FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・焦狐抄 5

     ←白猫夢・焦狐抄 4 →白猫夢・訪賢抄 1
    麒麟を巡る話、第361話。
    マロの焦り。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     マロは実家、アキュラ家に電話をかけた。
    「……よお、親父」
    《お? なんや、マロかいな。何や、いきなり?》
     家を出た当時と変わらず、マロの父、モデノは気さくを装った、しかしどこかに陰気さを漂わせた声で、マロに応じた。
    「元気、しとった?」
    《あー、元気しとったけども、元気だけやな》
    「儲かっとる?」
    《ボチボチ以下やな。そら、損はしてへんけども、お前がゼミいた時みたいなことされたらきつなるわー》
    「あー……、あん時はホンマ、ごめんな。でも金は返したやろ。ノシ付けて」
    《あー、せやな。せやったわ、悪い悪い。
     ほんで、いきなりどないしたんや?》
    「あ、いや、……元気しとるかな、って」
    《そうかー》
     取り留めもないことを話しつつ、マロは本題を恐る恐る切り出した。
    「……あー、……あの、アレどないなった?」
    《アレって何やねんや? ボケたじいさんやあらへんのやから、はっきり言いなや》
    「お、おう。アレや、……あの、選挙、の」
    《選挙? ……あーあー、アレか》
    「親父も『アレ』言うてるやん」
    《細かいこと言うなや。ほんで、選挙やな。
     お前、新聞読んどるか?》
    「ああ」
    《大体それの通りや。トーナ家のエミリオと、ベント家のルーマが立候補しとる。
     トーナ家もベント家も、他の資格者は出馬せえへんみたいやな。2人の足を引っ張らへんように、ちゅう考えやろ。
     ほんで、お前どうすんねん? 今22やから、出れるやろ?》
    「お、俺な。うん、まあ、……せや、カルパは?」
     妹の名前を出してみたが、モデノは呆れた声で返してくる。
    《アホ、あの子はまだ17や。資格なんかあらへん。
     アキュラ家の筋で資格有りなんは、お前といとこのフランコとヴィニョンと、後はミランダくらいや。でも一応、お前が一番まともやろうっちゅうことで、今のところはお前を優先しよかっちゅうて話しとるところや》
    「そ、そうか」
    《まあ、出えへん言うんやったら、さっき言うた奴の誰かに打診するけども。どないする?》
    「う、まあ、……うーん、出たいけどな」
    《はっきりせえ。こっちかて、お前一人を優遇でけへんねからな》
    「あ、うん」
    《出るんか?》
    「……もうちょい、返事待ってもらえへん?」
    《あー? 何言うてんねや。……ちょっと待ちや》
     モデノから明らかに不機嫌そうな声が返り、しばらくしてこう続けてきた。
    《6月、……いや、5月末までやな。それでええか? それ以上返事せえへんかったら、こっちで勝手に決めさしてもらうで》
    「……分かった。また、電話するわ」
    《おう。早よ言うてな》
    「ほな、また」
    《ほなな》

     自分の置かれた状況を確認すればするほど、マロは己に失望し、未来に絶望せざるを得なかった。
    「……はー……」
     党内で何も仕事が与えられず、実家にも、到底手ぶらでは戻れない。
     何もやることが無く、どこへも行けないため、その日もマロは、自宅で一人、酒を呑んでいた。
    「どないしたらええねんやろ……」
     酔った頭で自分の今後を考えるが、素面の時にも何度か行ったその思索は、結局は同じ結論を導き出した。
    (……もうどないもならへん。
     何もさせてもらえへんなら、もう党を抜けるしか無いやろな。総帥選挙も、名実ともにパチモンになった俺なんかが出てもしゃーない。他の奴に出てもらうしか無いやろ。
     その後は、……全部放っぽって逃げるしかないな。もう俺はアカン)
     そしてぽつりと、こんな言葉が口を突いて出た。
    「……他に道は無いな。アカンわ、俺」



     その直後――マロの背後から突然、そして静かに、返事が返ってきた。
    「いえいえ、あなた様にはまだ進むことのできる道がございます」
    「……っ!?」
     その声に驚き、マロは慌てて振り向く。
     そこには黒と青のドレスに身を包んだ少女が立っていた。
    「だ、誰や!?」「お静かに」
     と、またも背後から声がかけられる。
     そちらを振り向くと、そこにも黒と赤のドレスに身を包んだ少女がいる。
    「あなた様にご依頼したい件がございます。どうかお聞き下さいますよう、お願いいたします」
    「……」
     呆気に取られたまま、マロは素直に従い、黙り込んだ。
     そしてまた、背後から声がかけられる。
    「マラネロ・アキュラ・ゴールドマン様。どうかわたくし共に、力をお貸しくださいませ」
     そこに現れたのは、白いローブを頭から被った女性だった。

    白猫夢・焦狐抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・焦狐抄 4】へ
    • 【白猫夢・訪賢抄 1】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・焦狐抄 4】へ
    • 【白猫夢・訪賢抄 1】へ