黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第7部

    白猫夢・悩狼抄 3

     ←白猫夢・悩狼抄 2 →白猫夢・悩狼抄 4
    麒麟を巡る話、第312話。
    マークの両親。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     年が明けた双月暦566年、マークは故郷、央北トラス王国へと戻った。
    「ただいま戻りました、父上」
    「おう、マーク! お前随分、背が高くなったなぁ」
     今や2代目国王となったかつての大蔵大臣、ショウ・トラスは、4年ぶりに見る自分の息子を見て、嬉しそうに笑った。
    「どうだった、天狐ゼミとやらは?」
    「ええ、とても充実した4年間でした。十分な成果を達成できたと自負しています」
    「そうか、そうか。……ふむ」
     トラス王は一歩、二歩マークへ寄り、神妙な声で尋ねる。
    「4年前、お前が宣言した『あれ』は果たせると言うことか?」
    「……まだ臨床試験、つまり人を相手に施術したことはありません。しかし父上の許可さえ下りれば、すぐにでもと考えています」
    「むう……。流石にぶっつけ本番となると不安ではあるな。もしものことがあっては困る。……そうだな、よし、軍の中から臨床試験に志願してくれる者を募るとするか」
    「いえ、父上」
     マークは強い口調で願い出る。
    「僕の治療術の成功第一例は、母上であってほしいと考えてきました。どうか願いを叶えていただけないでしょうか?」
    「ううむ……、しかしなぁ」
    「お願いいたします」
     マークは深く頭を下げ、なおも頼み込む。
     頑ななその姿勢に、トラス王がついに折れた。
    「……分かった。母さんがいいと言ったら、私も許可しよう」
    「ありがとうございます」

    「ただいま戻りました、母上」
    「……」
     声をかけたが、相手の返事が無い。
     マークは母親が眠っているのかと思ったが、上体を起こしているし、起きているのは間違いない。
    (……あ、と。そうだった)
     そこでようやく、声をかける位置、そして立っている位置が悪かったことに気付き、マークは母親の左側に回り込んだ。
    「あら」
     彼女の方も、自分の息子が周囲をうろうろしていることに、ようやく気付いたらしい。
    「おかえりなさい、マーク」
    「あ、ただいま戻りました」
     マークは母親――トラス王国の王妃プレタの、まだ健常な左耳に向かって声をかけた。
    「お加減はいかがですか? 体調を崩されたと聞きましたが……」
    「ええ、大丈夫よ。ただの風邪くらい。
     でもお父さんが、『ただの風邪と思って油断してはならん』と言って聞かないから。
     退屈ね、部屋でじっとしているのは」
    「……母上にとってとても面白いことが起こる、と言ったら?」
     マークの言葉に、プレタ王妃はきょとんとした。
    「どう言う意味かしら?」
    「僕は4年間かけて、失った肉体を再生する治療術を研究しました。この治療術が成功すれば、母上の失われた耳と目、そして顔に残った傷を癒し、元通りにすることができるはずです。
     どうか母上、僕の治療を受けていただけませんか?」
     これを聞いて、プレタ王妃は残っている左目で優しく微笑む。
    「もうとっくに諦めているわ。今さら治したって……」
    「お願いです。僕は昔の、母上が健常であった頃の顔を知りません。
     どうか僕に、その美しい顔を見せてはいただけないでしょうか」
    「あら。今のわたしは、醜いのかしら」
     そう問われ、マークは慌てて言い繕う。
    「いっ、いえ! そんなことは! ……そんなことはありません。今の母上も大変、お美しゅうございます。でも、それは半分ではないですか。
     もしも空に浮かぶあの二つの月が、常にどちらか一つしか姿を見せないと言うのならば、両方を同時に拝してみたいと考えるのは、決して不自然なことではないでしょう?」
    「変な例えをするのね。4年以上も家から離れていたのに、あなた何故か、お父さんに似てきたわね」
     プレタ王妃は、今度は顔全体をほころばせた。
    「いいわ。あなたの努力がどれだけ実ったのか、わたしに見せてちょうだい」
    「……ありがとうございます、母上」
     マークは母の手を握り、深く頭を下げた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・悩狼抄 2】へ
    • 【白猫夢・悩狼抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・悩狼抄 2】へ
    • 【白猫夢・悩狼抄 4】へ