも、恐る恐る机の下からはい出て、お互いの姿を確認する。
    「……収まった?」
    「みたい、……ですね」
     二人は辺りを見回し、何の被害も無さそうであることを確認し、揃ってため息をついた。
    「ああ……、怖かった」
    「僕もびっくりしたよ」
     と――図書館の奥から、天狐の驚いた声が響いて来る。
    「親父!? なんでアンタがココに……!?」
     続いて、それを咎める声が聞こえてきた。どうやら職員に怒られたらしい。

    「どうしたんですか、テンコちゃん?」
     春たちをはじめ、他に図書館にいたゼミ生たちが、一斉に彼女の下へやって来た。
    「ああ、すまねーな。思わず大声出しちまった」
     天狐は長身の真っ黒な男と共に、職員3名に囲まれていた。
     と、その職員の一人が、恐る恐る天狐に尋ねる。
    「それで……、先程の揺れは一体?」
    「オレもそれを調べに来たんだ。そしたらいきなり目の前に……」
     そう言って、天狐は目の前の黒い男――克大火を指差した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・眠猫抄 1】へ
    • 【白猫夢・眠猫抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・眠猫抄 1】へ
    • 【白猫夢・眠猫抄 3】へ