FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第8部

    白猫夢・訪賢抄 1

     ←白猫夢・焦狐抄 5 →白猫夢・訪賢抄 2
    麒麟を巡る話、第362話。
    地道な一歩。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦570年、トラス王国。
     チーム「フェニックス」結成から4年が経過し、その研究は順調とは行かないまでも、着実に成果を挙げていた。
    「はぁ……、良かったー」
     ケージ内で寝息を立てている兎の左前足を確認し、チームの一員、シャラン・ネールはほっとした声を上げた。
    「ああ。良かった、本当に」
     その傍らに立っていた主任研究員、マーク・トラスも嬉しそうに笑う。
    「……付いてるよね? ちゃんと」
    「付いてる。ちゃんと」
     マークは兎の前足を触り、その「継ぎ目」をなぞる。
    「ではシャラ、……ネール研究員。今回の実験について確認を行うため、経緯を説明してくれ」
    「……クス」
     堅い口調で命じたマークに対し、シャランは笑い出した。
    「昨日同じこと言って、ルナさんに怒られたじゃないか。『堅苦しいやり取りは必要ない』ってさ」
    「……僕は真面目にやりたいんだ」
    「『口調が堅いからって真面目って証拠にはならないわよ』、とも言われたよね」
    「分かってるよ。行動で示せ、……だろ。
     じゃあ、まあ、シャラン。この実験の経緯を確認したいから、教えてくれる?」
    「はーい」
     シャランはクスクス笑いながら、レポートを開いた。
    「第9回、対生体接着剤臨床実験。開始は570年1月3日(雷曜)。被験体のウサちゃんに麻酔を投与し、左前足を切除。
     その直後に接着剤MT3―141を切除面に塗布した後、切除した左足をウサちゃん本体と接着し、魔術式ギプスにて切断箇所およびその周辺を固定。
     その後4週間を経た本日、2月1日(雷曜)。ウサちゃんのギプスを外し、目視と聴診および触診により、切断した左前足の組織すべてがウサちゃんの本体と接着、機能していることを確認。
     あたしは安心しました。……なんてね」
     シャランのおどけた報告に、マークは笑いながらこう返した。
    「あはは……、僕もだよ。僕も安心した。……いや、僕たちだけじゃない」
     マークは振り返り、ドアの隙間から自分たちを覗き見ている研究員たちに呼びかけた。
    「だよね?」
    「……ええ、勿論」
     はにかみながら、研究員たちが入ってきた。
    「成功おめでとうございます、主任!」
    「ありがとう」
     マークは会釈を返し、そしてこう続けた。
    「でも残念なことに……」「え、何か失敗してた?」
     真っ青な顔をしたシャランに、マークは首を横に振る。
    「いや、実験自体は満足行く結果を収めたよ。開発した接着剤が今後の研究において、大いに役立つことは証明できた。
     ただ、……これでようやく一歩だけ、前進なんだよね」
    「……だったね」
    「チームの結成から4年が経ち、研究員も僕とルナさんを含めて、合計8名になった。
     その間にも、この接着剤だけじゃなく、今後の展開も見据えた研究開発を3つ、合計4つの研究を進めていた。
     で、……成功したのがこれだけだ。他は全部失敗してる。いまだ最終目標である、完全に欠損した部位を復活させることは、達成できていない」
    「……」
     マークに水を差され、その場にいた全員が静まり返り、消沈する。

     が――そこでドアの向こうから、あっけらかんとした声が飛んできた。
    「いいじゃない、1個成功したんだから。4つ全部だなんて、欲張りすぎよ」
    「う」
     マークが顔をしかめるのにも構わず、その声の主――ルナ・フラウスが室内に入ってきた。
    「お疲れ様です、所長」
    「ありがと。
     じゃ、まずはこの接着剤の商品化を考えないといけないわね。この接着剤単体でも、市販化できればかなりの収益になるでしょうね。この研究所を作った時の費用も、多分これだけで返せるわ。って言うか、研究員が結構増えてきたから、もう一つ研究室を増設したいし。
     生産設備とか販売方法はあたしが考えとくわ。あなたたちは引き続き、研究に勤しんでちょうだい」
    「はい、所長!」
     シャランを含む研究員たちは、素直にうなずく。
    「……」
     マークはただ一人、憮然とした顔をしていた。
     と、それに気付いたシャランが、マークに耳打ちする。
    (大丈夫だよ)
    (何が?)
    (マークもちゃんと副リーダーしてるって、あたし分かってるから)
    (……どうも)
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・焦狐抄 5】へ
    • 【白猫夢・訪賢抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・焦狐抄 5】へ
    • 【白猫夢・訪賢抄 2】へ