FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第1部

    蒼天剣・血風録 2

     ←蒼天剣・血風録 1 →蒼天剣・血風録 3
    晴奈の話、12話目。
    姉御魔術師再登場。

    2.
     紅蓮塞は中核となる本丸を囲むように、大小50程度ある修行場と、さらにその倍ほどの宿場・居間が連なっている。
     普段はその字面の通りに修行の場、居住区として機能しているが、有事の際にはその様相は一変し、要塞としての働きを見せる。
     それが紅蓮塞の、「塞」たる所以である。

     襲撃の報せから数日も立たないうちに、紅蓮塞の守りは堅固なものとなった。塞内のいたるところに武器・医薬品が積み上げられ、要所には数人の手練が詰めた。
     当然、師範格の柊も晴奈ともども駆り出され、紅蓮塞北西側の修行場、嵐月堂の護りに付くことになった。
    「師匠。黒炎の者たちは一体、どこから攻めると?」
     三方を囲む急坂をぐるっと眺め、晴奈が尋ねる。
     それを受けて、柊も周囲を見回しながら答えた。
    「そうね……、ここから侵入するとなると、境内の垣を乗り越えるか、それとも破るか。もしくは山肌から降りて来るか、の2通りでしょうね。
     いずれにしても、油断は禁物よ。敵は克直伝の魔術を使うそうだから」
    「なるほど。……ん?」
     晴奈は柊が言葉を間違えたと思い、こんな風に突っ込んでみた。
    「直伝、ですか? まさか200年前の人間が現代に直接、伝えたと?」
     ところが柊は真面目な顔で、言葉を選ぶような口ぶりでポツポツと答えた。
    「その、ね、うーん、何て、言ったらいいかな。
     克はまだ生きている、らしいの。それも若々しい、青年の姿で」
    「え? まだ、生きている!? まさか!」
     現実離れした答えが返ってくるとは思わず、晴奈は声を高くして聞き返した。
    「ありえません。人の寿命など、精々60年や80年、どんなに長くとも100年でしょう。それは確かに、長耳の方は長寿と聞き及んでおりますし、何かしらの記録では、150年の大往生を果たした方もいるとか。
     しかしそれを踏まえても、ずっと青年のままと言うのは眉唾でしょう。長耳の方とて、60なり70になれば相応に老けるはずですし」「晴奈」
     言葉を立て並べて反論した晴奈に、柊は静かな声で返した。
    「それが、克が克たる所以よ。
     200年生きる。不老不死の存在。誰もがそんな話、ありえないと言う。『そんな悪魔じみた話があるものか』とね。
     でも克は別なの。だって彼は、悪魔だもの」
    「あく、……ま?」
    「そう、悪魔。知ってる、晴奈?」
     柊はそう前置きし、薄い笑みを浮かべる。
    「克大火は色んな通り名を持っているけれど、その一つが『黒い悪魔』なの。
     彼は、本物よ」
    「……」
     柊の目には、嘘をついたりからかっているような色は無い。
     その目を見て、晴奈はぞっと寒気を覚えた。

     と、山肌の一部が突然爆ぜる。
     いくつもの岩塊が山肌から飛び散り、晴奈たちに向かって飛んでくる。
    「わあっ!?」
    「怯むな、焼けッ!」
     そこにいた何人かは一瞬たじろいだが、年長者や手練の者たちは臆することなく、「燃える刀」で飛んでくる岩を焼き切り、叩き落とす。
    「黒炎だ! 攻めてきたぞーッ!」
     大声で叫ぶ声があちこちから聞こえてくる。
     それを受けて、柊がつぶやく。
    「今回は敵が多そうね。かなり大規模に人を送ってるみたい」
    「え?」
    「じゃなきゃ、こんなに四方八方から来るぞ来るぞって聞こえて来ないし」
    「な、なるほど」
     程なく嵐月堂にも、教団員たちが山肌を滑るようにして侵入してきた。
     いや、何人かは「本当に」滑っている。駆け下りるような感じではなく、わずかに空中に浮き上がり、するすると空を走っているのだ。
    「あれは!?」
     晴奈の目にはそれが異様な光景に映り、うろたえる。
     一方、柊は未だ、平然と構えている。
    「魔術よ。確か、名前は……」「『エアリアル』、風の魔術よ。魔術が盛んな地域では、わりと有名な術ね。つっても、あそこまで使いこなせるヤツはあんまりいないけど」
     二人の後ろから、聞き覚えのある声がかけられる。振り向くと、かつて晴奈と戦った相手、橘が魔杖を手に立っていた。
    「橘殿、来られていたのですか?」
    「うん、つい1週間ほど前にね。んで、呑気に温泉で一杯やってたトコに、『何卒お力を貸していただきたく候』なーんて、丁寧に頼み込まれちゃったのよ。
     まあ、ココは修行するのにはいい場所だし、温泉もお酒もいいのが揃ってるしね。無くなったりブッ壊されたりすんのも嫌だし、手伝ったげるわ、雪乃。ソレから晴奈」
    「かたじけない、橘殿!」
     深々と頭を下げた晴奈に、橘は手をぺらぺらと振って返す。
    「アハハ……、そう堅くならないでよ、コドモのくせに。
     さ、ソレじゃボチボチ、迎え撃つわよ!」
     そう言うなり、橘は魔杖をシャラと鳴らし、魔術を放った。
    「『ホールドピラー』! 阻めッ!」
     地面を駆け下りていた教団員たちの何人かが、岩肌から突然飛び出した石柱に突き飛ばされ、また、ガッチリと四肢をつかまれる。
    「おわっ!?」
    「ぐあ……っ!」
    「いでてて、離せ、離せッ!」
     橘の術で、第一陣の半分近くが蹴散らされる。
     だが、「エアリアル」で空中を飛んでいた者たちはすい、と事も無げに石柱を避けてしまう。しかし侵入してきた端から剣士たちがねじ伏せているのが、半ば呆然と山肌を見つめていた晴奈の視界に映った。
    (これが……)
     一瞬のうちに起こったこれらの光景にあてられ、晴奈はぶるっと武者震いする。
    (これが戦い、か。……戦いか!)
     晴奈の中で熱く、そして激しく燃えるものが噴き出し始めていた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.07 転載及び加筆修正
    2016.02.02 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・血風録 1】へ
    • 【蒼天剣・血風録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    アクションシーンはファンタジーの華ですからね。
    気合を入れて書いています。

    橘がまた出てきて嬉しい 

    緊迫、燃える展開ですね!
    戦闘描写が目に浮かんでわくわくします。

    NoTitle 

    襲撃シーンか
    敵の腕のたつ奴が来ることを望む
    実戦ってやつかな?

    話しは変わりますが相互リンクって募集してますか?

     

    残念ながらむさくるしいおっさん、お兄さんが9割。
    現実は非情です。

     

    この攻めてきてる人たちも当然若い娘連中なのよねv-413
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・血風録 1】へ
    • 【蒼天剣・血風録 3】へ